スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

存在意義

ディーの追悼記事を書いていたら、3年前のあの頃のことが、ふと頭に蘇ってきた。

面倒くさい奴と関わり合いになったせいで、ごちゃごちゃになった人間関係やら何やらにすっかり嫌気がさしてサイトを閉じて、そしたらすぐにディーの病気が発覚して……

涙ながらディーを見送った直後に、このブログを再開した。比較的最近ここに遊びに来てくれるようになった人々は、どうして「帰ってきた!?」なのか? と思っていることだろう。なぜなら、かつて「犬猫屋敷の管理人日記」というものが存在したからなのだ。その頃の記事は、いまは本館のほうに収納してある。いま読み返すと間違ったことやら、妙なことがたくさん書いてある、かなり恥ずかしい日記だが、敢えて恥をさらすのは、この日記が、管理人というおマヌケ飼い主と問題犬だと思われていた一頭の保護犬の成長記録に他ならないからだ。

飼い主と相棒の犬には一緒に暮らして来た日々の歴史がちゃんと背景にある。たぶん、それを巨大なサイバースペース上で他人に公開することが、このサイトが存在している意義なのだ。

ぜんぜん格好良くない、癒し系でもない、おしゃれでもない、ごくふつうのオバサンが、ごくふつうの犬たちと暮らす平凡すぎる毎日。

犬猫屋敷の生活に憧れて犬を飼いはじめる人は、おそらく一人もいないだろう。何しろ、ここにはバラ色なはずのペットとの暮らしの現実の姿が描いてある。犬猫屋敷のメインテーマは、汚物処理と高すぎる犬猫の医療費や生活費を工面するために必死で働く飼い主の日常と、飼い主の言うことになど聞く耳持たない頑固な四つ脚に翻弄される人間の姿だけなのだから。

だが、そのリアルさが一部のディープな犬飼いにとっては、ここに足しげく通う理由になる。

犬猫屋敷ほど年中騒ぎが起こる家は、おそらくあまりないだろうが、それでも、ここに書いている管理人の日常は、動物を飼っていれば一度や二度は、ぜったいに誰にだって現実に起こるできごとばかりだ。いまや子どもより犬猫の数のほうが多いペット大国のこの国で、ペットを飼う人の8割以上は、たぶん管理人と同じ生活を営んでいる。おしゃれなホテルに犬連れで行くわけでもなく、週に一回ドッグランやドッグカフェに行くわけでもなく、犬にできる芸はせいぜいフセが良いところで、すれ違いざまに他の犬に吠えちゃうとか、拾い食いの癖が直らないという悩みを、半永久的に抱えている。だが、そんなつまらない汚物を拾うだけの日常を、人はわざわざブログに書いて公開したりはしないのだ。そのため、人の目に触れる犬飼い生活は、なぜかカッコイイ風に見えるものばかりになる。

だが、現実はぜんぜんそうではないのだよ。格好良く犬を飼ってる人のほうが、じっさいはぜったいに少ないはずだと管理人は思うのだ。

犬飼いが、もしぜったい連日更新できるブログをやろうと思ったら、毎日犬が出したブツを写メして、それを上げていけば休みなくブログは更新できる。

ちらっと見えてる赤いものは、昨晩食べたサツマイモの皮ですぅ~♪

てなコメントをつけてウンPの写真を上げるだけなら、更新できない犬飼いはいない。だが、おしゃれに犬と暮らしている人のカッコイイブログには、ウンPのかけらも見あたらない。

リアルじゃねぇな(-。-) ぼそっ

だがそれが、リアルじゃないということに気づくのは、じっさい犬を飼っている人だけだ。ゆえに人は簡単に騙される。リアルじゃない犬飼い生活にバラ色の夢を抱いて、犬を飼ってみたら、あらビックリって話になっちまうのだ。

○○ちゃんと、ドッグカフェに行きました♪

おしゃれな店で、可愛い服を着た犬と撮った笑顔の写真は載っていても、ドッグカフェに犬を連れて行く前に、吠えずに、温和しく足元に伏せをさせるための訓練に費やした数ヶ月の苦闘の模様はどこにも書かれていない。だから人は騙されるのだ。

犬を飼ったら、次の日には、ドッグカフェデビューできると信じこむ。

いったん、犬猫屋敷を閉じた時、ウザイ連中の横やりに対応するのがほとほと面倒になった。○○するのは間違ってるだとか、XXしなければならないと年中言いに来る連中から、とにかく逃れたいと思ったのだ。

うちの犬をどう飼おうが、テメエには関係ないことだろうが!?

だが、こうして復活して、またふたたびおマヌケ生活を公表することには、一定の意義はあるなと最近特に思うのだ。

ごくたまに、偶然このサイトを見つけて、読んでるうちに元気が出ました、と言ってくれる人がいる。かつての管理人と同じように犬の躾に手を焼いて、あちらこちら探してみたものの、どれもなかなか巧くいかず、めげていた時にこの日記を見つけて、読んでいたら、もう一度頑張ってみようかという気になったというのだ。

そう言ってもらえるのは、管理人にとって、じつは一番嬉しいことだ。細々とでも、犬猫屋敷を続けていて、良かったなと思うのだ。

犬が言うことを聞かなくて、問題行動が直らなくて、苛々したり、めげることは誰にだってある。妙なペットブームのこの国では

「半年までに躾をしなかったから」

「もう3歳だから、どうしようもない」

「社会化に失敗したから」

「うちの犬は○○だから、しょせん無理」

なんて飼い主の言い訳がまかり通ってしまっている。たぶん、管理人はそれに異議を唱えたいのだ。姫と二人三脚のギャグ系犬飼い生活を公開することで、諦めなければいつかはきっと高笑いできる日が来るのだと実証して見せたいと思っているのだ。

いつ、高笑いできる日が来るかは、管理人にもまだまだ未知数ではあるのだが(-。-) ぼそっ

躾に手を焼いて、言うことを聞かない犬に腹を立てて、最悪の場合は飼育放棄、そこまでいかないでも、犬に対する愛情を持てなくなって、単なる飼い殺しにはして欲しくない。どんな犬にでもぜったいに良いところはあるし、その長所を伸ばしながら、困ったところは少しずつでも直していけば犬と楽しく暮らす方法は必ずあると管理人は思う。

要は気の持ちようだったり、ちょっとした工夫だったり、少しの譲歩だったり、ものの見方を変えてみることだったり。

そのヒントを与えられるのが犬猫屋敷なのだとしたら、やっぱりこのサイトには存在意義があると信じて、今日もシコシコブログを更新する管理人なのである。

20090624a
犬を巧く飼うポイントは、おやつのグレードだと姫は思うけど
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。