スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬飼いの意外な特技

管理人は、会社の展示会のマスコットガールである。

定年後に働いているオッサンが圧倒的に多いオヤジ天国の我が社において、管理人は極端に年の若い可愛いマスコットであり、ついでに言えば戸籍上は♀なので、だからマスコットガールなのである。ここは管理人の勝手な考えを書き連ねる、純粋な個人ブログですからね。何を書こうが管理人の勝手だ。反論は一切受け付けませんので、念のためm(_ _)m

んでもって、このマスコットガール、驚くほど客引きが巧い。以前から常々思ってはいたのだが、今回、確信に近いものを感じたのだ。とは言っても、誰でも彼でもブースに引き込めるというわけではない。ただ、打率がものすごく良いのだ。管理人が声をかけた人は、十中八九ブースに立ち寄り、説明を聞いて、パンフレットをもらって帰ってくれる。

今回、後半は疲れすぎていてまじめに仕事をする気になれず(←上司は出張中でいなかったし)、ほとんどの時間、空振りを繰りかえすオジサンたちの姿をぼーっと見ながら、違いは何かと些細に検討してみたのだ。

その結果、あることが判明した。

そうか! 管理人はお客さんのボディーランゲージを読んでるんだ(^_^)v

展示会に来るお客さんというのは、2種類いる。きちんとした目的意識を持って、今日はこれが見たいとやって来る人々と、とりあえず招待券もらったし、会場をふらふらして何かめっけモンがあったらラッキーと思っている人たち。前者の場合は管理人の会社のビジネスに興味を持って寄ってこない限り、捕まえることは不可能だ。だが、後者のケースでは、もしちょっとでも関連があると思う人は、比較的容易にブースに引き込める。

キーは彼らの目なのだ。スクリーンに映ったサンプル映像や壁に貼ってある商品名に、3秒以上目を留める人なら、声をかければ必ず乗ってくる。なぜなら、少なくとも彼らは、その商品に何らかの興味を示しているからだ。あとは言葉巧みに話に引き込み、そこら辺で暇そうにしている営業マンに対し「来い」のコマンドを発して、あとの売り込みは彼らに任せれば良いのである。

これは、管理人が長年の犬飼い生活で培った技である。我が家の四つ足たちは、とうぜんのことながら言葉を発しない。だから、彼らがどんな興味を持っているか、何をベイトに使えるかを判別するには、彼らの表情やしぐさを読み解かなければならない。食べ物に一切興味を示さない犬に、フードをベイトとして使っても意味はない。オモチャが好きだとしても、どんなオモチャが好きなのか、それでどういう遊びをしてやるのが、奴らにとって一番のベイトになるのかを判別するためには、目の輝きや耳や尻尾の動きに注意を払わねばならない。

展示会に来ているオッサンたちには、残念ながら尻尾がないので、犬に比べると感情の動きを読み解くのは難しいし、二本足は耳もあまり動かさないので、慣れないと喜んでいるのかつまらないのか、見分けることは困難だが、目の動きに注目すると、彼らが好きなものが何なのか、実は簡単にわかるのだ。むろん、中には猫を見つけた姫ちゃんのように、ブースにまっしぐらに突進してきて、こちらが何も言わないうちにワオワオ質問を繰りだしてくるレアなケースもあるのだが……

ちなみに、これはイケルかなと思った時にも、客が日本人の場合は目を合わせてはいけない。なぜならこの犬種はとてもシャイなので、目を合わすと、怖がって逃げていってしまうからだ。真っ正面から見据えるのではなく、斜め横からそっとパンフレットを差しだし「もしよろしかったら、お持ちください。これは○○するための商品なんですよ」と囁くと、けっこうな確率で「XXなんかもできますか?」と話にのってくるのである。逆に誰に対してもフレンドリーで、人間大好きなコが多い洋犬種の場合は、目を合わせてにっこり微笑むのが客をゲットする近道だ。

今回、展示会デビューの若者がいたのだが、彼にとっては見知らぬ人にいきなり話しかけるというだけでものすごい試練だったようだ。この点でも、管理人はすでに四半世紀のキャリアを積んでいる。犬飼いと言うのは、見知らぬ他人に平気で話しかける妙な人種なので、見たこともないオッサンに声をかけるのはお茶の子さいさいなのである。むろん、管理人の横にカイちゃんが座っていて、相手ももし犬を連れていたなら、管理人の打率が飛躍的に上がるであろうことは言うまでもないことだ。

ともかく、ディープな犬飼いで現在仕事を探していたり、自分にぴったりの職業がないと悩んでいるのなら、是非とも展示会のコンパニオンに志願してみることをお勧めする。普段の犬飼い生活で培ったノウハウがこれほど活かせる職場はない。

そう考えると、二本足も四つ足も、しょせん同じ群れ動物なのだ。適切なベイトを見分け、それをナイスなタイミングで繰りだしてやれば、彼らを意のままに操ることができる。絶対にオスワリはしないと頑張っていた姫に、オスワリ、伏せをさせるのに比べたら、暇そうなオッサンにパンフレットを渡して話に引き込むぐらい、朝飯前のお茶の子さいさいなのである。
20090426a
で、3日もお留守番したんですから、
その分食餌のグレードが上がるんですよね?
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

いい事を聞いた。
シャイな犬種には斜め後ろからそっとパンフレットね!
目を見ちゃいけないのね!

いつも、真正面よりアイコンタクトをしながら
突進していたつむぎは、何故恐怖に満ちた目で見られるのか判らなかった~v-16

つむぎちゃん、それは洋犬向きの近づき方ね。洋犬のなかでもとくに誰にでもフレンドリーなツチノコみたいな犬種向き。

和犬が入ってるシャイなコには、そっとにじり寄って、斜め後ろからジャーキーを差しだす(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。