スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪を憎んで人を憎まず

数日前の「姫さま、お誕生日の宴」で骨付き肉を振る舞ったところ、食べ慣れないものを喰ったせいで、一斉にうちの奴らのウンが緩くなった(-_-)

やっぱり年寄りになると脂っこいものは消化不良の原因になるらしい。すっかり老犬になってしまったうちのコたちの内臓の衰えに、気分がブルーな管理人だ。

次回からは、さっぱり系の会席料理でも振る舞うべきか?

DSCF3970.jpg
そんなの嫌! 姫はぜったい肉が好き!

で、消化不良でお腹をこわしたぐらいなら、まあ1日2日で治るので、それほど騒ぐことではないのだが、問題は緩くなったウンをお尻の毛につけて歩きまわる奴がいる……という点である。

DSCF3757.jpg
コイツの、このお尻のフサフサの毛が問題なのだ

柔らかいウンがこの毛に絡みついてとても汚い。そのお尻で、座ったりしたら……Oh My Goooood!

きょうも散歩で、ポセはしっかり尻毛にウンをつけて帰ってきた。さて、これをどーすべしか? 一番てっとり早いのは、散歩から帰ったその足で風呂場に連れ込み、一気に足とお尻を洗ってしまうことなのだが、何しろポセは濡れるのが何より苦手で、ただでさえ雨の日の散歩ではすごく気分が落ち込んでいるのだ。それに加えて、大嫌いな風呂場に連れ込んだりしたら……

「お風呂場」のコマンドで自主的に風呂場に行かせるのはしょせん無理だと判断し、玄関のドアを入った直後に、そのままリードで引きずって風呂場に一気に連れて行った。

奴が床に座りこむ前にね。

被害を最小限に留めるためには、これが最良の策だと管理人は思った。

念のため言っておくが、ビビリの犬に嫌がることをやらせる際に、これはまちがったやり方である。正しくは、ポセをちゃんと説得して、自ら風呂場に入るようにしなければいけない。そうしないと、ますます風呂場が嫌いになる。

んなこたぁ~わかってるんだが、ウンだらけになった玄関をあとで掃除することを思うと……ね。それに、ポセが自ら風呂場に入ろうと思うまで説得するとなると、ゆうに3時間はかかると思うし。

というわけで、強制的に風呂場に連れて行かれ、シャワーで尻に水をかけられたポセさんは、とうぜんのことながら真っ暗な気分になり、その後お出しした朝ご飯には口もつけない有り様(-_-)

とことん繊細なポン吉は、嫌なことがあって、気分が落ち込むと何も喉を通らない。

DSCF3423.jpg
何もいりません。ぼっぼく……ショックで……

ちなみに日曜日はいつものことながら寝坊するので、すでにこの時点でポセは腹ぺこだったはずなのだ。じっさい、お腹がグーグー鳴っているにもかかわらず、一向に食べようとしないポセ夫くん(^_^;)

餌を睨みつけて、頑として食べるのを拒否しているポセの周りを、ハゲタカのように回る黒い犬と、食堂のなかから、お残しの予感に虎視眈々と目を光らせるオバサン犬の熱い視線に耐えながらも、けっきょくポセは餌に口をつけなかった。

DSCF3373.jpg
それ、残すんなら、カイちゃんにください

うちに来た最初の1週間に戻ったような気分だった。あの頃、ポセはほんとうにご飯をぜんぜん食べなかったんだよねぇ~。我が家に来てずいぶんと時間が経って、がさつな飼い主のがさつなやり方には、ずいぶん慣れて逞しくなったと思っていたが、やっぱりポセはポセのままだ。

ビビリのコにも、じつは色んなタイプがある。ポセのような野良のコに一番多いのは、人は駄目だけど犬は大丈夫ってタイプだと管理人は思う。保護犬でビビリですというコの大半は、たいていの犬とは仲良くつきあっていけるが、人を見ると警戒するというコばかりだ。そういう点でポセは、ちょっと変わったタイプだと思う。人にも、ある程度はビビるが、ポセが一番苦手なのは、なぜか同類である犬なのだ。

ポセの目から見ると、風呂場に無理やり引っ張り込んだ管理人は、怖いことをする嫌な人に見えるはずだ。にもかかわらず、その後、いつものように管理人が床でゴロゴロしていたら、ポセはまっ先に飛んできて、いつものようにお腹を見せた。

嫌なことはされても、飼い主のことは心の底から信頼している。野良の母親から生まれて、幼少期を野良犬として放浪して過ごした犬にとって、ここまで人に心を許すというのは、ある意味すごいことなのかもしれない。

犬を見ていると、どんな人に飼われていたか、それがよくわかるのだ。飼い主は、自分に都合が悪いことは嘘を言う場合もあるけれど、犬の表情や態度は正直だ。

ポセを見ていると、ほんとうに愛情を注がれて、本気で可愛がられていたコだとよくわかる。たとえ嫌なことをされたとしても、やっぱり飼い主のことを無条件に信じている。人と共に生きることを選択した犬という動物の本能を、ポセもちゃんと受け継いでいる。それがあるから、一杯の愛情を注いでくれる飼い主に巡り会えれば、どんな犬でも家庭犬になれる。

雨が止まないきょうの曇り空のように、お尻を洗われたポセの心も、今はすっかり灰色だ。でも、お腹はしっかり空いているはずだから、きっと夕飯はペロッと残さず食べるだろう。繊細で優しい飼い主に飼われていた犬にとって、いきなりがさつでワイルドな飼い主の家に来るのは楽なことではなかったはずだが……でも、その程度でめげるんじゃないよ、ポセ。その程度のことでいちいちトラヌマになってたら、この野生の王国では生き残ってはいけない。

でも、今夜は特別に、ポセの大好きな鶏肉を振る舞ってやろうかね。

神経質で恐がりで、繊細なガラスのような心を持つ犬と暮らすのも、けっこう大変なものなのである。

DSCF3433.jpg
姫のこと?

いや、アンタの神経は鋼鉄のワイヤー並に太いから(-。-) ぼそっ

いのちつないだワンニャン写真コンテスト


きょうもヨロシク!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ポセ、ファイト!

うちのハナの尻毛によくウンPからまりますよ。
だから肛門の周りはバリカンで刈ってしまいます。
尻尾の飾り毛にウンPが付いて取れないときは汚れた毛を切ってしまいます。
だいじょーぶ、また毛は伸びるから。

ポセはよく、お尻の飾り毛の下のほうにウンを筋状につけてくるんだよね(ため息)。腰を落としてするから、下に落ちたウンについちゃうみたい。

やっぱり、うちも尻毛切っちゃおうかなぁ~でも、ポセの場合、顔の周りの飾り毛は、一度切ったら二度と生えてこなかったのだ(-_-) 雑種は、そういうところがあるからさ、怖くて、まだ決心がつかない(-。-) ぼそっ

ということは、もしかすると尻毛を切ったら、ずっとはげ??

究極(でもないけど)の選択だね~

つむぎは切るけど!(きっぱり)

ん~切っちゃっても良いんだけどさぁ~。自分の毛は、手入れが楽だからというだけの理由で、なんの躊躇もなく高木ブーカットにするんだがね、愛犬の美容にはとことん気を使っている管理人だもんで(笑)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。