スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護疲れ

朝起きるときに、ヤバイ、疲れてんなとつくづく思う。

すっきりとしたお目覚めどころか、ベッドに糊づけされたように起きあがることじたい難儀なのだ。介護といっても、これといって何をしているわけではないはずなのに。カイはいまでも自力である程度は歩けるし、トイレもちゃんと立っていく。管理人がしていることといえば、トイレ掃除と、カイのご飯作りと、他の犬たちの散歩だけなはずなのに、それでもやっぱり疲れは溜まる。カイのペースで生活するせいで寝たいときに寝られなかったり、自由に出かけることもままならなかったり、そういうことが積もり積もるとだんだんと疲れが溜まってくるものだ。

管理人なんて、介護をはじめてまだほんの1ヶ月。なのにこれだけ疲れているということは、何年も親の介護とかしている人はさぞや疲れが溜まるだろうと思うのだ。だって、ホントに気を抜けないもの。毎日24時間休みなしで常に緊張感を強いられるのだから。

昔に比べれば公共サービスも整っているし、デイケアとか1泊2日で預かってくれる場所とか、家に来てくれるヘルパーさんとかさまざまなサービスはあるにはあるが、それでも家族に負担はかかる。家族というか、たいていはその中の1人がすべての重荷を背負うせいで、介護疲れで親を道連れになんて悲劇が起こるのだろう。

わかるな、そういう気持ち(-。-) ぼそっ

カイは文句は言わないし、なんといっても世界一ラブリーだし、喜んで下のお世話もしちゃうけど、相手が人間だときっとそうはいかないね。きっとグダグダ文句は言うし、腹の立つことばかりだと思う。で、ついつい切れちゃったりするんだろうな。親の世話をする心優しい娘の介護生活なんてドラマの中だけの作り事で、現実はもっと厳しいと思う。全部放りだして逃避したいと思っちゃったり、ぜったいあると想像できる。

高齢化社会のこの国では、あと10年もしたら、想像を絶する数の世帯がそんな介護生活を強いられることになるわけだ。

どうすんのかね?

明るい介護生活を継続していくには、ときには息抜きも大切で、巧くストレスを発散していくことが長続きの秘訣だとカイの世話していて思うのだ。一生懸命頑張って、完璧にやろうと必死になっちゃいかんのだよ。あくまでもテキトーに、お気楽に、巧く手抜きができる人は、こういう生活も長続きする。

そういえば子育ても、犬育ても一緒だわね。頑張って、必死になって、完璧を目指している親(飼い主)って端から見ると辛そうに見える。逆にときには失敗しながらヘラヘラしている人のほうが、振り返ってみるとけっこう巧く子育て犬育てをしてたりする。

けっきょく生き物相手にやることはすべて、ちょっとお気楽、テキトーぐらいがちょうど良いのかもしれない。だって完璧にやろうとしても、相手が思うとおりの反応を示すとは限らないのだから。

というわけで、世間一般では夕飯の時刻だが、管理人、これからちょっとお昼寝するわ。テキトー、テキトー。

そうでないと介護生活は続けられない。

押してたもれ→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。