スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定期

今年の夏は暑すぎたせいなのか、最近やたらと訃報を聞く。

二本足も四つ脚も、あの殺人的な暑さは身に堪えたはずだ。ぜんぜん元気でピンピンしていたコがとつぜん逝ってしまったなんて話を聞くと、こういう時期だから身につまされる。ところが、我が家の病犬はいまでもガッツリ食べている。

うちの犬、もうすぐ死んじゃうんですぅ~と泣き崩れていたのは1ヶ月半以上前の話だ。

じっさい、そのときはもうあと何日、いや何時間かもしれないと本気で思った。事実、最初の3週間は、1週間ごとに病状がどんどん悪くなるのがわかったし。

末期癌だと宣告されて数日後には、身体中にボコボコ妙なものができはじめた。ああ、転移してる。このボコボコがどんどん大きくなっていくのかなと、そのときは思ったのだ。ところがボコボコは消えてはいないが、なぜか大きくなってもいない。

最後にエコーをとった時点で、脾臓や肝臓にもたぶん転移していると言われた。ということは、全身の臓器が癌に冒されているわけで、多機能不全を起こすかなと、これも覚悟を決めたことだ。

でも、シッコもウンPも出てるんだよね。毎日ちゃんと食べたものは消化されてる。

3週間目を過ぎたころから、カイの容態は安定期に入った。身体が、ガンと共存することに慣れてしまったかのように。

いまでも、ちょっとバランスが崩れると、こりゃマズイと思う状況にはなるのだが、その回数も格段に減った。この1ヶ月弱はほんとうに、安定期と呼んでいいのだと思う。

おそらくふつうならば、坂を転げ落ちるようにどんどん悪くなっていった最初の3週間で力尽きてしまうのだと思う。本犬も、そうとう苦しかったはずだし、ふつうはそこで食欲がなくなり、一気に病魔が全身に広がる。だが、幸いカイは食べていた。体力があったから病気に身体を乗っ取られることなく、どうにか踏みとどまることができたのだろう。

だからいまは安定期。ちょうど良いタイミングで気温が下がったことも幸いした。

とはいっても癌が消えてなくなったわけではないし、いまの絶妙なバランスが崩れてしまえば、お別れの時は来てしまう。それが明日か1ヶ月後かは、おそらく誰にもわからない。

病気がわかった時点では、とてつもなく遠く見えた誕生日(11/14)が現実味を帯びた目標に入ってきた。

とはいえあちらこちらが痛いはずだし、苦しい思いもさせてるから、そこまで頑張れとは言わないがね。ただ、いまの生活を続けていって、もし無事12歳になれたなら、そのときは超盛大にお祝いをしてやろうと思うのだ。

あとはカイの生きたいという気力がどこまで続くか。

飼い主にできることなんて、しょせんはそれに最期までつき合ってやることだけなんだよね。

20100930 001

押してたもれ→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。