スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猟犬魂

散歩の前に、いつものように犬たちを庭に出して、奴らが出したお宝を管理人がせっせと拾い集めていたところ、どこからともなく、姫の猟犬モードの絶叫が聞こえてきた。

長年、奴らと一緒に暮らしていると、なぜ吠えているのか声の調子でわかるようになる。姫のように、年がら年中意味もなくワオワオ吠えているように聞こえる犬でも、実は無駄吠えをすることはぜったいにないのだ。

犬は、必ず理由があって吠えている。

散歩に行けるから、すごく嬉しくて「みんなぁ~、行くわよぉ~」と吠えているときと、管理人の姿が見えなくなって「どこに行っちゃったのぉ~哀号~」と吠えているときの声はまったく違う。

ご飯を用意するカチャカチャという食器の音が聞こえてきて「ご近所の皆さ~ん、うちはこれから夕飯よぉぉ~」と叫んでいる声と、我が家に遊びに来た礼儀知らずの若造に「アンタ、そういうことやって良いと思ってるわけ?」と注意しているときの声は、まったく別の声に聞こえるのだ。

ゆえに「うちの犬は無駄吠えばかりする馬鹿犬だ」というのは間違った言い方だ。

わたしは自分の飼っている犬が何を言いたいかもわからない、救いようのない馬鹿飼い主です」と言うのが正解である。

確かに姫の絶叫が、無駄にデカくてうるさいのは事実だがね(-。-) ぼそっ

荒野を走りまわって狩りをするには適していただろう異常によく通る声も、狭い日本の、それも極端に人が密集して暮らしている都会では単なる無駄吠えの多いうるさい犬と呼ばれてしまう。

で、それはともかく、庭をフラフラ歩いているときに(やつらが、勝手に獲物に見立てている)猫を発見して大騒ぎするのはいつものことだ。ただ、きょうの姫の絶叫はどこか違った。

なんというか、ふつうより音量が極端に小さいというか、くぐもったような声に聞こえたのだ。

ゆえに、管理人は気になって絶叫の元にようすを見に行った。すると、家の裏手にある物置の下から、姫の下半身だけが生えていた(^_^;)

声がくぐもって聞こえるのもとうぜんだ、奴は猫を追って物置の下に入りこみ、そのなかで大絶叫を繰りかえしていたのである。物置の下にはブロックが置いてあり、なかのものが湿気ないよう高床式になっている。猫ならばちょうど入りこめるぐらいの隙間が空いているのだ。おそらく、姫に見つかって追い回された近所の野良猫が、必死になって物置の下に避難したにちがいない。姫もそれを追って頭から物置の下に入りこんだが、さすがにお尻がつっかえてそれ以上は進めなかった。そこで、興奮して大騒ぎしていたのだ。

うちのコたちには首輪の他に、迷子札と狂犬病の予防接種済みの札をネックレス状態で常に身につけさせているのだが、1年経ってもカイの札はきれいなままなのにもかかわらず、姫のものは毎年、半年も経たないうちに折れ曲がったりぐちゃぐちゃになったりする理由はなぜか、物置の下から生えている三毛の尻を見て初めてわかった。

狩りに夢中になると、後先考えずにどこにでも突っ込んでいくからそうなるわけね(-。-) ぼそっ

だいたい、そこまで必死になって猫を追いかけるのはけっこうだが、じっさい捕まえちゃったらどうするつもりなのか? ほんとうにお腹が空けば、そりゃ犬だってそれが猫でも捕った獲物を食べるとは思うが、ふだんドライフードと火の通った魚や肉のを常食にしているような柔な家庭犬が、他の動物を殺して食べるなんてことはありえない。狩りをして、捕った獲物を食べるなんて行為は、野生動物がすることで、ふつうに家で飼われているペットにとっては、はい?って感じの異次元の生物の行動なのだと管理人は思う。

じっさい、姫のような野良をやっていた犬だって、まず食べ物と認識するのは人間が食べ残したコンビニ弁当や、袋の残ったポテチのカスだからね。散歩の途中で、鳥やネズミなどの死骸を見つけても、姫はぜったいにそれを食べようとはしないもの。

食べるという究極の目的がなくても、それでも姫やカイのようなハウンド種の犬は、動くものを本能的に追いかける。狩りの獲物に見立てた猫や鳥を追いまわし、追いつめ、興奮のあまり喜びの雄叫びを上げる。

DNAにしっかりと書きこまれた猟犬魂は、生きるためにそんな行為がまったく必要なくなった今でも、やっぱり脈々と受け継がれていくものなのだ。
20090902a
まつげちゃんを獲物に見立てて、ベッドの下を捜索中
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

管理人様に、一度コトコトの絶叫を聞いてほしいわ。

姫とたぶん似たDNAが刻まれているっぽいわぁ。
狩猟という部分ではなくて「吠える」という部分において。

家の中ではあまり吠えないのに、一歩室外に出たとたん、雄たけび。
庭に出た瞬間に天に向かって口をすぼめて遠吠え。
まさに狼の遠吠え風。
周りに何かがいる、誰かがいるということは関係なし。
ゆえに、威嚇とか警戒吠えとは考えづらい。

「あたち、コトーーー!!!これから散歩ーーーー」
だろうと思うけれど、あんまり吠え声に大きな違いがあるようには思えないのよねぇ・・・・

っていう、違いが分からないバカな飼い主がここに(爆)

No title

コトちゃんの場合も同じかねぇ? 姫は、興奮して吠えだすと、吠えてる自分の声にもっと興奮して止まらなくなるのよね。それが、実は大問題なの。そのうち、本犬もなんで吠えてたのかわなくなってる(^_^;)

興奮すると喋るまくる(それも大声で!)って個体差だよね。カイは、基本無口なんだけど、ディーはやっぱり散歩の前に嬉しくなると吠えてたわ。ちなみに、うちではジィジもはしゃぐと人が変わったようにうるさくなる(-。-) ぼそっ
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。