スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなのうた

今週は出稼ぎ先が超多忙で、久方ぶりに連日出社せざるをえなかった管理人である。

あぁ~疲れた(-。-) ぼそっ

かつてはふつうのOLとして週5日会社に行ってなんて、いまや自分でも信じられない。いちおうまともな服を着て、靴履いて、電車に乗って毎日都会に出ていくだけでもものすご~く体力消耗しちゃうもん。

おまけに連日の熱帯夜のせいで細切れ睡眠が続いているせいで、もうボロボロ。

ゆえにある日会社に行こうとして、玄関を出たとたん、門の前ですっころんだ(T_T)

何もないところで……足がもつれて……そのまま玄関先の敷石に顔から激突。幸い一番クッションが効いている頬を打っただけだったので、泣きながら家に帰って汚れた手足と顔を洗って、そのまま何もなかったように会社に出かけていったのだが……

ちなみにそのとき、夏休み中の妹は自室にいたのだが、そんな大事件が窓の下で起こっていることには気づきもしなかったらしい。

嗚呼、良かった。もし打ち所が悪かったら、何せこの暑さだもの、誰にも発見されずに玄関前で腐っていたかもしれない。

幸い石にしたたか打ちつけた頬が腫れることもなく、あとは膝を派手に擦りむいただけで事なきを得たのだが、何がショックだったって、足がもつれた瞬間、あっ、ヤバイ、このまま倒れたら顔を打つと頭ではちゃんと考えていたにもかかわらず、最後まで手が出ずにけっきょく顔からすっころんだことが何より管理人的には痛かった。

手を出せという信号を脳は送っていたのだよ。にもかかわらず、身体が言うことを聞かない。

老化を実感する瞬間である(-_-)

てな事件があってすっかり沈んでいるところに、「桑田佳祐、食道ガン!」なんてスポーツ紙の見出しを見てますます落ち込む管理人なのだ。

幸い初期状態で発見できたので、手術で治るという話だが……

サザンのとくにファンではないのだが、何度も書いているように、管理人たちの世代にとってサザンとユーミンは必修科目……なのだよ。好きとか嫌いとかを越えた次元のところに存在する。阪神ファンだろうが中日が好きだろうが、長島、王は別格というのと同じなのだと思う。

いまどきの若造が「いやぁ~ん、ケータイがないなんて、あ・り・え・な~い!」と叫ぶのと同じで、サザンの曲がない世の中はありえないのである。

ゆえに桑田さんには1日も早く病気を克服して元気になって戻ってきて欲しい。っつうか、早いとこ復活してくれ。頼んまっせぇ~

初めて、サザンをテレビで見たときの衝撃は忘れられない。だって、こんなんだったんだもん↓


とくにカッコイイわけでもなく2枚目でもなく、短パン履いた学生バンドにしか見えなかったが、なぜかとてつもなくイカしてた。音楽的にね。ものすごく衝撃的だったのだよ。当時は。

見た目もこんなだし、曲もなんだかふざけた題名だったりして、コミックバンド風の扱いを受けていたが、でもこいつらただ者じゃねぇ~ぞと思わせるものがあったのだ。

初期のアルバムには、こんな曲も入ってるしね↓


サウンド的には、カッコイイぃ~と思ったのだが歌詞カードを見ると、90歳のバーちゃんをフューチャーしたすごい歌。このメロにあの歌詞を載っけちゃうセンスがすごすぎた。

別にファンじゃないけど、初期の頃のアルバムは全部聞いてるし、恐ろしくマイナーな曲までちゃんと知ってる。それが時代を歌う人ってもんなんだろう。その後もサザンはコンスタントにヒットを飛ばし、管理人は社会人になって、アルバムとかはほとんど聞かないけど、流行ってれば何となく聞く……みたいな時代がしばらく続いた。

そしてこの曲がリリースされたとき、再度衝撃を受けたのだ↓


いままでの桑田さんの曲とはまったくちがうのに、なぜかイントロを聴いたとたん、サザンだとわかった。もうそろそろ飽きてきても良い頃なのに、サザンは決してわたしたちを飽きさせない。

いまどきのヒット曲は、カラオケで歌える歌が定番だが、そうじゃないのもサザンのすごいところだと思うのだ。たいていの歌は知ってる。メロディーも歌詞もバッチリ覚えてる。にもかかわらず、カラオケでサザンの歌を巧く歌える人に会ったことがない。


バラードは歌えそうな気がするんだよね。音域も広くないし、誰にでも歌えそうな曲に思える。ゆえに多くの人が挑戦してみごと木っ端微塵に玉砕する。

サザンは見るもので、聴くもので、だからお金を払う価値がある。ほんまもんのプロのアーチストだから、サザンのライブはいつ観に行っても100%楽しめる。

だからもっと楽しませて欲しいのだ。早く復活して、またライブをやって欲しいと思う。なかなかチケットとれないけどね。でもまたあのライブを見たいとやっぱり思うのだ。

っつうか、もし幸運にもチケットが手に入ったら、管理人はたぶん杖ついてでも、車椅子でも行っちゃうと思う。桑田さんも椅子に腰掛けて歌うなんて状況でも、それでも聴きたいと思ってしまう。

サザンの曲からお気に入りの1曲を選ぶのは難しすぎる。どの曲も思い出がありすぎて捨てがたいと思うからだ。だが、そのなかでもあえて1曲選ぶとしたら、やっぱりこれは外せない↓


管理人、たとえ寝たきりになっていたとしてもこれが流れたら立ちあがって踊るさ(^_^)v

時代を共に過ごしてきたアーチストっていうのそういうものだ。一緒に歳をとって、衰えて、身体がいうこと効かなくなってもそれでも傍らにいて欲しいと思うものだ。

だから心より、桑田さん、復活祈願。早く元気になってくれぇ~

DCF00006a.jpg
大丈夫よ、一流アーチストは不死身だから!

今週に入って、さっそく復活ライブを再開したコイツ↑


いのちつないだワンニャン写真コンテスト

押してもらえると嬉しい→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。