スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チキンライス

きょうの夕飯は、チキン・ライス・ドリアである。

毎日チキン・ライス・ドリアと連発しているうちに、すご~く、すご~く食べたくなってしまったからだ。ちなみに今夜のお夕食当番は管理人。現在、チキンライスは電子ジャーがせっせと作ってくれているので、あとはベシャメルソースを作ればいいだけなのだが……

面倒くせぇ(-。-) ぼそっ

訂正。きょうのお夕飯はチキン・ライス……である。炊きあがったら、チキン・ライスの状態で食べちゃおうっと♪

我が家の次男ポン助を、チキンと呼ぶと元飼い主はムッとする。「チキンなんて呼ばれて、ポセが可哀想だ! 酷すぎる(T_T)」

「チキンな奴を、チキンと呼んでなにが悪い?」と管理人は言い返す。チキンであることは、ポセという犬の初期設定だし、たぶん最大の欠点……なのだろうが、致命的な欠点だろうが、直しようのない欠陥だろうが、それをすべてひっくるめてうちのコをうちのコとして丸ごと受け入れる。それが、管理人の犬飼い流儀だからね。それを言ったら、デブもオバサンも決して誉め言葉ではないところがミソである。

でも、うちのコはデブとオバサンとチキンで良いのだ。それは奴らの個性だから。デブは、健康被害に繋がるほどデブが進行しない程度に、体重管理をきちっとする。歌手のオバサンはあまり好き勝手に歌わないように、ほどよく吠え声をコントロールして、オバサン特有の自分勝手な行動もなるべく慎むよう指導する。同じようにチキンも怖がりすぎてパニックを起こすことがないよう、少しずつでも色んな新しいことに慣れさせてやる。

チキンはチキンであるという欠点をまず認めたあとでないと、それを欠点から個性に変える作業はできないと管理人は思う。

チキンなポセを、ふつうの犬だと言い張ることはできる。じっさい、なにも新しい体験をさせず、いつも同じ散歩道を往復するだけの生活をしていれば、確かにポセはふつうの犬に見える。いつもの散歩コースだけならば、ふつうの犬のように歩けるし、飼い主もそのほうが確かに楽なのだ。でも、それじゃポセは一生チキンのままで終わってしまう。

ポセに新しい体験をさせるのは、はっきり言って大変だ。それでも、管理人は犬友の協力を得て、ポセを人の家に連れて行く。そこに来ている全員に「すみません、コイツ、チキンなんで唸りますし、フリーにするとヤバイので、居ても居ないと思って無視しといてくんさい。ご迷惑かけますm(_ _)m」と頭を下げる。

ポセが来てから、うちに犬友を呼ぶのも大変だ。ポセは自分のハウス内に他人が入ってきただけで、脅威を感じて、とたんにアグレッシブになってしまう。他人の家では唸るだけだが、うちのなかでは相手に攻撃することもやぶさかではない。ゆえにポセが安心できるハウスを家のなかに作ってやって、ポセはその中から客の様子を覗くだけになる。自分たちが来たせいでポセがハウスに入れられるのを見て、とうぜん犬友は悪いことをしている気分になる。ツチノコ兄弟や姫のように、どんな犬でもふつうに受け入れられるコたちばかりの家より、犬友にとって我が家は敷居が高くなってしまう。

それでもやっぱり、せっせと訪ねてきて欲しいのだ。そうすることで、ポセは次第に見知らぬ人や犬に「会う」という状況に慣れていく。

色んなことに「慣れる」ことで、ポセはたぶん変わっていく。散歩のときに会った他の犬に対しての反応も、この半年くらいでずいぶん変わった。5mくらいの距離をとれれば、ちゃんとお座りしてやり過ごせるようになったし、その状態なら、怯えながらも喜んで大好きなおやつを食べられるようになった。あとは、この距離を少しずつでも縮めていけばいい。

ビビリのトレーニングとは、けっきょくそういうものなのだ。とにかく慣らして、慣らして、慣らしまくる。

いま管理人が読んでいる本は、ネットに関わるミステリーだ。実社会でいじめられっ子で、友だちができない少年が、ネットゲームの世界ではヒーローで、まったく別の人格を作りあげるのに成功する。そこで連続殺人事件が起こるのだが、果たして犯人はオンラインとリアルの世界の区別がつかなくなった少年なのか? ってな話なのだが……

実生活が辛すぎてネットの世界に逃避する人は多い。ネット上ではまったく別人格になれると信じる人も多いからだ。じっさい別人格を演じてる奴も多い世界だし、さらっと流すだけなら、確かにまったくちがう自分になれると錯覚する世界である。

だがね、長年ブログなんてやってる管理人はつくづく思うのだよ。けっきょくのところ、ちょっとした一言や小さな態度の片隅にリアルな自分がでてきてしまう。サイトの向こうに、その人のリアルな世界での人柄って奴が見え隠れする。

明るい振りしたチキンな人間は、やっぱりチキンだなと判るのだ。逆にチキンであることを隠して別人格を演じたとしても、そこから得られるものって何だろうと思うのだ。一時の幻想? 思いこみ? それはけっきょく逃避でしかない。

チキンな犬はチキンの犬で良いのだと、管理人は思うのだ。チキンだけどチキンなりに他の犬とそこそこ巧くつきあえて、怯えながらも新しい場所や状況をそれなりに楽しめて、本犬にそれほどストレスがかからない状態で生きていければそれで良い。チキンはとても臆病で恐がりの性格だと認めたうえで、びっくりさせないように、過度なストレスがかからないように、巧くコントロールしていけばそれで良い。

最初から、自分とはまったくちがうものにはなれるわけがないのだよ。犬も人間も……

あっ、お釜さんが、チキン・ライスができたって騒いでる! さてと、じゃあお夕飯にしますかね。家庭的なことがとことん苦手な管理人が、ベシャメルソースを巧く、焦がさずに作れるわけがないんだから、せっかくのチキン・ライスは、美味しいチキン・ライスのままで楽しもう。

欠点もなにも全部ひっくるめて、それを全部認めた上で、身の丈にあった幸せを楽しむことが、けっきょく一番なのだよ。犬も人間も……

DSCF3716.jpg
いつも眉間に力が入っているのは、
チキン坊やの初期設定

いのちつないだワンニャン写真コンテスト


きょうもポチッとよろしく!→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ふむ・・・面白そうだ。なんて本??

電子レンジで作れるホワイトソースもありますよ~♪(バターを混ぜて、なんちゃってベシャメルソースってことで)

あ、食べたくなっちゃったからホワイトソースでエビグラタンでも作ろっかなv-10

★★つむぎちゃん江★★
おもしろかったよ。ただ、まだ日本語にはなってない(^_^;) その前の本がまだ翻訳版出てないから……日本で出るのは来年だね。出版されたのに気づいたら(←おいおい)お知らせするわぁ~

★★Pさま江★★
もちろん、管理人が作ろうと思っていたのは、はなから電子レンジでチンのホワイトソースですよ! 鍋のなかに材料入れて、時間かけてベシャメルソース作ろうなんて発想すらない(-。-) ぼそっ それでも、面倒くさくて作らないのよね。

お鍋1個でグラタン作れる……みたいな箱入りのインスタントの買って来ようかな。でも、あまり美味しくないんだよね。誰も作ってくれないから……仕方ない、ファミレスに食べに行くか(-_-)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。