スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実なんて……

最近は、お店経営ゲームにはまっている。

前にも登場した例の同級生に「面白いから、やってみな」と言われて始めたら、すっかり虜になったのである。同時に始めたもう1人の同級生も一緒にドツボにはまっていて、いまや我々の会話の99%はゲームの話で成り立っている。

良いのかこんなことで、働き盛りの46歳?

だが、この国を担うはずの中年男女の最大の関心事は、普天間問題でも口蹄疫騒ぎでもなく、いかにしてステキな家具を取りそろえて、店の人気を上げるかということなのだ。管理人はともかく、他の2人はいちおう親もやっているので、「ゲームなんかやってないで、勉強しなさい!」って子どもに言わねばならない立場だと思うんだが(-。-) ぼそっ

ちなみにこのゲームがめちゃくちゃ面白いのは、どうやら競い合う仲間がいるせいらしい。もう1人、友だちもなく独り寂しくゲームをやってる奴に言わせると、確かに面白いが、そこまでハマルほどじゃないのだそうだ。

「だいたい、どうやったら100点なんてすごい数字が出せるわけ? オレなんか、必死でやっても30点台が良いとこよ」

「ふふふふ……高得点獲得の秘密を知りたいかい? 聞いて驚くなよ!」

「なんだよ、早く教えろ!」

「3時間じっと画面を見つめて、プログラムのパターンを読んだのじゃ」

「アルゴリズム解析したってこと?」

「そっ。アルゴリズムがわかれば、高得点を出すパターンが読める(←鼻高々)」

「暇人(-。-) ぼそっ」

なんとでも言うが良い。何を言われようと、先に高得点をとったものが勝ちなのだから。

んでもって、同級生と30年ぶりに再会して盛り上がっているという話をしたら、別の友だちから「それって今やってるドラマと同じシチュエーションじゃん!?」と言われた。

へえ? そんなドラマやってんだ。管理人はテレビなんてほとんど観ないから、知らなかったぜ。

ドラマのタイトルは、そのものズバリ「同級生」なのだそうだ。んでもって「ラブ・アゲイン症候群」なるサブタイトルがついてるだけあって30年ぶりに再会したもと同級生が不倫しちゃってりんりんみたいな話らしいのだが……

昔からわりとよくあるパターンのストーリー展開だが、じっさい自分がその歳になってみると、作り物の嘘くささに( ̄‥ ̄)=3 フンって気分になってしまう。そりゃね、管理人がもし黒木瞳なら、そりゃ30年ぶりに再会したもと同級生とラブアゲインだったかもしれんがね。だが、黒木瞳とはほど遠かった中学生はただのオバサンにしかならないし、高橋克典とは似ても似つかなかった中学生は、単なるオッサンにしかならんのだ。

そして30年ぶりに再会したオッサンとオバサンはなぜかゲームにはまっている(-。-) ぼそっ

でもこの再会は、ちがう意味でのアゲインなのだ。なぜなら、30年前も管理人たちは、やっぱり勝負の世界に生きていたから。

管理人たちのクラスはとっても変わったクラスで(学年の問題児の巣窟とも呼ばれていた)中3にもなると、ふつうは男女とも色気づいてきて、怪しい空気が流れたり、異性とはあまり口をきかないなんてクラスがざらだった中で、なぜかうちのクラスだけは男女が異常に仲良しだった。たぶん、みんなものすごく子どもだったのだと思うのだが、うちのクラスだけの流行がやたらとあって、何かが流行ると男女問わず、全員がそれに夢中になったものだ。とくに盛り上がったのが相撲消しゴムの対決で、まっ、要は紙相撲を相撲消しゴムでやってただけなんだが、なぜか、これが異常に流行った。

一時、クラスの全員がポケットに必ずマイ相撲取りを忍ばせていて、休み時間になると、これをとりだして、あちらこちらで取り組みが行われていた。いかにマイ相撲取りを強くするかに、男女を問わず、クラスの全員が夢中になっていた。

ちなみに、こんな馬鹿な遊びが流行っていたのは、もちろんうちのクラスだけで、しまいには職員会議で問題になって、担任が大恥をかいたというオチまでついた。その後流行ったのはチョロQの競争だ。これまたクラス全員がマイチョロQを持っていて、車に色を塗ったり、ラメをつけたり、せっせとチューンナップをしていたものだ。

だから、バトルアゲイン。ある意味この再会後の成り行きは、30年前にその動機づけがすでにされていたものなのである。

作り物世界は、じっさいそれを知らない人が見るとけっこう騙されるものなのだ。だがリアルにその状況を生きていると、じっさいドラマみたいなことはまず起こらないとすぐわかる。

たとえばとてもオシャレなペット雑誌や、テレビ番組に騙されて、ペットと暮らす癒し系ライフなんてものに憧れてしまう人々も、きっと同じようなもんなんだろうね。ああいう「ペットを飼いましょう」系マスコミには、ウンPを拾っている光景なんて、ぜったいに映っていないから。

最近、同僚がとつぜん犬を飼いたくなっちゃったらしい。んでもってこの前昼休みにその話になったのだが、犬を飼いたくなったきっかけというのが、たまたま雑誌に載っていたペット飼いに関する記事だったのだそうだ。

