スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域密着型生活

昼近くに、のんべんだらりと犬たちを連れて散歩をしていたところ、車で道に迷っていたオバサンに話しかけられた。

「この辺に○○さんって家、ありませんか?」

聞いたことのない名前だったので、知らないと答えるとオバサンはとっても困った顔でこういった。

「おかしいわね。ぜったいこの辺りのはずなんだけど……」

ふつう、「○○さんのお宅知りませんか」「知りません」で話は終わるはずなのだ。だが、オバサンは知らないと答えても許してはくれなかった。

「ぜったいこの辺だと思うのよ。来たらわかるって思ったんだけど」

「住所とかわからないんですか?」

「わからないのよ。でも来ればわかるって思っていたから」

「どういううちか、とか何か他にわかることはないんですか?」

「養鶏場やっているんだけど……」

このオバサン、何年前の話をしとるんじゃい!?

犬猫屋敷の周辺は腐っても東京23区である。たしかにいまだに無人野菜販売所があるし、そこここに畑が残っていたりするが、養鶏場があったのはさすがに四半世紀ほど前の話である。バブル以降土地の値段が高騰したせいで、この辺りでも農家はたいてい土地を売って、いまは小ぎれいなマンションや建て売り住宅に変わっている。おそらく道を歩いている人のほとんどは、高級住宅地の名前に騙されてもとの畑に建ったおしゃれな建て売り住宅に引っ越してきた人ばかりだ。このあたりに養鶏所があったことを知っている人などほとんどいないはずなのだ。

「農家で鶏飼ってたのは、もう20年以上前の話ですけど」

「そうそう、それくらい前なのよ」

25年前の記憶をたよりに、行けばわかると信じている時点で、恐ろしくいい根性をしたオバサンである。少なくともこの10年ほどで、この辺りの景色は一変している。20年以上経てば、家も建て替えるということをこのオバサンは知らないのだろうか?

たまたま一軒、近所で昔鶏を飼っていた農家がいまも残っているのを思いだし、とりあえずその場所を教えると、オバサンは、ようやく許してくれた。それが探していた○○さんの家だったかどうかは知らないが、あそこまで曖昧な情報をもとに探している以上、これで見つかればめっけもんといったところだろう。

道に迷ったときに犬連れの人に道を訊くというのは、管理人もよく使う手だ。犬を連れて歩きまわっているということは、地元民である確率が高いし、何より犬飼いというのは、毎日愛犬を伴って無駄に近所を徘徊しているせいでやたらと地元のことに詳しいのだ。住所や名前は知らないことも多いのだが、家の形や色や庭の感じなどはたいてい頭の中に入っている。ついでにゴールデンを飼っている家などの追加情報をもらえれば、管理人なら我が家の近所、半径1km圏内の家ならばたいていそこを言いあてることができる。

ツチノコ兄弟をひきとる前、DUKEが死んでから犬なしだった10年ほどのあいだ、管理人は自分の家の近所のことにまったくもって疎かった。朝会社に行って、夜遅く帰ってくるような暮らしをしていると、家はただ寝に帰るだけの場所になってしまう。子どもも犬もいなければ、休みの日にも近所を歩きまわることなどないし、近所に誰が住んでいるかまったく知らない状態で暮らしていたものだ。

だが、犬を飼うようになってからそんな生活が一変した。ツチノコ兄弟が人間大好き、ちょっとでも目が合うと撫でておくれと積極的に近づいていく愛想のいい犬だったこともあって、犬を飼っている人だけに限らず近所に知りあいがたくさんできた。

犬を飼うと飼い主の生活も変わる。まったく予想していなかった人間関係が広がるのもまた、犬を飼う楽しみのひとつかもしれない。

RIMG1031.JPG
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

こんばんわ、管理人様。いつも楽しく拝見させて頂いてます。
私もこの間車の人に道を聞かれました。引っ越してきて三年目ですが、ダヴィンチの散歩で裏道に詳しくなりつつある最近です。犬地図重要ですよね。まだまだ製作中ですが。
ところで、突然ですが管理人様作の新ゲームのリリース予定はないのでしょうか?うちの子ども達が前作のファンでして、しかし壊れたパソコンにデータが入ったままで、未だ取り出せず、出来ないのです。あのゲーム、ファンも多かったのではないかと思うのですが・・。

ダヴィンチ母さま、こんばんわ! いつもご愛顧ありがとうございますm(_ _)m

犬を飼ってるとやたらと裏道やら公園に詳しくなりますよね。不動産屋か、アンタはと自分につっこみ入れたくなるほど新築の物件とか、どこの土地が売りに出てるとか知っている自分が怖い(^_^;) 犬と一緒だと自然と地域密着型生活になるのは誰でも同じですよね!

まあ嬉しい、あんなヘボゲームをおもしろかったといってもらえるなんて(^o^)

いちおうあれはディーが主役だったので、ディーの葬式直後にメモリアルゲームでも作ろうかとやってみたのですが、ちょっとあの時点では無理だった(T_T) でもそのうちまた続編を作ってみますね。あんな単純なゲームでもけっこう時間はかかるんで、ちょこちょこ暇を見つけてそのうち。

とりあえず1作目だけですが、ここで地味にいまでも公開中↓
http://www.geocities.jp/inunekoyashiki/game_menu.htm
よろしかったらお持ち帰りくださいマシ♪

あーっ、公開してたんですね!
一応探したつもりだったんですが、全然見逃してました。どうもありがとうございます。実は子どもよりも私が大ファンです!前回も家事をさぼって速攻クリアしました。
続編!!いつまででも待ってますのでどうかよろしくお願いします。
管理人さんの吠え声?の方もためになります。こちらも大ファンです。今後ともよろしくお願いします。

ようやく仕事が片づいたので、いきなりツクール(ゲームを作るソフト)を引っ張り出してこようかと思っている管理人(^_^;)

すでに企画はできつつあるが(←ほんとうに仕事してたんでしょうか?)形になるまでに、とんでもなく時間がかかるんですよ(ため息)

でも、頑張る! 吠える合間に、せっせと作って、来年中には仕上げて公開したい!
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。