スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビビリ犬一考

世の中には、ビビリと呼ばれる犬がいる。
20090429a
ビビリ標本、我が家の隠し子ポン太くん

彼らは、決して特殊な犬ではない。だが、自分は常に誰かに命を狙われていると思いこんでいる、被害妄想系のワンコなのだ。

ビビリには、ビビリなりの良い点がある。まず第一に、奴らはめったに悪戯をしない。なぜなら、見慣れないものに対する好奇心より、常に恐怖心のほうが勝るからだ。ポン太の飼い主は、ごくふつうの犬飼い生活を夢見て、このコを引きとった。だから、将来はフライングディスクの大会に出てみようなんてことも当初は考えていたのだ。大喜びで買ってきたフリスビーを見せた時、ポン太は見慣れない物体にパニックを起こし、半日間クレートから出てこなかった(^_^;)

彼らは盗み食いもほとんどしない。なぜなら、見慣れない食べ物はすべて、毒が入っていると信じているからだ。犬用の餌やおやつをたまたま放置していれば、そりゃどんなビビリの犬でも盗み食いはするだろうが、この手の犬では、ワンコのせいで人間さまの夕食のメニューが急遽変更になるなんて悲劇は起こらないのである。ポン太の家では、初めて奴がイシイのハンバーグを盗み食いしたとき、家族全員が「よくやった、ポン太、おまえも成長したな!」と大喜びでポンを褒め称えたという。

確かに、ビビリの犬はいわゆる問題行動は少ないかもしれない。かといって、「温和しくて飼いやすい犬」かというと、それは違うと管理人は思う。彼らはふつうの犬に比べると、とても限界値が低い。ゆえに容易にパニックを起こすし、恐怖の限界値を飼い主が巧く見極められないと、人や他の犬に噛みつくという事故を起こしやすい。ゆえにビビリの犬を「温和しくて飼いやすい」から、「初めての人にも簡単に飼える犬」と言うのは、やっぱり間違いだと管理人は思うのだ。

ビビリの犬は、そんじょそこらの問題犬よりずっと扱いが難しい。なぜなら、いわゆる問題行動の矯正方法には、すでに確立されたノウハウがあるのに対し、ビビリの正しい飼い方についてのノウハウは、いまのところどこを探してもないからだ。

これにはちゃんと理由がある。

現在広く知られている「正しい犬の飼い方」というのは、ほとんどが欧米から来たものだ。元々、猟犬として犬を道具として使う文化を持った欧米のほうが、犬を扱うノウハウについてはずっと進んでいるからだ。で、その欧米ではポン太のようなビビリ犬は、犬失格の烙印を押されて殺処分の対象となる。人に容易に懐かない、警戒心の強い犬は、家庭犬には向かないという理由でシェルターで安楽死になるケースがほとんどだ。ゆえに、ビビリ犬をビビリ犬として、ビビリ犬なりに家庭犬として飼っていくノウハウなど培われるはずはないのである。

誰にでも愛想の良い、好奇心旺盛な犬というのが欧米では好まれる。言い換えれば、洋犬純血種のほとんどがこのような形に作り替えられてブリードされたものだ。それに対して日本古来の良い犬のデフォルト設定は、飼い主に忠実で、警戒心が強い犬だ。この性質が極限までいくと、いわゆるビビリ犬ができあがる。

つまり、ビビリ犬は日本の犬の、ある意味スタンダードなのである。

まっ、警戒心が強いからって必ずしもビビリになるわけじゃないんだがね。ただ、根っこの所は一緒だと管理人は思うのだよ。つまり何が言いたいかっていうと、欧米では絶対に確立できないビビリの飼い方のノウハウを、この国でちゃんと創りあげた方が良いんじゃないかなってことなのだ。

その具体的な話は明日につづく……
20090429b
困った顔は、ビビリワンコの初期設定
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

確立して・・・・

今預かっているビビリの子犬ちゃん。
まぁ、最強のビビリとまではいかないけれど、ちょいと強力なビビリちゃん。

今リハビリ中。

ビビリ矯正、もしくはビビリの飼い方、続くが楽しみです。
ぜひにっ。参考にさせていただきますっ。

だれかー、うちのかわいい預かりっこの赤い糸見つけて~

ゆかさま、大変申し上げにくいのですが、パトちゃんは、ずぅえ~んずぅえんビビリじゃございません(爆)

フツーの子犬だよ。ドッグカフェの通路に出て愛想振りまいてる時点で、フツーの犬。うちの隠し子だったら脚の間に小さくなってブルブル震えて気配を消した挙げ句、店から出たら神経性下痢ですな。パトちゃんの人間恐怖症は捕獲された時のトラウマでしょう。いずれ直るさ。ふつうの子犬って言って飼い主さんを探しましょう。あの程度なら、カイのパピーの時と同じだと思うよぉ~

