スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦友

かの人は、管理人のことをライバルと呼ぶが、管理人に言わせれば戦友のようなもの。

そんな二人のあいだに妙な友情が生まれたのは、1週間違いで愛犬が癌の告知を受けたからだった。このサイトでカミングアウトした直後にメールが来た。病状を心配してくれて、親身になって色々教えてくれて。おそらく虫の知らせだったのだと思う。すぐに「仲間だよ」という哀しいメールが舞い込んだ。

(犬たち)の歳は一歳違い、偶然にも(犬たちの)誕生日も1日違いで、一緒に誕生日を祝うというのが共通の目標になったのはいつのタイミングだっただろうか?

病気は同じでも病状はまったくちがう。消化器系には問題なくてただひたすら食べつづけるカイと、胃腸に病魔が巣くっていて食べると下痢を繰りかえすゴン。食は細いがいまでも元気にドッグランに行けるゴンと、家からほとんど一歩も出られないカイ。

状況はちがうが、不思議と2頭のあいだには共通点があって、2頭ともアップダウンを繰りかえす。それに伴い飼い主たちも一喜一憂して、だがなぜか、一緒にずどんと落ち込むことはいままでなかったように思うのだ。まるでシーソーのように、どちらかが凹めば、どちらかが上がる。そして上になっているほうが、必死に相手を引き上げようと目一杯手を伸ばす。

闘病生活を送る本犬たちが一番苦しんでいるのは言うまでもないが、その陰で、看病している人間も楽ではない。介護生活が長くなれば、やっぱり疲れも溜まってくるし、愚痴の一つもこぼしたくなる。妙に楽天的になれる日もあるが、世界中の不幸を一気に背負い込んでしまったように悲劇のどん底に沈みこんで二度と立ち直れないような気になるときもある。

自分の気分が激しく上下するのがわかっているだけに、ふだん仲の良い友人にさえ話をするのが気が引けることもある。話題の中心は、暗い病気のことばかりだし、相手だって慰める言葉もないだろうと思うと、ついついその話題を避けてしまったり。

そういう時に、心ゆくまできょう出た犬のウンの硬さについて語り合えるのは、やはり大きな慰めになる。やりとりの多くは、下痢の状態と、肉の安売り情報と、そんな周りから見たらたわいもない会話に、互いを勇気づける効果がある。

おそらく、同じ立場に立ったものだけがわかりあえる世界。ほんとうに必要なときだけ、頑張れと言いあえる世界。

苦しんでいるのは自分独りではないという安心感と、身を持って相手の苦悩がわかる辛さ。自分の犬のことだけだって手一杯なのに、相手の犬のことまで真剣に案じるのは負担が増えることもあるが、相手の病状が好転したときはなぜか、自分のことのように嬉しくなる。

哀しみは半分に、喜びは倍に……

極限状態に置かれたとき生まれた友情には嘘がないからこそ、戦友というのは特別の関係なのかもしれない。

そろって無事に誕生日を迎えられるのか、それは誰にもわからないけれど、きっと常に相手を意識しながら、相手に負けじと必死でうちのコを保たせようとするんだろうな(-。-) ぼそっ

そう考えると、やっぱりライバルか(笑)

ゴンさんはともかく、すでに告知された命の期限を大幅にはみ出ているカイにとっては、もはや神頼みしかのこっていないので、2頭がそろって無事誕生日を迎えられるよう祈っていただければ幸いですm(_ _)m

ダブル1位……と言ったとたん、転落(笑) ひきつづき、応援ヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

もったいないお言葉でござる。

これだけ下痢の話満載のメールもないわな(笑)

下痢と肉の話題。
入るのと出すのと(^^;)


ありがと。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。