FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は、とても天気が良かったので……

1年ぶりにちばわんいぬ親会に行ってきた(^_^)v

ようやく涼しくなったことだし、いまは時間的にも余裕があるし、たまにはお出かけしようかな? と思い、ずっとずっと会いたかった月ちゃんの預かりさんに、数日前、メールしてみたのだ。

今月の篠崎、行こうと思ってるんだけど、いる?

そしたら、「今月はうちも参加よ。いま、シャンプー終わったとこ♪」という答が返ってきた。

ちなみに、この会話だけでは、本当に月子に会えるという確証は何もない。まっ、常識的には赤名がいぬ親会のために自分が風呂に入った報告をしてくるはずもないので、たぶん月ちゃんも来るんだろうな……とは思っていたが……。

そして当日……

いたわよ、いた!

会いたかったわぁ~、愛しの月ちゃん♪

2012-10-21 016

2012-10-21 013

なぁ~んてラブリーなんだろ、月子さん♪

それにしても、不思議な面構えのワンコである。スポッティーなコートの感じはどう見てもイングリッシュセタークロスなんだが、骨格が違うし、大きさも全然小さい。んでもって顔をよく見ると、和犬ぽいんだよなぁ~、なんか。おまけに耳がすごくユニーク。何がどう混ざりあうとこういう犬ができるのだろう? ちなみに仕草も和犬系。人慣れ犬慣れどちらもOKだが、ずんずんずんと近づいてきて、撫でれ……みたいな洋犬特有の押しつけがましさはなくて、そっと近づいてきて臭いを嗅ぐ……みたいな古式ゆかしき大和撫子だ。

大和撫子といえば……

2012-10-21 027

どっから見ても和犬なこまこさんは……

現在、べこままさんちの居候。ちなみにこまちゃんがちょっと異色なのは、べこまま一家に厄介になってるわりには、全然ビビリじゃないってこと。犬に対しても人に対しても普通に社会化されている、ごくごく普通のワンコだった。べこままさんちの預かりッコといえば、お父さんの足元にうずくまって気配を消す……みたいな姿を見慣れている身としては、ある意味、ものすごく新鮮♪

人にも犬にも普通に接することはできるんだが、

2012-10-21 026

営業努力をする気は……

2012-10-21 028

さらっさらないらしい(^^;)

家ではかなりのいたずらっ子だが、やはり慣れない場で緊張しているのか? 何とも不思議な雰囲気のあるコだ。眉間の皺がチャーミングなこまちゃんに、1日も早く良いご縁がつながりますように。

ちなみに他にもたくさんの犬たちが、赤い糸がつながるのを待っていた。

2012-10-21 019

2012-10-21 023

2012-10-21 024

2012-10-21 029

そしてたくさんの人が、未来の我がコを探しに来ていた。天気も良かったし、お散歩がてら冷やかしでもいいので犬たちに会いに来てくれる人が、今後ももっと増えると良いなと切に思う。こういうイベントって行ったことがない人にとっては、やっぱり敷居が高いものらしいが、もっと気軽にたくさんの人が足を運んでくれると良いなと管理人は思うのだよ。

もらわなきゃ悪い……みたいな意識を持つ必要はないしね。1匹もらわないと、会場から出してもらえないなんてこともないし(笑)。ただふらっと立ち寄って、好みのワンコがいたらグリグリしたり、預かりさんと立ち話ついでにふだんのようすを聞いてみたり。無料で楽しめるイベントぐらいの気持ちでいいのだ。

犬を飼おうと思いたつと、ペットショップに通う人はけっこういるが、それと同じ数の人がこの手の譲渡会に通ってくれる時代が、管理人の理想なの。首都圏では、ほぼ毎週、どっかで、いずれかの団体が譲渡会を開いてるしね。実際、譲渡会ジプシーのように毎週あちらこちらのイベントに出没し、半年から1年がかりでこのコだって犬を見つけて迎えたって人もいる。

結果的にはペットショップで買いました……でもべつに良いんだよね。犬種限定だから、ブリーダーさんとこから迎え入れた……けっきょく地元のセンターに自ら行って、そこから直接もらったってパターンでも、盲導犬などの使役犬のリタイヤ犬を迎え入れたでも。

要は、犬と出会う方法は山ほどあるってより多くの人が知ってくれれば、それで良い。保護犬をもらうっていうのは、そういういくつかのパターンのうちの単なる1つに過ぎないってこと。

そういう見知らぬ世界へのとっかかりとしては、お散歩がてらの譲渡会見学は初心者にお勧めの入門コースだよ(^_^)v

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

獣と共存する暮らし

ここ数日長野で熊が出たって世間は大騒ぎしていたが……

ペット飼いではない、ごく一般ピープルとその話をしていたら、みんな熊がすごく怖いのだという。まあ確かにね、近所を散歩していたら目の前にぬっと熊が現れたら、管理人もちょっとは驚くだろうけど、でも四つ脚の毛むくじゃらの獣ってそんなに怖いかな?