「それがね、真っ白いラグを敷いた部屋で、白いソファに黒い犬と座っている写真だったんだけど、それって、撮影用の部屋……だよね?」

「とーぜん。黒犬を飼ってて白いラグに白いソファは自殺行為」

「だと思ったのよね。ステキーって一瞬思ったんだけど、管理人さんの話とあまりに違いすぎるから、ちょっと待てよって思った」

「感心、感心。Good Girl。よく気づいたね」

毎日しつこくリアルなペット飼いの実体を話しておいて良かったぜ。だが、そういう予備知識を持たない人は、きっとあの作り物ペット飼い生活を真に受けて、ペットを買いに走っていってしまうにちがいない。

ドラマを観て、同級生とのラブアゲインを夢見ている程度なら害はないが、ステキなインテリアの一部みたいな犬や猫に憧れてペットを買っちゃう人がいるのは被害甚大だと管理人は思うのだ。少なくとも買われたペットにとってはね。被害は甚大だ。

ゆえに、ステキなペットをフィーチャーした番組、雑誌、ブログなどすべてのメディアでは、今後、必ず写真の一部にウンPもしくは吐瀉物が映っていなければいけないという法律でも作って欲しいなとリアルなペット飼いは思うのだがね。

いのちつないだワンニャン写真コンテスト

きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : 犬猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

またまた偶然。私も今日mixi日記にドラマの話を書いたところ。
新総理の話じゃなくて、設定が無理すぎて恋愛ドラマについていけない話。(同級生じゃなくてその次にやってるドラマ)
大学時代の同窓生と最近はmixiやtwitterで旧交を温めているんだけど、ダンナに「ネットで近況を知るぐらいでよかったね。実際に会ったらそれほど楽しくないぞ」と言われたところ。v-15
やっぱり、言ってることややることって変わらないですね。

同僚の方、すばらしい。よくぞだまされなかったわ。
そんな風に洗脳(?)した管理人殿も、すばらしい。
本当の実態を知らないで犬を飼って、「サプラーイズ!」で喜ぶ人ならいいけど、大半は愕然だものね。

で、外に放り出されるか、センターに放り出されるか、その辺に放り出されるか・・・。

私は連ドラを見る習慣が、昔からないから、今回のも見ていないんだけれど、たまにつけたら、映るっていうときに、ちょこっとみた感じでは、ありがちなストーリー、昼メロのちょっとおしゃれ版・・・そんな感じ。

現実にありえないことはないんだろうけど、あんなに美しくないわね・・・

いいねいいね マイ相撲人形に マイチョロQ。
バトルアゲインでドラマ作れないかな?白熱もの 笑

昔、美しく小物を飾りたくった部屋の写真にあこがれた。同じようにしてみたら、埃の山になった・・・・
だから、今はもう飾りたくらない。

そして、猫と同居する現在。部屋着はいつでも穴があいたTシャツだ。何かがあると必ず肩のり猫になるチョビに、何枚服を駄目にされたか。
これが、現実だった 笑

★★mi-goroさま江★★
30ぐらいのときに会ったときは、けこう見栄の張り合いとかあってちょっと疲れちゃったけど、この歳になると学生時代の友だちに会うのって、楽だし楽しいっすよ。さすがに、みんなたいていのことは笑い飛ばせるくらいの大人になったせいかな。爺さん婆さんになると、同窓会が頻繁になる理由がわかった気がする。

じつは昨日もまた、同級生たちに会ったのですが、みんな老眼進んでるから、メニューの細かい字が見えないって大騒ぎで、おまけに耳も悪くなってるから、妙な聞き違い連発で……

管理人たちを主役にドラマやったら、ギャグドラマにしかならんなと改めて実感。で、ラブアゲインの話になったとき、同級生の1人が苦々しげにこう言った。

「黒木瞳だって、ぜったいふだんは老眼鏡かけてるわよ( ̄‥ ̄)=3 フン」

そうそう、現実なんてそんなもの。

★★ゆかさま江★★
黒木瞳張りにべっぴんさんだった同級生なら、あり得るかもしれんがね……現実にはゲームにはまって、たまに会ってバカっぱなしをするぐらいが関の山……でしょうな。でも、それが妙に楽しい明るい中年グループなのだ。

同僚は、とっても賢明な子なので、衝動に駆られた直後にちゃんと自分でググって色々情報を集めたのだそうですよ。で、お留守番をさせる時間が長いから、うちでは子犬は無理だって自ら結論を出していた。

「だって、うちと同じような生活環境で子犬買っちゃって、ものすご~く困ってるって書きこみだらけだったんだもん!」

世の中、こういう人ばかりなら良いんだがね。そうでないから、いつ里に常時犬猫が1000匹状態になっちまう(-。-) ぼそっ

★★つむぎちゃん江★★
『同級生』~バトルアゲイン症候群~のドラマなら、ちがう客層にはめちゃくちゃウケルと管理人は思う。1時間、思いっきり笑いたい人にはお薦め(爆) ちなみに、また二人新たな同級生をゲームの世界に引きずり込んだ。ふふふふふ……これで店が拡張できる(^_^)v

管理人も若い頃は、お部屋に小物なんかを飾ったわぁ~(遠い目)インテリア雑誌見て、これステキ!って憧れて。今は部屋中のものにラップかぶせたいと思ふ。床は毛の掃除がしやすいのが一番。壁は汚れが目立たないのが一番。服は、汚れても泣かないで済む値段のものが一番。

これがペット飼いの現実(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。