スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけという名の暴力

最近やたらと、親に虐待されて子どもが死亡……てなニュースを目にするような気がする。

近ごろそういう事件が多いのか、それとも社会がそういうことに敏感になってきたせいなのか、いずれにせよ子どもが、親やそれに準ずる同居している大人に暴力を振るわれて亡くなるなんて事件は見ていてほんとうに腹が立つ。たいてい、犯人である大人は「しつけのため」と称して自分の暴力行為を正当化するが、しつけという言葉の意味が、ほんとうにわかっているのだろうか?

管理人は二足歩行動物は育てたことがないが、3歳児ぐらいの知能はあると言われている四つ脚は何頭も育てている。しつけはちゃんとしてるよ。四つ脚だけど、四つ脚なりに、ちゃんと社会に受け入れられるよう、世間様にご迷惑をおかけしないよう、最低限のルールは守るように教えている。殴ったり蹴ったりは、決してしないけどね。でも、うちの四つ脚はちゃんと飼い主の言うことを聞く。

我が家は基本、褒めて躾ける陽性強化がモットーだが、むろんしつけの一環として犬を叱ることはある。叱るのは良いのだ。というより、時には叱らねばならないのだが、犬に対して怒ってはいけない。これは動物と関わるさいに、管理人が常に自分に言い聞かせていることだ。相手が犬だろうが二足歩行の子どもだろうが、叱るという行為は相手のためにやることだ。そこには常に冷静な判断が伴う。それに対して怒るというのは、こちら側の感情だ。冷静さを失って怒っても、それはしつけでもなんでもない。単なる八つ当たりなのだよ。怒りという感情をやり返せない弱い相手にぶつけているだけだ。

その違いが判らない愚か者は、しつけと称して子どもや動物を虐待する。

子どもを虐待するような大人は「子どもが言うことを聞かなかった」からしつけをしたと言い張るが、子どもを言いつけに従わせる努力を、アンタしたかい? と管理人は尋ねたい。犬だって、ダメダメばかりで育てたら、良いコには決して育たないのだよ。逆に良いことをしたら誉められるということを先に教え込めば、たいがいは飼いやすい良いコに成長する。ノーを連発して、あれもやるな、これもやるなと禁止すれば、飼い主の目を盗んで、ぜったいに禁止されたことをやろうとするコができる。だが、これをやると誉められるということを最初に教えておけば、誉めて欲しいから飼い主の前でそれをやってみせる良いコができる。

日本人の多くは、叱ることがしつけだと思っているが、ほんとうはそうではないと管理人は思うのだ。ほんとうのしつけとは、良い点を誉めてやって、こうすることが正しいのだということをまず教えてやって、それに外れたことをしたときだけ、叱ることだと思うのだよ。

管理人は犬を殴ったり蹴ったりしないし、怒鳴ることさえほとんどない。じゃあ、どうやって叱るかというと犬を睨みつけるのだ。無言で、無表情でじっと目を見る。もしくは犬を捨ててその場を立ち去る。その存在を完全に無視する。どれも、うちのコたちには有効な叱り方だ。そうされただけで、自分が悪いことをしたのだと犬は悟る。なぜなら、悪いことをしていないときは管理人がいつも笑顔でかまってくれて、優しい声で話しかけてくれて、そばにいてくれることを彼らは知っているからだ。

良いことをしたときは褒められる。じゃあ、良いこととは何なのか、それを先に教えないで、悪いことをしたときだけ怒って殴りつけるのはしつけではないのだよ。良い行いと悪い行い、両方のオプションを前に並べて、どちらをすれば誉められるか、叱られるか選べと言ったら、犬だってちゃんと褒められるほうの選択肢を選ぶ。畜生だってわかることは、二足歩行の子どもにもちゃんとわかると思うのだが?

殴ったり蹴ったりしなくてもね。褒美をまず与えておけば、それが出ないだけで十分な罰になる。

だいたい、子どもが言うことを聞かなかったとか思い通りの行動をとらなかったといって怒る時点でどうかしている。生き物なんて自分の思い通りにはならないものなのだよ。たとえそれが、自分の血を分けた子どもであっても、100%言うことを聞く良い子なんて気持ち悪くて管理人は嫌だね。ダメだということをわざとやる。いまだけは止めて、というときに限って何かやらかす。小動物なんて、しょせんそんなもんだ。それがいつしか、アチャーと思うことをやらなくなって、一丁前の大人になるから育て甲斐があるんじゃん? 管理人なんて、ちょっと難あり、問題行動山積み、みたいな犬のほうがワクワクしちゃうけどね。だって、最悪の状況で我が家に来たら、それ以上悪くなりようもないわけだし。将来は良くなる方向しか見えないわけじゃん? ものは考えようなのだよ。

それなのに、ちょっとしたことにカッとして、子どもを殴ったり蹴ったり、ましてや冷蔵庫に閉じこめたり、オーブンに入れたりしちゃう大人ってどうなんだろうか? しつけが必要なのはテメエのほうだろうと言いたくなる。人として、やって良いことと悪いことの区別もつかないんだから。

弱い者いじめはしちゃいけないって、就学前に親から教えられることじゃない?

子どもを虐待して死なせたなんて親の話を聞くたびに、ぜったいにこういう輩は不妊去勢手術をすべきだなと管理人は思うのだ。身体だけいっぱしの大人で、なのに精神的には大人になりきれない。すぐに冷静さを失って手を挙げるのは、気にくわないことがあると暴れて泣きわめく子どもと同じ行動パターンだ。

こういうことを言っちゃうと、人権がどうのって言われるんだろうが、自分を守る術も持たない子どもの人権を踏みにじってる連中の人権なんて糞食らえだ。

これ以上不幸な子を増やさないために、子どもにしつけと称して暴力を振るうような禄でもない大人には、不妊去勢手術を義務づけましょう……いや、ホント(-。-) ぼそっ

きょうもポチッとよろしくねぇ~→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

なんだかこのところ、両極端な親が多くない?
叱らないで褒めっぱなしとか、
褒めることしないで怒るだけ、とか。
もちろん2本足4本足共通でね。

子供が小さい頃って理想像を追っちゃうのよ。
うちの子供はこうあるべき、とか
こんなはずはない、とかね。
それが救いようのないバカ親にかかると
虐待とかになるのかなぁ。
バカだけならまだしも、未熟な子供。
いや、子供といったら子供に失礼だね。

子供も動物も飼い主は選べないからね、責任はとても重いのです。

親っつうか大人に余裕がないんだろうね。よい時代ではないからさ。だからって、弱いものにあたっちゃいかんよね。

理想の子ども像を追い求めちゃうのは、犬飼ったばかりの人と同じだね。管理人の友だちなんか、子どもがなんかやらかすたびに言ってるわ。アタシの子どもだから、これでも上出来って。アンタ以上のろくでなしにはならんから、心配するな……が管理人のお決まりの慰め言葉だし(笑)

時代が良くないせいかな、親としては、子どもには、いまの自分より良い一生をとか思っちゃうのかもしれない。それでいきり立って子どもを追いつめて、結果的には不幸にしてるのかな。でも子どもなんてしょせんはさ、色々やらかす生き物なのだよ。それに色々やらかすのはせいぜい十数年のあいだだけだし。その間だけ、預かりボラ生活を楽しみゃ良いじゃんって感じ。大人に必要なのは、余裕よ、余裕。余裕で笑い飛ばすのが大人のほんとうのカッコ良さ(^_^)v
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。