管理人的には、二足歩行動物の方がよっぽど野蛮で恐ろしい。

人間以外の動物は、無用な殺生はしない。お腹が空いてて、目の前に餌が歩いていれば、そりゃ、捕って喰うだろうし、身の危険を感じればやられる前にやるっていうのは自然界のお約束だが、でも奴らが攻撃してくるのはそれだけじゃん? 動物の世界には相手を傷つけるときには正当な理由がなければならないという、ちゃんとした自然の掟があるわけよ。

その掟を破って手当たり次第相手を殺しまくれば、餌が減って、生態系が壊れ、最後には自分の身も危うくなる。そのことを、天下の人間様が獣と見下す四つ脚の動物たちはちゃんと本能でわかっている。

大きな四つ脚を引き連れて歩いていると、一般ピープルから「この犬、咬みますか?」って訊かれることがよくある。ああ、咬むよ。アンタが脅威を感じさせれば、どんな犬だって自分の身を守るために必死で戦う。犬にとって最大にして唯一の武器は牙だ。ゆえに我慢の限度を超えるような嫌なことをされたなら、どんな犬だって牙を剥く。

犬が人を傷つけるときは、サバイバル本能が発動された時だけだ。犬のみならず、人間以外の全ての動物は、生きるための手段としてだけに持っている唯一の武器を使うのだ。

でも人間はそうじゃない。どう考えても合理的な理由がなくても、平気で他者を傷つける。

たとえば電車に熊が乗ってたら、明らかに近寄らないほうが無難なことは誰にでもわかるだろう。だって、見るからに怖そうだし、揉めたらやばいことになりそうだってことは小学生にだってぴんとくる。ところが、ごく普通の人の見える一般的な会社員がいきなりキレて暴れ出したら、そっちの方が怖くねぇ?

宗教の名の下に平気で人を殺しまくったり、ある人種を根絶やしにしようと虐殺したり、人間という生き物は平気で他者を傷つける。何でもないことでいきなりキレて怒鳴りだす老若男女、とくにこれといった理由もなしにターゲットを選んで虐めることを娯楽にしている子どもたち。リアルな世界にもサイバースペースにも、変な輩は山ほどいる。一見普通に見えるから、脅威に気づかずに近づいてしまうとありゃりゃってことになりかねない。

むろん四つ脚の中にも限界値がとても低くて、キレやすい個体はいるけれど、その比率は現代人の比じゃないね。本当にこの国病んでるな……と、最近は特に思うのだ。ああ、この人ビョーキなんだな、お気の毒に……と思う相手をしょっちゅう見かける。

そういう輩が街中を闊歩している中で暮らしているわけだから、1頭ぐらい熊が人里に降りてきても、大騒ぎするこたぁないだろう。今回もまた、熊は射殺されてしまったが、できればもう降りてこないように、ちょっとだけ怖い思いをさせて、そのまま山の中にお帰り願えれば、それが熊にとっても人間にとっても一番良いのだと思うのだがね。

自分たちは万物の長だと言い張っている二足歩行動物ほど、野蛮で残虐で考えなしで愚かな動物は他にはいない。日々流れてくる世界のニュースを見るたびに、管理人は深いため息をつきたくなる。

20111102 021


きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : 飼い主の日常生活
ジャンル : ペット

しつけという名の新興宗教

オリンピックが観たくて衝動買いしたテレビのお陰で、最近はBSも映るようになったので観られる番組の幅が広がった。ゆえに、最近はシーザー・ミランのドッグ・ウィスパラーにけっこうハマっている管理人。

あれ、面白いよね。シーザー先生に泣きついてくる飼い主のバカッぷりがたまらない(-。-) ぼそっ

ちなみにあの番組の定番は、アグレッシブなガウガウ犬なので、散歩の途中で踊り狂う犬と、それを押しとどめようと喚き叫ぶバカ飼い主の姿がほぼ毎回お約束のように観られるんだが、それを指さして笑い転げている当人が、実はそれと同じことを実生活でやってるっていう点は、この際あっさりスルーしておく。

