スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑種を人気犬種にする方法

管理人と越後屋は馬鹿っ話友である。おそらく、他の良識ある常識人の皆さんに聞かれたら、思いっきり軽蔑されそうなお馬鹿話を延々続けて笑い転げていることも多い。で、きのうの議題は「なぜ雑種のもらい手が少ないか」ということだった。成犬と並んで、雑種というのは里親募集市場のなかで、いまひとつ人気がない。純血種だと成犬でもそこそこもらい手はつくのだが、雑種というだけで問い合わせが1件もないなんてこともじつは珍しくないのである。

オリジナリティーという点から言ったら、雑種ほど珍しい犬はいないわけだし、遺伝性の病気を持っている可能性も比較的低く、そのうえ元々日本の風土に合った個体が多いので、丈夫で長生きなコが多いのだが、なぜか現代は雑種不遇の時代なのだ。

「やっぱあれだわね。雑種の良さを一般ピープルはわかってないね」

「もっともっと雑種の良さを世間にアピールしないといかんな」

ちなみに、積極的な雑種愛好家を自認する管理人だが、越後屋に言わせると管理人などは中途半端にMixを飼っているエセ雑種愛好家になるらしい。

「雑種って言ったら、おまえ、うちのポセみたいなコテコテのド雑種じゃないとダメッしょ」

「うちのコたちだってみんな雑種だもん。純血種じゃないんだから雑種だい!」

「でもディーとカイは親の犬種がちゃんとわかってる一代Mixだろうが」

「そーだけど……」

「誕生日もちゃんとわかってるだろうが」

「だって、生まれた家から直接もらったんだもん」

「バリバリの雑種っていうのは、いつ生まれたのかもよくわからなくて、何がどう混じっているか見当もつかないような奴のことを言うのよ」

「そこまで厳しくせんでも……」

「いや、雑種にこだわるならそこまで極めんとな。ついでに言えば、うちのポセは体型も雑種のスタンダードそのものだし」

「雑種にスタンダードなんかあるんかい!?」

「犬は自然に交配を続けていくと、15kg前後の大きさに落ちつくのだよ。だからポセは雑種のスタンダードなわけだな」

どっからそんな訳のわからない豆知識を仕入れてきたのやら。ともかく、越後屋に言わせるとポセのようなコテコテのド雑種こそ、今後大切に保存していかなくてはならない貴重種であって、そんじょそこらのペットショップで買えるような純血種よりはずっと価値が高いということになるのである。

だが、雑種愛好家がここまで雑種を愛しているにもかかわらず、一般的には雑種はタダ、純血種は有料、だから純血種のほうが良い犬というような誤解がはびこっているような気がする。昔から純血種が有償で取引されているのは、もともとブリーディングが貴族の高尚な趣味だった時代の名残であって、交配や育成にかかる費用を犬の値段として転嫁しているだけで、犬ほんらいの価値に差があるわけではないのだが、どうやら一般的には誤解している人が多いように思うのだ。

そのうえ、最近は雑種をMixなどと言い換える輩も多い。雑種というと何か安っぽい感じがするけどMixならOKみたいな感じがして、管理人はMixという言葉はあまり好きではないのだよ。便所というと臭くてトイレならば上品なのかというのと一緒で、ちゃんと日本語にある言葉をわざわざ言い換える必要もないだろう、と管理人などは思うのだ。

だが、Mixと雑種というのはどうやら語感がちがうようなのだ。うちのコたちのように珍しい犬を連れていると(雑種なんだから珍しくてとうぜんだ)「それなんですか?」と非常によく声をかけられるのだが、そこで胸を張って「雑種です!」と答えると、たいていの人は、まるで悪いことを訊いてしまったとでもいうような表情をして「あら、でもかわいいですね」とかもそもそ言いながらその場からそそくさと逃げだしてしまうのだ。これが「Mixです」と言えばわりとスムーズに話が進むのが、何か妙な気がするのだ。

べつに雑種であることは悪いことでも何でもない。管理人などはわざわざ雑種を探して飼っているのだから。8年前、管理人が会社を辞めて、犬を飼おうと決めたとき、ペットショップに行かなかった最大の理由は、現代のペットショップでは雑種を売っていないからだったのだ。金さえ払えばいまはたいていの純血種は手に入る時代だ。だが、雑種、それも管理人のお眼鏡にかなう、スタンダードから外れた20kg以上の大型雑種となると、見つけだすのは、じつは至難の業なのだよ。

それほど苦労して手に入れたデカ犬雑種を、胸を張って見せびらかして何が悪い!