うん、私も本来の気質のビビリじゃないと思う<パト

でも今人間が近寄ると、横っ飛びして逃げる、
触られるとビクッとして震える、
最初は外散歩だめ、
最初に抱っこしたら、脱糞、おもらし

という状態。
ビビリっていうより、恐怖。
まさに捕獲のトラウマだと思うのね。

それを解消するのは、時間が薬かなぁと思うけれど、何もしなかったら解消しないだろうからねぇ。
ただ、この子本来はそんなにビビリじゃないと思うのね。慣れる時間も比較的早いし。

早く普通の子犬になって、人に尻尾を振って近づいていけるようになったら、何の心配もないんだけど。

今なら、脱走の心配があって、気楽に里子に出せないわ・・・

たしかに、捕獲のトラウマ……だね。これをやっちゃうと恐怖倍増って行為(人間側のね)をちゃんと洗い出して、それをわかってくれる人にもらってもらえるのなら、きっとイケルと管理人は思うな。まだ子犬だから、薬ではなく、できれば時間が解決してくれると良いなと思う。時間をかけて、「怖くないんだ」ってことを教え込む方法ね。いまゆかさんがやってることを、そのまま引き継いでやってくれる飼い主さんが見つかると良いと思う。

まっ、環境も大事だから、多頭飼いの家のほうがパトくんには楽かもね。そういう意味では、ビビリと同じ工程を踏んでいくわけだ。時間をかけて、パトくんの抱える傷を理解して、一緒に頑張っていってくれる人。

誰か、我こそはって人、いませんかぁ?

高速1000円乗り放題になったことだし、日本全国お届けしちゃう?(笑)

最初に、ポン太じゃないよ…うちの犬…ポセイドンってちゃんとえらそうな名前なんだから。
ポン太(いかん!)ポセイドンはゆえあっって、社会化に失敗しています。
足す事に、びびりって犬種があったら、ナイスブリード!!って言われるぐらい見事なブリードです。
おかげで、なんとかしようと いろいろと勉強しましたよ。
んでだ、社会復帰 一発目のコメント。
ブログも更新せねば…

ビビリは可愛いです

先代の中のチビ犬(12キロくらい)がトラウマのビビリちゃんでした。なんせ爆竹で追い立てたんでf^_^;

17年前に牧場でバイトしてた頃、鶏舎から野良犬を追い払った時に、逃げ遅れた子犬でした。さらにサバイバルゲームよろしく捕まえてから15年ビビリ犬生。根は明るい子だったから、家族は大丈夫でもやっぱり最後まで命を狙われてるみたいでしたね。

今思えばどうかと思いますが、学生のバイトのやる事なんてそんなもんで(汗)鶏舎のスタッフにも鶏ビビらせて怒られました。当時はリード付ける事もウンコ拾う事もなくて。犬のなんて牛に比べると長靴の裏に付いた程度!ウンコの単位はトラック何台、長靴着用率100%でしたから。獣医さんは牛専門だったけど一応避妊くらいは渋々やってくれました。今なら怖くてできませんね(-_-)犬は去勢で麻酔するのをその時知りました(汗)

★★本当の飼い主さま江★★
ふ~ん、そうだったけ<ポン太の本名ポセイドン

とあっさりスルーして、確かにポン太はビビリのスタンダードに限りなく近い犬だわね。15代ぐらい祖先を遡っても、やっぱりビビリって感じがする。

ならばビビリであることを楽しめば良いのだと管理人は思うな。ポン太をラブと比べても仕方ないもの。ポン太はポン太なりに、しっかり成長しているしね。ちょっと根暗なれど、魅力的な人がいるように、ポン太のポン太らしさを楽しまねばね。

あっ、ポン太、ポン太としつこく連呼してる理由は、もちろんワザとやってる嫌がらせだから(爆)

★★ぶんぶんさま江★★
ぶんぶんさん、どこの牧場でバイトしてたんっすか!? っていうか、バイト先が牧場って時点で、けっこうレアな経験ではないかと(-。-) ぼそっ

子犬の時のトラウマは、根深い物があるのは確か。っていうか、子犬じゃなくても、トラウマ抱えたワンコは、やっぱりそれなりに大変ですよ。ほら、うちも姫さん子どもに対して絶対何らかのトラウマあると思うし。

少しずつ、地道に、大丈夫だ、もう怖くないんだってことを教えていかなきゃならないんですよね。時間はかかるけどさ、逆に時間をかけて少しずつでも良くなると、その進歩が、管理人なんかは嬉しいんだよねぇ~
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。