同病相憐れむってんですか? テレビの中で四苦八苦しているダメ飼い主を観るたびに、心の底でつぶやかずにはいられない

「頑張れよ……」

20110907 021

お前もな(-。-) ぼそっ

とは言え、毎回せっせと観ているからといってミラン教の熱心な信者かというと、そこはちと違うのだよね。タダで見せていただけるシーザー流トレーニングの極意から、学ぶことは確かにたくさんあるんだが、かといって、何でもかんでも飼い主リーダー論に結びつけるのはやや無理があると管理人は思う。

っていうか犬のトレーニング方法って、本当にこの世には山ほどあるにも関わらず、それぞれに流派があって、まるで新興宗教のようにある流派を信じている人は、何が何でもそれが正しいって口から泡を飛ばして力説するのは何でだろう?

べつに良いじゃん、結果オーライでうちのコとの生活がより楽しくなるなら、あっちこっちのちがうノウハウを美味しいとこどりすんのも、有りじゃねぇ?

たとえばリーダー論を力説する人は、誉めて教える陽性強化を「おやつばかり配って、何、あの方法!?」と忌み嫌う。かたや、陽性強化論者は犬をひっくり返してチョーク入れてる姿を見ると「あれじゃ虐待だ!」と大騒ぎする。

んでもって水と油のようにお互いを嫌って、歩みよろうともしないんだよね。だから、まるで新興宗教。自分が信じている道だけが正しくて、それ以外は全て邪道だとなぜか言い切る。

どっちだって良いじゃんか? っつうか、結局突き詰めてみれば同じことを言ってるような気がするんだが?

どの方法が合うかは、飼い主次第犬次第。管理人は犬をひっくり返したり、チョークガンガン入れたりはしないが、それは巧く一発で決めるテクニックがないからだ。もしそのテクニックがあるのなら、群の順位を短時間で決める犬にとっては判りやすい方法なのかもしれないよ。ある犬にとっては。

それが最良の方法なら、それを使うのは別に悪いことだとは思わない。

20111009 049

ところがポセのような気の弱い男の子にそういう手法を使ってしまうと、ポセはますます落ち込んで、ますます恐がりになってしまう。それより、誉めておだてて、いい気にさせて、少しずつ自信をつけさせたほうが、遠回りでもポセにとっては良いと思うから、管理人は陽性強化を採用する。

ただ、それだけのことじゃん? 別にどっかの新興宗教に入信する必要はないと思ふ。

あの番組を観ていると、シーザー・ミラーという人はいわゆるGifted personなんだなとつくづく思う。犬の行動を停めるタイミングの早さが、すばらしいなと思うのだ。確かに彼は「No」を多発するが、そのタイミングが犬並に早い。まだ男の子たちが揉めていた頃、巧い具合に間に入って喧嘩を止める姫さんと同じ。あの瞬発力は人には無理、と思っていたが、それをやってる人を画面で観ると、ああなりたいなと憧れる。

タイミングはとても大事。誉めるんでも叱るんでも、人間はやっぱりタイミングが一呼吸遅いといつも自分で思うのだ。だから犬並の反射神経でそれができる人になりたいなと、管理人は思うのだよね。

犬のしつけ方法は、本当に色々あるのだよね。だが、どの手法でも大事なことは、タイミングと反応の良さと、犬をよく見るってことだと思う。トレーニングされるのは犬じゃなくて人間でさ。ところが頭でっかちになって、新興宗教的技巧だけに走ると、単なる虐待やおやつを食い逃げされる情けない飼い主に成り下がるわけだ。

だからそういうノウハウはね、臨機応変に選べば良い。飼い主によって、犬によって、それぞれベストの方法を探しだせばいいわけだ。

20111023 028

ダンちゃんは、クッキーをもらえる方法が良いと思います!

うちのコに一番合う方法。自分が一番受け入れやすい方法。それを模索するのも犬飼いの楽しみじゃん? オープンマインドでいることは、飼い主にとって絶対必要。うちのコはダメだって諦める前に、もっと絶対良い方法がどこかにあるに違いないと信じて、探しまわることが大切。

だから天下の浮動票である管理人は、常に鵜の目鷹の目でより良い方法を探しまわり、色んな流派の色んなノウハウをあっちこっちからつまみ食いして、その結果……どこに出してもちょっとしか恥ずかしくない犬をせっせと増産しているわけだ(-_-)

言われる前に自分で言っとく。

20111028 011

ダメじゃん、それじゃ(-。-) ぼそっ


きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

オーガニックがなんぼのもんじゃい?

