スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ったぜ、日本

わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪ わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

勝ったぜ、岡田ジャパン。やってくれたじゃん? やればできるじゃん!

深夜であるにもかかわらず、テレビの前で絶叫を繰りかえしていた管理人。日本ゴールにボールが近寄るたびに、カメルーンゴールに青いユニフォームが迫るたびに、喚く飼い主のせいで犬たちが毎回びくんと飛びおきる。

すまんね、迷惑な飼い主で(-。-) ぼそっ

じつは管理人、昨晩の試合に並々ならぬ思い入れがあった。なぜなら、一昨日から姫が、瀕死の病で伏せっていたからだ(* ̄◇ ̄*)オーマイガー!

いや、冗談じゃなく本気で、コイツ、死んじゃうかもと思った。何やかんや言っても姫は、すでに推定11歳。あのサイズの犬だと十分すぎるくらい老犬で、いつ何があってもおかしくない歳なのだ。

その姫が、日曜の夕方からすごく具合が悪くなった。朝食べたものを全部吐いてしまったあと、足元がフラフラして、まともに歩けなくなったのだ。目にも生気がないし、水も食べ物も受けつけないし、これはヤバイなと一目でわかる状態だった。

さっそくかかりつけの獣医さんに電話して、時間外だったが診察してもらった。血液検査やエコーや、必要な検査は一通りしたが、これという疾患は何も見つからなかった。とりあえず痛み止めと気付け代わりにステロイドを注射してもらってその日は家に戻り、夜中にはほんの少しご飯も食べたのだが、それも朝にはぜんぶ吐いてしまった。月曜日の午前中はまだ良かったが、薬が切れる午後になるとまたもや病状が悪化して、痛みが酷くて眠ることさえできない。部屋をうろうろしているかと思うと、シッコをするために腰を屈めると力がなくてその場に座りこんでしまって自分で立ちあがることすらできない有り様。

ぜったい、ぜったいマズイ感じ(T_T) これは、本気でほんとうにお迎えが来たかも(滝涙)

管理人が溺愛していたディーが、とっとと虹の橋を渡っていってしまったのは4年前の同じころだった。あの時も、ワールドカップの実況を見ながら、ディーの看病をしていたのだ。どう考えても手遅れとしか思えない病を抱え、必死に寿命を延ばそうとする飼い主の目の前でジーコジャパンが負けていくのを見ていた。

またもやワールドカップのときに愛犬にお別れだけは、勘弁して欲しい(T_T)

そんな状態だったので、夕方に、もう一度姫を医者に連れて行った。すでに姫は自力で歩くこともできないので、20kgのデカ犬を抱え、車に乗り込む管理人。

万が一命拾いしても、コイツを介護する生活じゃ、飼い主の腰のほうが保たないかも(-。-) ぼそっ 真剣に、頭の中で、先日購入した台車に犬用ドライブボックスをくくりつけて犬用車椅子を作る方法を考えた。

けっきょく昨日もこれという診断は下せなかったが、ひとつの可能性は見えてきた。姫は現在ヒート中で、苦しみだした日曜日は排卵日の始めにあたることから、そのせいで激しい腹痛がきているという可能性があった。人間で言えば酷い生理痛ってところか。だが、痛感が人間とはちがう犬が歩けなくなるほどの生理痛って!?

じっさい、もし人間ならば失神してしまうぐらいの激しい痛みがきていたようなのだ。犬は我慢強いからね。もしかすると数日前から痛かったのかもしれないが、平気な顔をしているせいで、うっかり者の飼い主はそんなことには気づかなかった。

もし生理痛なら排卵が終われば治まるはずだが、あまりに痛みが酷そうなので、昨日は鎮痛剤と抗生剤の点滴をしてもらった。またもや抱きかかえて帰ってきた姫を部屋に降ろすと、姫は完全に立てなくなっていた。腰はもう立たないが、前脚も、力なくすぐに折れてしまうのだ。鎮痛剤のせいで身体に力が入らないというのはわかっていたが、このまま、呼吸が止まって死んでしまうのではないかと、心配で心配で、姫と同じくらい身体にガタが来ている飼い主のほうが、心痛のあまり寝込んでしまいそうだった。

何しろ、日曜日の昼過ぎから一度も姫の歌声を聞いていない。相当痛いらしく、ときどきうなり声はあげるものの、いつもの、あの高らかな絶叫はさすがにでない。おまけに、食欲もまったく出ないようで、他の2頭に目の前で餌をやっていても、姫は顔を上げもしない。日曜日に食べた分はすべて吐いてしまっていたので、ほぼ48時間何も食べていないにもかかわらず、口元に持っていった大好物の缶詰フードにも一切口をつけようとしない。

ダメ! こんなの姫ちゃんじゃない! 声高らかに叫ばないなんて! 目の前にある食べ物を吸い込まないなんて、やっぱりこれでお別れなのかも(滝涙)

だから、管理人は祈るような気持ちでカメルーン戦を見つめていたのだ。ぜったいに勝てないと言われていたカメルーンに勝てば、姫も病を乗り越えられる気がした。ゆえにテレビの前で派手に応援を繰りひろげたのだ。絶叫するたびに、隣で寝ていた姫に迷惑そうな目で見られながら……



