スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらなる誘惑?!

「ちょっと、たいへん! 早く来て!!!!!」

病院にカイの薬を取りに行った妹が叫びながら帰ってきた。車庫の前に子猫がいたんだそうな(-_-)

「車入れようとしたら、うろちょろしてて、危なっかしくて車庫に車を入れられない!」

なんで、そういうもの見つけるかなぁ~。目をつぶって見ない振りしとかないと、また拾っちまったらことだろうが(-。-) ぼそっ

「でも、目をつぶったままで車は車庫には入れられない」

たしかに。だが、うちだってこれ以上四つ脚率を上げるわけにはいかんのだよ。幸い子猫のそばには、親猫らしきコもいたらしい。おまけに人に慣れているらしく、近づいてもぜんぜん逃げなかったという話だ。

「それなら、きっと半野良だから、ちゃんと誰かが面倒みとる。だいたい親がついてるんなら心配ない。見ない振り、見ない振り」

むろん、野良だか半野良だかはわからないが、そのまま親子を放置しておけば、自然の摂理で近所の野良猫(もしくは半野良)がまた増えるわけで、いったん保護して里親を見つけるとか、せめて不妊去勢手術をしてやるべきだと思わないわけではないにしろ、我が家には我が家の事情がある。

ゆえに管理人は念仏のように唱えたのだ。「見ない振り、見ない振り」

ちなみに親猫は、この辺りでは珍しい茶トラだったのだが、お約束のようにウロチョロしていた子猫はまたもや白と黒の冴えないツートンカラー。ほんとうに多いね、残念柄の猫(-。-) ぼそっ そういう地味目の柄のコに限って、なぜか我が家の周りに出没する。

まっ、今の我が家の状況では、たとえ真っ赤な水玉の猫がウロウロしてても、保護するわけにはいかないんだが。

「やっぱり、これ以上猫飼うのは無理だよね、うちは」

「無理。ぜったい無理。もしどうしても拾いたいなら、アンタが全面的に世話するように」

「でも……あんな小さなコが外をウロウロしているのは……」

そう言って前回拾った残念柄の子猫は、一生インターフェロンが必要なシッコたれ王子さまだったという事実を、またもや妹は都合良く忘れている。

「とにかく、どうしても拾いたいならアンタが全責任を持って喰わしていくように!」

「でもカイちゃん、子猫大好きだから……きっと子猫の成長が生き甲斐になるんじゃないかなぁ~」

なんという汚い手を使うのだろうか? さすがに缶詰め食べ放題生活にも飽きてきたらしく、最近かなり食欲が落ちてきているカイをだしに使うとは!

管理人の気持ちが震度7ぐらいの勢いで、グラグラ揺れてしまったのは言うまでもないが、幸い妹と二人で外の様子を見に行ったところ、すでに子猫は消えていた。

ああ、良かった。もう少しで、また四つ脚の扶養家族が増えちまうところだったぜ( ̄‥ ̄)=3 フン

最近、姫とポセが散歩の帰りに猫を見つけて騒ぐことが多い。もしかしたら、裏の竹藪で子猫を産んで育ててる猫がいるのかもしれない。しばらくのあいだは空を見上げて歩かなくては。決して下を向いてはいけないし、耳栓して歩いた方が良いかもしれない。

ただでさえグルメになってしまったお犬さまのお食餌代で、我が家は財政破綻寸前なのだから。見ない振り、見ない振りと念仏のようにただひたすら繰りかえす管理人なのである。

DSCF4328.jpg
猫さんを飼ってくれるなら、カイちゃん、もう一頑張りしますけど?


押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。