で、ともかく、世間一般には、雑種は価値のないものと思っている人が非常に多い。その理由をつらつら考えてみると、一般的にマスコミを通して紹介される犬の多くが、純血種だからではないかという気がして仕方がない。たとえば、動物番組で「スーパードッグ」として紹介される犬はたいていボーダーコリーやラブやシェパードと相場が決まっている。管理人言わせれば、プロのトレーナーならボーダーやラブやシェパのような訓練性能の高い犬にあの程度のことをやらせるくらい当たり前だろうが、と思うのだが、一般大衆はあれを見て、やっぱりああいう純血種は頭がいいのだ、と大勘違いをしてしまうのだ。

「何だね、積極的雑種愛好家としては、ここはひとつ、うちらんとこの雑種にバチッと芸を仕込んで、雑種のすばらしさを世間一般にアピールするしかないな」

「そりゃ良い考えだ。アンタ、ポセでアジ(アジリティー競技)の世界チャンピオン狙いなさいよ」

「何で、オレが!? だいたいポセはビビリだから無理」

「ビビリだってアジはできるだろうが。ずっとハンドラーと一緒にやる競技なんだから。父ちゃんと一緒なら、ポセは何だってできるようになったじゃん」

「そうだけど……」

「ポセはまだ若いんだから、いまから死ぬ気でやれば5歳ぐらいまでには良い線いくよ。それでチャンピオンになった暁には、インタビューにこう答えるのさ『ポセは野山を駆け回っていた野犬の子孫ですから、温室育ちの純血種とは足腰の造りがちがいます』。そしたら、アンタ、アジ目ざしている犬飼いが、目の色変えて雑種をもらいに来るようになるよ~」

「なんで、オレばっかり頑張らなきゃならんのだ。だったら、おまえも姫で何かの競技やってみろ」

「姫ちゃんはもうお歳だからねぇ~いまからアジは無理があるわ。あれってベイト禁止でしょう? ついでに飼い主のほうも足腰弱ってるから。息子の運動会で走ったり踊ったりできるかたとはちがうから。ほら、ちょっと走ると脚つるし……」

「だったらおまえ姫と一緒にフリースタイルやれ!」

「フリースタイル?!」

K9フリースタイルとは、日本ではまだあまり知られていない競技だが、要は飼い主と犬が音楽に合わせて踊る犬と飼い主のダンス競技みたいなものである(詳しいことが知りたいかたはこちらを)。

「そうそう、フリースタイルならベイト使って良いはずだから、いまからでも姫にやらせられるぞ!」

「ベイトOKなの? だったら絶対無理ではないかも……」

「両手に骨付き鶏のもも肉持って、派手な衣装着て舞え!」

「で、スピン成功したら、もも肉少し囓らせたりすんの?」

「そうそう、1曲踊り終わったら、手には骨だけが残ってんの(爆笑)」

「そうとうおもしろい絵になると思うが……」

「ぜったい応援に行ってやる。そんなおもしろいもの見のがすほうはないからな」

けっきょく、フリースタイルの競技規定をよくよく読むと、やっぱりベイトは禁止なので、この話は夢物語で終わったのだが、ともかく何かの競技で世界チャンピオンにならないまでも、雑種を引き連れてあれこれやる人が多くなれば、きっと雑種の価値も見直されるんだろうな、と管理人は思うのだ。雑種だって純血種だってもとは同じ犬なのだから、飼い主の腕次第でどんなことでもやらせられる。それをうちは雑種だし、この程度でいいかと飼い主のほうが諦めてしまうから、もしかすると雑種はダメみたいな風潮ができてしまったのかもしれない。

そう思うと、我が愛犬たちを見て、ぜひ雑種を飼ってみたいという人を増やすためにここは一発雑種の広告塔を作らねばいかんのだな、とせっせせっせとお稽古に励む管理人なのだ。

RIMG0938.JPG
関連記事

テーマ : ■MIX犬■
ジャンル : ペット

Comment

ご無沙汰いたしております、管理人さん。越後屋の若女将でございます。いつも主人共々お世話になっております。ありがとうございます。ところで。ポセは、一代限り、唯一無二の一頭ということで、私が勝手に血統の名前をつけました。ジャパニーズ・ポンテールって言うんです。どうでしょう?雑種には特定のブリーダーなんていないんですから、皆勝手に血統の名前をつけちゃうっていうのは?

ポセがジャパニーズ・ポンテールなら、さしずめうちのおふたりは、ゴールデン・ジャイアント・バセットとヒュージ・ファニーフェイス・ビーグルってところですかね。

言い張ればこっちのものってことか!?

こんにちは 雑種最高です ひめ様とポセ君の2ショットもかわいい
また読んで嬉しくなっちゃった!若女将の記事も。昨日も外車の後部座席から「(アリサ)この子は何?」聞かれて胸を張って「野犬の群れから来た雑種です」といったら、それで終わりました(笑)管理人シャンの真似して、うちのはシェッター・ジャポネ(柴・セター・シェパード・ビーグル・グレイハウンド・大笑) 
コートダジュール(嫌味)では大勢の雑種が飼い主にヒールしてかわいがられとりました

このコは何? って訊かれたら、胸を張って勝手な犬種を主張しましょう。で「珍しいですね」っていわれたら「雑種だから」って言い返す(^o^)

ちなみに日本では珍しいといわれるツチノコ兄弟ですが、フランス、ベルギー辺りに行くと、ああいう顔した雑種が街中にいるのですよ。コートダジュールあたりでは、きっとふつうの犬なんだろうなぁ~
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。