スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の恩犬

2週間前、あの運命の診断結果を聞かされた日、いま思えばあの朝、カイの体内で臓器の一部に大きな破損がおきたのだと思う。そのため、体内で大量に出血が起こり、ひどい貧血状態に陥った。

身体の弱い個体なら、ショック死してもおかしくない状況だったが、カイは何とか生き存えた。医者に連れて行って、止血剤とステロイドを注射してみたが、すぐに効果は出なくて、けっきょく、家に連れて帰って3時間経ってもカイは立ちあがることができなかった。

ご飯も食べないし、水も飲まない。利尿剤を注射したにもかかわらずトイレにも朝から一度も行っていない。たぶん今夜が峠だなと、飼い主としては覚悟した。

家中がお通夜のように沈んでいるなかで、事件が起きたのは深夜のことだ。

なんとな~くお腹が緩かった姫が、とつぜん室内トイレで下痢をした。盛大な音と共に、鼻が曲がるくらい臭い汚物を大量にトイレの中に放出(^_^;) 姫だって具合が悪かったのだから文句を言うのは可哀想だが、いつ何時なにがあってもおかしくない重病犬すでに1頭いる場合、単なる下痢ごときでは飼い主の同情は買えないものだ。

ぶつくさ言いながら、管理人が姫の出したものを片づけて、トイレから戻ってくると、今度は姫がカイの横に無理やり添い寝をしていた。

DSCF4288.jpg

「姫、カイちゃんは具合が悪いんだから、邪魔しないの!」と管理人が叫ぼうとした瞬間……

カイがすっくと起きあがり、思いっきり迷惑そうな目でオバサンをちらっと見ると、トコトコ、トイレに向かって歩きだした。

無事溜まった分を排泄し、その後水を大量に飲むと、物欲しそうな目で管理人を見上げたので、手元にあった缶詰めを開けて皿に入れてやったところ、息つく間もなく一気食い(^_^)v

やったぁ~、少なくともこれで、数日間はいけると管理人が確信した瞬間だった。オバサン、グッジョブ!

あれから2週間。予想どおり病状はどんどん悪くなっているものの、カイはきょうも無事朝を迎えることができた。そして、ふと気づくといつも、姫はカイの横で眠っている。

カイが癌に冒されてるとか、余命幾ばくもない身だとか、そんなことは姫にはわからないし、たぶん関心もないのだと思う。ただこれまでと同じように、嫌われても、嫌がられても、オバサンはいつもデブのそばにいる。

姫に理由を訊いたなら、だってアタシたちは仲良しだからと答えるにちがいない。そしてカイは、仲良しじゃありません、単なる同居犬ですって答えるのだ。

ものすごく仲が良いわけでもなく、微笑ましい多頭飼いにはほど遠かったが、カイと姫はやっぱり良い相棒同士で、けっきょくは大事な群の仲間として互いを尊重しあっていたのだとこういう事態になって改めて思う。

病犬を突きとばしておやつを先にゲットしようと試みるような、傍若無人な姫だが、カイには一目置いているし、カイのほうもKYでしつこいオバサンのことを、それでも仲間だと認めている。

とても不思議な関係だが、それでも2頭は仲間なのだ

DSCF4295.jpg

自分が、カイの命を救ったことにも気づかずに、きょうもオバサンは嫌われるのも厭わずに、無理やりカイに添い寝している(笑)。

押していただければ幸い→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。