いやぁ~ん、スゲー爽やか♪

いきなり24時間で秋が来て、すっかりご機嫌な管理人。いやはや、長く辛い夏だったが、東京の夏は、実に潔く後ろも振り返らずに去って行ったね。見上げたもんだ。いやはや楽々。

灼熱の太陽が突如として姿を消して、四つ脚も二足歩行動物も身体はとても楽になったが、ただこんな日射しじゃ肉の乾きが悪いってぇのが新たな管理人の悩みとなっている。

ええ、また最近バリバリ肉を干してるの。2kgで796円という超お買い得の鶏肉を大量にゲットしたので、今年の夏は干し肉三昧(^_^)v

2012-09-12 004

2012-09-12 006

肉が落ちてくることを期待して、ダン吉真下でスタンバイ

日中はぎらぎら太陽、夜になったら部屋で空調の2段構えでガンガン乾燥させていたせいで、夏の間は2~3日で肉がカラッカラに乾いていたが、今後はそうもいかないだろう。干し肉は姫さんの散歩のお供なので、切らさないようせっせと生産に勤しまなければ(-。-) ぼそっ

ちなみにこのサイトの常連さんはよくご存じのとおり、管理人がおやつを手作りしているのは、偏に経済的な理由からだ。だって、市販のおやつって高いんだもの(-_-)

管理人がおやつに食べてるピーナッツチョコが、142g入りでたったの200円なのに、なぜ犬用の干し肉は40g入りで500円もするのか、理解に苦しむ。そりゃ、国産地鶏でオーガニックで育てた身体にいい素材を使っているのかもしれないが、こんな高価なおやつを食わせていては我が家の家計は火の車。

ゆえに家ではおやつは手作り。むろん素材はブラジル産の超お買い得輸入肉だ。

それが何か? 我が家では、人間だってブラジル産肉で作った親子丼を食べているのだ。犬だけにやたらと高いオーガニックなものを喰わせる必要はない。

だいたいね、ひねくれ者の管理人は、オーガニックをやたらとありがたがる最近のトレンドってデーキレーなのよ。オーガニックって書いてあれば、身体にいいってストレートに思っちゃうみたいな単純さが嫌い。化学肥料を使わないものを好んで食べることが悪いとは思わないが、その一方で、菌と名のつくものは忌み嫌って、なんでも除菌スプレー振りかけちゃうし、虫を見ればギャーギャー騒いで、根こそぎ撲滅しようとする。無菌状態で虫も飛んでいないような“先進国風”の清潔な暮らしを望みながら、一方では自然に作った農作物以外は食べたくないって、なんか矛盾してねえか?

オーガニックで化学肥料を使わなければ、代わりに使用するたい肥はとうぜん動物の出した糞なのに、オーガニックが大好きなトレンディーな人々が住む大都会では、犬猫の糞が道端に落ちていたりしたら大騒ぎになる。都市部の公園の多くは、いまや犬の立ち入り禁止。なぜなら、子どもが遊ぶ公園内で犬が糞尿を垂れ流すのは不潔だから。

自然のままがいいのなら、虫も菌も糞尿も全て自然の一部として受け入れりゃいいじゃん? でも流行り物のオーガニックが好きっていう多くの連中は、カッコイイ部分だけのいいとこ取りをしたがる。

2012-09-12 002

身体にいいものをほんの一口食べるより、
健康を害するものを山盛り食べたい

ちなみに管理人は、最近よくあるオーガニック系カフェで出されるハーブティーの類も大嫌いでさ。あんなまずいものに、なぜみんな喜んで大金を払うのか理解できない。ハーブというと聞こえはいいが、要はあいつら雑草だし(-。-) ぼそっ

雑草だから、放っておいても庭でどんどん増えていくのだ。ええ、家の庭にも山ほどあるわよ、ドクダミ。誰かが植えたのか、勝手に根づいたのかは知らないが、放っておくとどんどん増殖して大変なことになる。

あのドクダミを定期的に収穫して、犬猫屋敷ブランドのドクダミ茶作って通販しようかと真剣に思う。

なにせ、我が家のドクダミ茶は100%オーガニック。犬たちがせっせとシッコをかけて、犬たちの糞や、家の庭にやって来る野良猫のウンPを肥やしに成長しているから正真正銘のオーガニックだもの(^_^)v