=======そして翌朝========



岡田ジャパンの勝利に酔いながら、今朝、最高の気分で目を覚ますと、姫の病状もすっかり好転していた。目の輝きも戻ったし、いつものようにトコトコと普通に部屋の中を歩きまわっている。

管理人がトイレに行くと、いつもより声は小さいが部屋で絶叫する姫の声が……

♪オマエェェェェ~、姫を置いてどこ行っちゃったのぉぉぉぉぉ~♪

アイツ、復活しやがった(-。-) ぼそっ

オバサンの2日ぶりの絶叫を聞きつけて、妹も慌てて2階から駆けおりてきた。

「いま、オバサン歌わなかった? 叫んだよね?」

ええ、叫びましたわ。まだお腹が空いてるから声が小さいけど、でもあの声は完全復活(^_^)v

その後、48時間振りに缶詰フードを前に差しだしたところ、まちがいなく復活したことが実証された。ずっと絶食したあとなので少しずつ食べさせようと、お上品にスプーンフィードする飼い主の手を押しのけて、奴は缶詰に鼻を突っ込もうとしたのだ。

いやになるほど、完全復活(-。-) ぼそっ

昨晩の鎮痛剤は完全に切れているはずだが、普通にしていられるということは、おそらく排卵期が終わり、酷い腹痛は治まったのだろう。抗生剤も投与したので、体内に腫れがあったとしたら、その部分もとりあえずは治まった。たぶん、今回の騒ぎの最大の原因は酷すぎる生理痛だったのだと思うのだ。ただ、毎回ヒートのたびにこんな状態を繰りかえすわけにはいかないし、じつは他にもちょっと気になる点があるので、かなりの確率で開腹手術をしなければならない可能性がある。その辺りは、今後獣医さんと相談しながら決めていかねばならないし、頭の痛い問題だが、カメルーン戦勝利の勢いでこのまま全部巧くいくような気がしているお気楽脳天気な飼い主なのだ。

だいたい、姫はもともと運がものすごく強い犬だからね。強運を持っていなければ、罠に捕まることもなく、偶然保護活動をしている人に拾われて、なおかつ、どう考えても里親を見つけるのは難しいという悪条件を抱えながら半年足らずで新しい飼い主が見つかるはずもない。

すっかり元気百倍になって、「どきなさいよ、デブ! 邪魔よ、チキン!」と同居犬たちを突きとばして入り口の最前列に飛びだしてくる姫を見ながら、コイツ、まだまだ長生きしそうだなと嬉しいため息をつく管理人なのである。

DSCF4140.jpg
姫、チョーお腹空いてるんだけど……
ご飯はまだ? 早くくれないと、歌うわよ!

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ウワッ!それはそれは心配でしたね。
犬にも生理痛があるんですか・・・
でも回復して本当によかったです。
日本代表勝利はそんなとこにも効き目があったとは、ワンダフォー!
無理して(?)応援記事を書いた甲斐がありました。
うちも深夜まで騒ぐ飼い主に、すっかり迷惑顔してましたよ。
さすがに朝まで静かに寝てくれたので、よかったですが。(普段は夜中に吠えて騒ぐことがあるので)

犬にも生理痛があるの!?
知らなかった。
でも生理痛のひどい私には、気持ちが分かるわー。姫ちゃん、辛かったよね。

・・・にしても、姫ちゃんのその症状、飼い主的には、真っ青だよね。

元気に食欲盛り返して、よかったよかった・・・よね?(-_^)-☆パチッ

★★mi-goroさま江★★
人間で言えば生理痛ってだけで、たぶんメカニズムはビミョーにちがうとは思うんですが。犬のヒートと人間の生理はちょっとちがうし。ただ、わかりやすいから獣医さんは、そう説明しただけだと思う。まあ、排卵日に子宮が痛いってところは一緒みたいだけど。

鋭いね。そう、すっかり気落ちしていたのに、無理して気分を奮い立たせていたのですよ。思考がマイナス方向にいっちゃうと、良からぬことをあれこれ考えてしまって疲れるから。

ともかく、岡田ジャパンも勝って、姫も復活して、めでたし、めでたし。めでたくないのは、臨時出費という名の医療費のお支払い(T_T)

★★ゆかさま江★★
先生(♂)は「生理痛なら命には関わらないですから」ってわりとフツーの顔して言っていたんだが、あの苦しさは男子にはわからんぞ! と思った。ましてやあの姫が腰くだけるほどの激痛って……想像しただけで管理人、目眩がしたもの。

お宅のひな姫さまと一緒で、一時BUNの数値が異常に下がっちゃっててね。ふだんは20前後あるのが10を切ってた。ヒートの影響かもしれないからこれだけでは結論は出せないと言われたが、悪い想像ばかりしちゃったわよ。

まっ、ひなちゃんも無事復活して元気そうだし、うちの姫さまも……おかげさまで、嫌になるほど完全復活(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。