スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飼いやすい犬をお探しの貴方へ

先日騒いでいたイケメン男子、まだ行き先が決まってないらしい。

ちばわん 愛護センター・レポート(10/7)

15kgの猟犬風ハウンド……確かに一般ウケする犬じゃないよなぁ~と思わずため息をつく管理人である。すごくイケテルと思うんだけど。だが一般的にもらい手が殺到するのは、やっぱり小型犬の純血種なんだよね。これがトイプーなんかだったら、ぜったい引き出してもらえると思うし、いつでも里親募集中に載せたとたんに、問い合わせのメールがくるだろうし。

どこの馬の骨かわからない保護犬をもらうのは、確かにリスクはあるだろうけれど、皆さん、どこの馬の骨かわからない自称純血種を量販型ペットショップやネットでふつうに買っているのだよね。おとなしいジャックとか、気の弱いダックスとか、人見知りするトイプーとか。確かに純血種の形はしてるかもしれないが、それを純血種と呼んでいいのかね? 気が強くて、勇敢で、やんちゃだからジャックを愛する人たちは、ジャック・ラッセル・テリアという犬種をこよなく愛するものだと思うが。

この国でブレークすると、犬の形も性質も変わる。たいていは小型になって、妙に気の弱いおとなしい犬が増えていく。これを管理人は、ジャパンブリードと呼んでいるのだがね。

けっきょくのところ、その国で好まれる形に変わっていくのだろうね。アメリカに渡ったAKITAが妙にフレンドリーな犬種になってしまったように。

この国の人は、おとなしい飼いやすい犬を求めている。ついでに言えば、犬は小さいほうが扱いやすいと信じてる。ゆえに小さくて臆病なジャパンブリードなのだよ。犬はその国の人々の犬に対する意識をそっくりそのまま反映する。

管理人はずっと犬と暮らしているので、ほんとうによく訊かれるのだ。

「ねえ、飼いやすい犬種ってなに? どんな犬が楽に飼える?」

正直、こういう質問をしてくる人間は、犬を飼わないほうが身のためだと思う。たぶんぬいぐるみでは飽き足らなくて、動くぬいぐるみが欲しいと思っているだけだから。

犬を飼うのは面倒くさいことなのだ。面倒くさいよ。だって毎日餌食べさせて、排泄させて、遊んでやって、色々教えて、毛のお手入れもしなきゃならない。そういう面倒くさいあれこれを、金払ってまでやろうという変わりもんだけが犬を飼えばいいのだよ。

楽したいのなら、最初から犬なんて飼わないほうが良い。

「犬が好き」な人は、確かに世の中たくさんいる。だが、「犬を飼うのが好き」な人は、たぶんそれほど多くない。

たとえばうちで言ったらポセは、おとなしくて、やんちゃもしないし、一般的に言う楽に飼える犬だと思う。極端なビビリだから、それはそれで面倒だが、そこに目をつぶって、「うちの犬は他の犬が嫌いだから」とか「お出かけが苦手だから」と言い張れば、飼いやすい犬と言えるかもしれない。

それとは対照的に姫のほうは、おそらく飼いづらい、楽に飼えない犬の典型だ。老犬になってもこれだから、おそらく子犬のころは悪戯三昧だっただろうし、一般的に言う「問題犬だから飼いきれない」っていうパターンなのだと思う。

楽で、飼いやすい犬を求める人は、おそらくポセを好むだろう。だが、単に「犬が好き」なんじゃなくて、「犬を飼うのが好き」な人にとっては、姫のほうが魅力的だ。

なぜなら、一緒に暮らしていてぜったいに面白いからね。笑いをとれるって意味じゃなくて、訓練しがいがあるからだ。臆病で、おとなしいポセのような犬は、言い換えれば訓練性能が低い。逆に姫のような、好奇心旺盛でやんちゃなコは、巧く教えれば色々なことを吸収する。成長の度合いが大きい方が、訓練にも身が入るし、自分好みの相棒を育てていきたい「犬を飼うのが好き」な人にとっては、やんちゃで手に負えないくらいの犬のほうがワクワクさせてくれるものだ。

犬を飼うということは、育てることの楽しみなのだよ。犬は教えればさまざまなことを覚える。その工程が犬を飼うことの醍醐味だし、だから猫でもウサギでも亀でもなくて、やっぱり犬だと「犬を飼うことが好き」な人は思うのだ。

飼いやすい犬ってなんだろう? 手がかからない犬? おとなしい犬?

手を掛けられない、おとなしすぎる犬なんて、育て甲斐がないだろう? それも子犬から飼ってその状態? その先十数年、飽きずに一緒に暮らせますか?

犬はやっぱり生き物だから、年代によっても変わってくる。ガチャガチャの子犬時代があって、ちょっと落ちついてきた成犬時代があって、やがてツーと言えばカーの絶妙の相棒になる老犬時代がやってくる。

どんな犬だって、10歳を過ぎれば、おとなしい、手のかからない犬になるけどね。スイッチ切りたいと思ってたガチャガチャのツチノコ兄弟だって、5歳を越えたら、さすがに落ちついた。だが、そのありがたみがわかるのは、5年間、ガチャガチャとつき合ってきたからなのだよ。パピーの頃からディーとカイが、いまのカイみたいに落ちついていたら……考えただけであくびが出る。

なのにこの国にいる自称犬好きの多くは、最初から絶妙の相棒を欲しがる。飼いやすい犬。楽に飼える犬。だけど、できるだけ幼い犬も欲しいのだ。そういうものが売っている、金を払えば手に入る……と思っている時点で、それは大きな勘違い。だが、勘違いしてる人が多すぎるから、その消費者のニーズに見合うようにジャパンブリードの犬が増産される。

絶妙の相棒を手に入れるには、相棒を育てる作業が必要だ。

ガチャガチャの子犬だったり、問題抱えた保護犬だったり、素材はそれこそ色々だが、それをいっぱしの飼い犬に育てあげるのが犬を飼う楽しみで、「犬を飼うのが好き」な人は、その部分を苦労じゃなくて喜びだと感じるはずだ。

ところがペット大国日本にいる膨大の数の「犬が好き」な人は、どうやらそうは思っていない。彼らの要求は、まったくもって矛盾している。そんな風に、異なる二つのものを同時に求める人間が多すぎるから、きょうもセンターではたくさんの犬が処分される。

「犬を飼うのが好き」な人だけが、犬と暮らす社会なら良いのだが、ただ単に「犬が好き」な人までも簡単に犬を手に入れられるから、不用犬がこれだけ出る。犬を買っちゃってから、こんなはずじゃなかったと後悔する人が多くなる。

犬が飼いた~い! ってペットショップ巡りをする前に、「飼いやすい犬はどれ?」ってググってリサーチする前に、一度考えてみて欲しいのだ。

自分は単に「犬が好き」な人なのか、「犬を飼うのが好き」な人なのか……と。

押してたもれ→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

v-315祝!両ランキング一位v-315
そしてカイちゃんが今日も生きてておめでとうございます。
誕生日まで行けそうですね。

あっぱれ

はじめまして。

私は、黒ラブ(まもなく14歳)と猫2匹と暮らしています。
夫よりも、ツーカーの域に達している相棒との生活。
今が一番楽しいです。

すてきな記事を書いてくれた管理人さんと、ふんばるカイちゃんに
“あっぱれ”を贈ります。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。