スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫ちゃんとの蜜月旅行記~その2~

久しぶりの旅行ではしゃぎまくる二足歩行の中年女たちに対して、四つ脚のほうは、実にクールなものだった。

比較的若いサクラっちは、数ヶ月ぶりに再会した管理人に舞いあがって、それなりに嬉しそうにはしていたが、うちのお嬢さんは、出かける前から、なぜか思いきり不機嫌顔。

20100119a
ソファのうえで黄昏中

デブとチキンの群の仲間が一緒に行かないという時点で、姫的にはおそらくとても不安だったのだ。

我が家に来てすでに5年。またよその家にやられるという恐怖は、すっかり消え去ったと思っていたのに……

むろん、必要以上に姫の不安を煽ったのは、盛大すぎる家族の見送りだった。家人にしてみればとくに悪気はなかったのだ。ただ、絶叫マシンを置いて行かれるのでは? という恐怖が去って妙に浮かれていただけなのだが。それでも……

「姫ちゃん、元気でいってらっしゃ~い!」

さすがに万歳三唱まではしなかったが、家族総出の派手な見送りに姫の不安は確信に変わった。

「そういえば、アタシの食堂がなくなったと思ったら(←朝は時間がないので、前の日にすでにクレートは解体して、車に積み込んであった)、こんなところに乗ってるし、きっと姫、よその家にやられるんだわ(涙)」

そしてトドメは、安さに負けて管理人が衝動買いしたおニューのドライブボックスである。なんのことない、犬を入れて、シートベルトで固定するための単なる箱で、ふだん後部座席に乗っている姫にとってはこれといって違いはないかなとその中に入れ、ついている紐に首輪を固定したところ、姫さんパニックしまくって、暴れて騒いでついには紐が首に絡まって瀕死の状態(^_^;)

そういえば、箱に「最初は室内で馴らしてから車に乗せましょう」って書いてあったっけ(-。-) ぼそっ

取説をまったく無視してテキトーにやるせいで、けっきょく道具を巧く使えないのは管理人のいつものパターンである。

仕方なく、門を出て数十メートルのところで一旦停止し、車を開けて、姫を箱から出す管理人。嗚呼、こんなことじゃ先が思いやられる(。_ _)

20100119b
笑顔なし

はなさく家には、前にも来たことがあるので、目的地がそこだと思いこんだ姫ちゃんは、一瞬リラックスしたものの、自分の食堂が見知らぬ車に積み込まれ、その後、その車に乗せられ最終目的地に向かってスタートしたとたん、またもや不安がこみ上げてきたらしい。ふだんなら、窓の外を見ながらドライブを楽しむのに、不機嫌そうな顔をしてじっと前の座席を見つめている。

具体的には、管理人の動きを一瞬たりとも逃さぬように見つめていたのだ。もし、管理人が姫を捨てて逃げだそうとしたならば絶叫しながら追いすがろうと心に決めていたのだろう。

管理人としては、ぜんぜん、そんなつもりはないんだけどね(-。-) ぼそっ ただ、姫ちゃんと2頭っきりのバケーションを楽しみたかっただけなんだけど……

ただ、そんなことは犬にはわからない。おまけに、偶然とはいえ、今回行った目的地は、姫が保護された場所のすぐ近く。5年前の景色の記憶が犬にあるとは思わないが、すぐそばに山があって、人通りもまばらで……みたいな光景は、もしかしたら姫の中で独り暮らしの不安な記憶と共に残っているのかもしれない。もしかすると、姫は絶叫癖のせいで、市街地の家で持て余されてこういう山のなかに連れてこられて捨てられたのかもしれない。だとしたら、仲間と引き離されて1頭だけで車に乗せられた時点で、不安になるのも無理はない。

でもね、姫ちゃん、アンタを山のなかに棄てに行く人が、高いクレートまで一緒に持ってはいかんだろう? お着替えセットに、お気に入りのおもちゃに、大好きなおやつと餌とトッピングまで持っている時点で、んなことはありえない。

だが、姫にとって群の仲間と離れて管理人と2頭きりの旅行は、これが生まれて初めての体験で、無事、またあの我が家に帰れるかどうかなどわかるわけはないのだ。姫が、ある程度不安を感じパニックを起こすことは予想していた。だが、多少のストレスをかけても、こうして一度旅に出てみて、その後、無事にまた家に帰れるという体験を積ませない限り、姫の不安を完全に克服することはできない。だから、やらねばならぬのだよ。それに、たまには姫ちゃんと水入らずで、ねっとり過ごしてみたかったしね。

20100119c
部屋でもやっぱり黄昏中

多頭飼いだと、どうしても1頭ずつにかける時間は限られてくる。以前に比べるとずっと手がかからなくなった姫は、現在ビビリ克服訓練中の新入りの登場で、管理人にかまってもらう時間が減ってしまっている。姫はクールに見えて、実は飼い主にべったりの忠犬ハチ公タイプなので、ほんらいならば管理人をできる限り独占したいはずなのだ。以前ならばここで、ポセの存在が霞むような大騒動を引き起こして、管理人の関心を引こうとしていたと思うのだが、いまの姫はそんなことはしない。逆にふだん以上に優等生になって(じっさい、揺り戻し後は他の犬とすれ違ったときの絶叫癖も完全に消えた)完璧なお座りを披露して管理人に誉めてもらおうと頑張っている。そんな姫ちゃんだから、そのご褒美に濃密な2日間を過ごそうとわざわざ出かけてきたというのに、肝心の犬は、喜ぶどころか、ジトッとした怨みがましい目で飼い主を睨みつけている(-_-)

まったく理不尽、と思わないではないが、異種の動物との生活なんて、しょせんはそんなものなのだ。二足歩行動物が良かれと思ってしたことでも、その意図を、四つ脚が一発で理解することはめったにない。だから、わかってもらえるまで、繰りかえし、とにかく教えるのだよ。姫が、管理人と2頭で出かけるお出かけは、楽しいと認識するまで。もう二度と、捨てられることはないのだと繰りかえし何度も体験させる。

管理人が浮き浮きしているのと同じように、姫も、ドッグランに着いたら思いきり楽しんでくれれば良いのだが……

明日につづく……

せっせと旅行記更新中。1日1回ポチッとよろしく→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。