スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネリックな時代

ジェネリックと呼ばれる種類の薬の話を、最近よく耳にする。要は、特許が切れたあとに出てくる別会社の製品で、開発費分が安くなるので、一般的に先発の製品よりも同じような成分でも価格が安いのが売り物だ。

人間用のジェネリック薬品については、CMがバンバン流れているので、ふ~ん、そんなもんかと思っていたが、動物用の薬品にも、むろんジェネリックは存在する。一昨年辺りからおなじみのフィラリア予防薬にもジェネリックが登場した。犬猫屋敷がいつもフィラリア予防薬を買っている獣医さんでも、ある時を境に違う形状のチュアブルの予防薬が処方されるようになったのだ。

たまたまチュアブルの場合は形がはっきり違うので、あれ、これは? と素人の管理人も気づいたのだ。んでもって色々ネットで調べてみたところ、お馴染みだったイベルメクチンのチュアブル剤のジェネリック製品が出ていることを知ったのだ。なるほどねぇ~犬の世界もジェネリックなのね(-。-) ぼそっ

犬の医療費というのは、人間のそれとは違って国の定めた基準みたいなものは一切存在しない。だから薬の価格も病院によって、驚くほどの違いがある。地域の相場、みたいなものはどうやら存在するようなのだが、同じ地域にある病院でも、必ずしも価格が一緒ではないところがミソである。

じつは、うちがいつも行っている獣医さんは、予防薬が異常に高い。フィラリア予防薬やノミ防止の薬などはなぜか相場+3割り増しぐらいの価格設定なのだ。ゆえに、我が家は昔から予防薬のみ他で調達している。いつもとても丁寧に診てくれるし、信頼できる良いお医者さまなのだが、年間の予防薬の差額だけで、ドッグドッグの費用が1回分くらいは軽く出ると思うと、やはりそういう部分はケチらずにはいられない。どこから見ても同じ薬なら、やっぱり安い値段で購入したいのが貧乏人の人情である。

獣医さんだって、もちろん商売なので生活の安定を考えれば、ある程度の利益が見込めて、なおかつ定常的な収入が見込める予防薬にそれなりの額を上乗せして売りたくなるのは、これまた人情だ。だから、そういうもんだと、管理人は思って割り切っている。基本的には安い方の獣医さんで調達するのが原則の予防薬だが、忙しくてもう一軒回る時間がない時などは、高いのを承知でいつもの獣医さんで薬を出してもらう。

要は、どっから買っても構わないが、予防薬は切らさない。これが犬飼いにとって一番大事なことなのだ。

経済危機の真っ只中のこの時代、いままでは、それほど負担にならなかったペットの予防医療費が手痛い出費に感じる人もきっと多いにちがいない。フィラリア予防薬を飲ませてもらえなくてもおそらく犬は文句を言わない。だが、予防をちゃんとしなければ病気に罹るリスクが上がる。いまはフィラリアだって治療薬がある時代だし、すぐに発見できれば、ちゃんと治すことはできるにしろ、治療には予防の何倍もの金がかかる。それを知らないで、金がないから予防を止める、これって最悪の選択だと思うのだ。

ジェネリック薬品が出ているいま、フィラリア予防薬の価格もピンからキリまで色々ある。基本的な効能は一緒でも、それぞれの製品で微妙な違いはあるようだが、あちらこちらの病院で値段を調べてみれば、それほど負担に感じない額で予防薬を買えるケースもあるだろう。たとえばネットでも、いまは予防薬が買えるのだ。それで頼むとうちのようなデカ犬の薬ですら1000円前後で手に入る(病院だと2000円~3000円が相場)。むろん、処方される薬は見慣れないジェネリックだが、フィラリア感染覚悟で、薬を一切止めてしまうよりはずっと良い。

お金がないのでフィラリア予防薬をずっと飲ませていなかった、なんて話を聞くと管理人としては哀しい気持ちになってしまう。探しまわれば安く買える方法は、けっこう見つかるものなのだ。要は飼い主がちゃんと情報収集して正しい知識を持つべきなのだと管理人は思うのだ。だが、フィラリア予防薬のジェネリックがすでに市場に出回っていることすら知らない飼い主は多くいる。

信頼できる良い獣医さんならば、こういう話も訊けばちゃんと教えてくれる。ネットで調べても、色々な情報が出てくる。そういう話を全部総合して、うちの犬たちに何を飲ませるか、それを判断するのは飼い主自身だ。何しろ犬はさ、自分で「わたしの薬、ジェネリックにできますか?」とは訊けないわけだしね。
20090517a
チュアブルはおやつの一種♪
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

デカ犬さんはフィラリアのお薬も高いのね!
うちのチビ犬用は病院で800円です。
月に一度と言われてるけど、体調不良で延期したり
おっちょこちょいの忘れんぼさんのためにグレースピリオドが
2週間はあると聞いたので、うちは毎回約1週間遅らせて
5月から12月の8か月を7個で済ませてます。
意外とせこいでしょ。(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★★みぃさま江★★
デカ犬たちの薬は確かに高いけど、グラム当たりの単価を思うと、チビ犬用のほうがもっと高い気がする。だって体重差は1/10なのに、値段は1/3?

うちの近所は蚊の多発生地域で、そのうえ今年は暖かいので4月から12月まで9ヶ月の投薬なんだそうな。オイオイ、そのうちフィラリア予防薬も通年とか言いだすんじゃないだろうなぁ? そんなことになったら貧乏人は辛すぎる! まったく個人的で身勝手な理由から、地球温暖化を阻止しなければ!

★★鍵コメさま江★★
なんとまぁ~困ったちゃんはどこにでもいるね。他人に言う前におまえはどうなの?と言いたくなる奴はどこにでもいる。まっ、石にケッつまずいたと思って、適当に距離を置くことですよ。しかし、その人本末転倒も良いところだね。まっ、実際、そういう人、けっこういるんだけど(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。