スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬飯

管理人は料理上手な家庭的な女……

だと、たぶんうちの犬たちは思っている。犬猫屋敷は、犬飯が美味いので評判の家だからだ。

手作り食をちゃんとするほどの時間も財力も根性もないので、我が家の食餌はドライフードが基本だが、毎日フードだけでは味気ないので、給餌量を基準の半分に抑えて、残りはその日の(飼い主の)気分で色々なおかずをつけてやる。標準は肉または魚といも類を煮たものに嵩を増やすための一品(おからや野菜のみじん切りなど)を混ぜ合わせたものだが、オートミールがでたり、納豆ご飯だったり、ヤギミルクをかけたものなど、ほんとうにその日の気分でうちの犬たちは実にさまざまなものを食べさせられる。

栄養学的にどうなのか、とかそういうことはあまり考えていない。ただ、人間もそうだが犬も基本は色んなものをバランス良く食べたほうが良いんじゃないかと勝手に管理人が思っているからだ。幸いうちの犬たちにはこの生活があっているようで、ぷりぷり元気なウンPがでるし、めったにお腹壊すこともない元気なコたちなので、これがベストだとずっと思ってきたのだが……

最近我が家にやってきたポセは、温室育ちのお坊っちゃま犬である。

ゆえに、我が家に来た当初は好き嫌いが激しかった。

20091229b
鶏とタマゴとサツマイモ以外は
みんな毒が入っている

他の犬たちと同じものを出してやっても、クンクンとしばらく臭いを嗅いで見慣れないものが入っていると、口もつけないという状態がしばらく続いた。

ビビリのポンは、とにかく初めてのものをまずはいったん拒否するのだ。その辺りは、目の前にあるものはとりあえずまず口に入れてみる姫なんかとは大違いである。

20091229a
食べてみないと、美味しいかどうかわからないじゃないの!

メニューが気に入らないと食餌を拒否すればとうぜんお腹が空く。たいていの犬は3日もすれば、諦めて出されたものを食べるようになるものだが、ポセの場合は頑固に1週間ほどは頑張り続けた。むろん、まったく食べなかったわけではないのだが……

それこそ、皿のなかから食べられそうなフードだけをポツポツ拾って食べる、みたいな気の遠くなるようなことを奴はやり続けていたのだ。

ポセが食べ終わると、飢えた野獣が、一斉にそのお残しに群がる。見る見る皿から消えていく自分の食べ残しを見ながら、おそらくポセは考えたのだろう。

「あれを食べても、オジサンもオバサンもピンピンしてるし……ということは、どうやら毒は入っていないらしい」

20091229c

そう思ったのがきっかけかどうかはわからないが、いつの間にか、ポセは元からうちにいるコたちどうよう、何を出されてもペロッと平らげる大食漢になった。最後まであまり好きではなかった野菜の刻んだものも、いまは残さずぜんぶ食べる。ベイトに使うおやつにしても、初めのころは、食べたことがないものは口もつけずに放置なんてことがざらだったが、いまは、初お目見えのおやつを見ると、うちの連中と同じように目を輝かせて、くれくれと大騒ぎするようになった。

目新しいもの、珍しいもの、見慣れないものに対して、まずは拒否するのではなく、とりあえず試してみようという発想が浮かぶようになっただけでも、実はポセのようなビビリ犬にとっては大きな成長なのだと管理人は思う。

ポセはうちに来てから1kgほど体重が増えた。太ったのではなく、全身に良い具合に筋肉がついたのだ。うちに来た当初のポセは、ヒョロヒョロとした若犬のような体型で何となく弱々しい感じがして仕方がなかったのが、いつの間に太もものあたりががっしりしてきて、ちょうど成犬に成り立ての頃の理想的な体型に戻った。毎朝自由に庭を駆けまわらせているのと、無理やり1日2回散歩に連れて行かれることで、自然と必要な筋肉が身体に戻ってきたのだろう。運動量が多いから、とうぜん腹も減る。腹が減るからよく食べる。たまにポセの様子を見に来る元飼い主が、「嘘だろ! あのポセが……」と叫ぶほど、ポセはほんとうにがつがつと一心不乱によく食べるようになった。

20091229d

食欲が出てきたお陰で、ベイトも効くようになった。つまりポセの場合は食べるということがきっかけで、好循環に乗ってくれたのだ。

6歳になってまったく新しい環境に放りこまれた成犬だって、その環境でなんとか生き残っていくために逞しく成長していく。だから、犬は変わるのだよ。何歳になっても、おそらく人間よりずっとその辺りの柔軟性はある動物だ。

最初は拒否し続けていた納豆ご飯がいつの間にか大好物になったポセを見ていると、犬というのは実に逞しい動物なのだと思わずにはいられない。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。