これを40g500円で売って、犬のおやつ代を稼ぐってぇのも悪くないなと新たなビジネスチャンスを検討する管理人なのである。

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

年寄りと暮らすって

ようやく仕事も一区切りついて、ちょっと休むかと思った矢先、親のPCが壊れてまたもや大騒ぎの犬猫屋敷。

はぁ~、ようやく自分のパソコンの乗り換え作業が終わったと思ったら、また一からやり直しかよ( ̄‥ ̄)=3 フン と暗い気分にならざるをえない。

まっ、30分ほど弄くり回したら、(管理人にとっては)幸いなことに、ジィジバァバの専用PCはリカバリーしようにも手の施しようがないほどぶっ壊れていることが判明したので、結局、それほどの作業は必要なかったんだがね。

ただ、この機械は壊れたと親に納得させるのが面倒なのだ。なぜなら、年寄りは思いこむと梃子でも動かないほど強情だから(-_-)

実際、今回の件もすでに妹がチェックして、修理不能という診断を下していたのだ。にもかかわらず、もう一度管理人も見ろとしつこく迫ってくる。さらに、このPCは復活させられないと納得させても、奴らにとってはPCは冷蔵庫やテレビと同じ単なる電化製品なので、壊れたら新しいのを買えば、またデータが入った旧PCと同じ環境のパソコンが目の前に復活すると頑なに信じている。

機械が変わっても、OSが変わっても、一見同じに見えるようにどんだけ苦労して毎回設定してやっているか、などという部分に思考は当然及ばない。ゆえに、今回もまた、新しいパソコンを買うと息巻いているのだが、そいつが来たあとそれを全部設定して、使えるような状態にしてやることを思うだけで、今から頭が痛いのである。

ちなみにジィジは、お友だちとのやりとりを全部メールで済ましているハイテクジジイな自分に誇りを持っているので、ほんの1週間でもメールが使えないと、それだけで大騒ぎをする。定年退職した爺さんどうしの通信のメインは、飲み会のお知らせと遊びに行く待ち合わせメールが全体の99%を占めているわけで、おまけに双方とも暇で時間を持て余しているのだから、昼間にお電話でもすりゃいいだろう、と現役社会人としては思うのだが、ジィジにとっては「メールで連絡をとりあう」ということが、どうやら非常に重要らしい。

ゆえに、勝手に任命されたメンテナンススタッフは、ありえないほどくだらないことで呼びだされて、時間を使わされることになる(たとえばシュウマイ弁当事件とか)。最近は、とみに忙しいからさ、管理人としてはできるだけそういう事態は避けたいわけよ。ある意味、これは危機管理。なので、PCがぶっ飛んだのをよい機会ととらえ、今度はスマホにしたら? とお薦めしている。

ところが、これに真っ向から反対しているのが妹なのだ。

なぜなら、またパソコンを買ったら、そのメンテナンス担当者は自動的に管理人になるが、これがスマホだと担当は妹なのね。だって管理人は自分のケータイすら満足に使いこなせないほどのお馬鹿さんだから(^_^)v

親の世話を押しつけ譲り合う麗しい姉妹愛(-。-) ぼそっ

そういえば姫さんも、歳をとって最近ますます強情になった。散歩の途中でジャーキーの小さなかけらを口からこぼしてしまったりすると、それを見つけて飲みこむまでは、梃子でもその場を動かない。どんなに探しても見つからない時でも、とにかく何か拾うまでは絶対納得しないので、仕方なく別のかけらを落としてやって、「姫ちゃん、ほら、ここにあった!」なんて芝居まで打たなければならないほどだ。

年寄りって奴は、まったく(-_-)

都合の悪いことは全部聞こえない振りだし、やりたくないことはすぐ忘れた振りをするし、強情だし、我が儘だし、子どもがいるのと同じくらい厄介な連中だと管理人は思うのだ。だが、親にせよ四つ脚にせよ、子ども並に手がかかる歳になるまで長生きしてくれること自体、幸せだよなともやっぱり思ふ。

ただWindows7にパニックを起こす両親の無料インストラクターにさせられるのは、できれば御免被りたいので、やっぱり次買うとしたらスマホだな、スマホ(-。-) ぼそっ

2012-07-31 003


きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ

テーマ : 飼い主の日常生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。