スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビリですけど、それが何か?

我が家にビビリの次男が来たせいか、最近ビビリのワンコが目につく。

たとえば、この人んちにいるこのチビさん

アト1
預かり母曰くパタリロ少年隊の東くん♪

現在、せっせと社会化トレーニングの真っ最中。そろそろ歯が抜けたって言ってたから、4ヶ月前後でしょうな。嬉しくなるくらいのド雑種なんで、果たして成犬になったらどんな大きさになるか、どんな容貌になるか、まったく未知の世界だけど、たぶん10kg前後の中型犬……になるんだろうなというのが管理人の予測。立ち耳で、短毛で、キリッとしたカッコイイ系の和風イケメンに成長しそうな気がする。

アト2
ボーロに釣られて社会化トレーニング中

実はこのワンコ、千葉のセンターに居るときから管理人の目に留まっていたのだよ。きょうだいで身を寄せ合ってビビッている子犬の写真をここで見かけて、ありゃま、こりゃかなりのビビリだし譲渡会に出てもなかなか決まらないんじゃないかなぁ~とちょっと心配していたのだ。

譲渡会みたいな場では、やはり誰にでも笑顔を振りまけるフレンドリーなコのほうが人気が高い。なにしろ、一発勝負の合コンだからね。その場で自分の魅力をアピールできない奴はあぶれてしまう宿命なのだ。

弾丸のように喋りまくって、さんざん笑いをとって場を盛り上げる管理人より、最後になって「いやぁ~ん、酔っちゃったぁ~」とか言って男にしなだれかかる女のほうがたいがい男にモテルというのと同じ理論ね。

世の中、理不尽なものなのだε-( ̄ヘ ̄)

だが、理不尽なら理不尽なりに、ちゃんと神さまは全員にチャンスを与えてくれるのだよ。ちょっとビビリのワンコは、一発勝負の譲渡会より、個人宅に逗留して、日々の日記で魅力をアピールしてもらったほうが個体の良さがよくわかる。捨てる神あれば拾う神ありとは良く言ったもので、それを知っている人たちが、ちゃんとこのきょうだいを引きだした。

アト3
多頭飼い宅で、揉まれてます

かなりのビビリという触れ込みで、じっさい、困った顔が初期設定だからこりゃかなり大変かなとも思ったが、意外なほどあっさり食い気に負けた(^_^;) この辺りは、やはり子犬の良いところだ。人間もそうだが、若ければ若いほど柔軟性はある。人間が怖いという意識はたぶん常に持っているので、ツチノコ兄弟のように誰にでも物怖じしないで近づいていく脳天気な犬にはならないが、警戒心が多少あるふつうの和犬として成長していくことになるだろう。

いつもビビリと言っているが、実はうちのポン助もビビリとしてはレベルが低い(←?)。ポセが、前の飼い主宅にもらわれてきたのも、ちょうどこのコぐらいの月齢だった。新しい家で、ポセはとにかく有り余るぐらいの愛情を注がれた。そのお陰で、ポセはいまでも初対面の人には警戒心を抱くが、しばらくして、コイツは平気だと確信すれば、節操がないほど相手に甘えるダランとした犬に成長した。なにしろ、うちに遊びに来た友人に平気でへそ天するようなコなのだよ。奴は、新しいおもちゃが怖い、見慣れない場所は怖いというのと同じレベルで、見たことない人が怖いと思っているだけで、人間全般に不信感を抱いているわけではないのだ。

根本的に人に不信感を抱いている犬と、最初はビビッても、基本的に人が好きな犬はまったく別物だ。

最初は多少頑なでも、安全だと思ったとたんに飼い主に素直に甘えられる程度のビビリなら、かえって飼い主命の忠犬になって、飼い主としては、一度飼ったら二度と手放せないどうしようもなく可愛いパートナーになるものだ。

いわゆる社会化期を過ぎても、警戒心の強いコは、引きつづき色んなものに慣れさせるトレーニングは続けていかねばならないし、そういう点では手がかかると思われるかもしれないが、こういうコは、多少の悪さはしても子犬時代の悪戯は、世の中を嘗め腐っているツチノコ兄弟のような爆発的な破壊力はない。だから、ある意味飼いやすいコではあるのだ。ただ、嫌がるからやらせないという姿勢を飼い主がとってしまうと、残念ながらどんどん臆病になっていく。

ちなみにこのコ、名前はアトと言うのだよ。

なぜアトかというと、きょうだいのうち、後から引きだされたコだから(^_^;) 後がいるということは、とうぜん、先に引きだされた方のコがいるわけで、そのコはいまここにいる。こちらの名前はサキ

おいおい(^_^;)

サキ1
ちゃんとお座りして、イイコ!

アトよりサキのほうがちょっと色白かな? でも毛色の出方なんかがそっくりで、警戒心が強いところも良く似ている。ついでに言えば食い物であっさり陥落したところも、慣れると甘ったれな点もそっくりだ。別々の場所で生活しているから、今後色んな個性が出てくるだろうが、やっぱりきょうだい犬は良く似ている。

サキちゃん、アトくんのこのビビリきょうだいが、今後どんな風に成長していくのか? どちらが先に終の棲家を見つけるのか? ビビリが実はツボというそこのあなた、ビビリに萌えるというあなた、今後も要チェックですぞ!

いい気になって参加ランキングを増やしてみた(-。-) ぼそっ
ポチッと御協力よろしゅうにm(_ _)m→ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ MIX大型犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ありがとーありがとーありがとー。
アトの記事がこんなに面白くなっているなんて!感謝、平身低頭だわ~。
さすが、合コンで笑いをしっかりとるオンナね(笑)

サキちゃんがしっかりお座りできているのに、アトは・・・アトは・・
やっぱりここもアトだわ。
まだお座りすらできん・・ってか、教えてない。
私を見ると、飛び跳ねる、飛び跳ねる、腰ふりダンスでフラダンス。
お座りするなんて、穏やかなこと、やってらんねーっていうのが実態(苦笑)

きっと終の棲家を見つけるのも、アトだわぁ~。

どいたまして。皆さんが、一斉に宣伝してたのにはちと乗り遅れたが、時差攻撃でご紹介するのも悪くないかな……と。

アトくん、日々成長していく様子が日記読むとよくわかるしね。たぶん、多頭飼いで揉まれて、一時飼い主にたくさん愛情注がれたアト、サキ両名とも拍子抜けするほどふつうのワンコになって無事巣立っていくことでしょう。4ヶ月前後であのノリなら、なにも心配ナッシングね。

いまは洋犬種が多いから、ツチノコ兄弟みたいに異常にフレンドリーなのがスタンダードになりつつあるけど、ほんらい、日本の犬ってかなり警戒心が強いコがほとんどだったんだよね。だから、あまり気に病まず、ふつうに色んなことを体験させてくれる飼い主さんが見つかれば、彼らもフツーの可愛い家庭犬として育っていくのだ。渋めの和犬好きの人が、ちゃんと目を留めてくれますように!
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。