スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宅訪問デビュー

朝6時に起きたら、まだご飯が炊きあがっていなかった( ̄‥ ̄)=3 フン

炊飯器より、早起きしちゃう管理人ってどうよ!? なぜ休みの日にもかかわらずこんな朝っぱらから起きてるかというと、それはそれなりに色々事情があるのだが、それは後ほど気が向いたら話すとして、朝飯をかっ喰らおうにも肝心の白飯が炊けていない以上、この暇をやはり有効利用すべきだろう。てなわけでまたもや犬猫屋敷版「その時、歴史は動いた」バックツゥーザフューチャーバージョンである。

それは悶絶するくらいラブリーな生物を見に行ったときの話である。

この日は、じつは姫ちゃんにとって、初めて相棒なしで他人さまのお宅にお邪魔するという初体験の日だった。通常、どっちかを連れて行くというシチュエーションになった場合、手がかからず、トラブルも起こさないカイだけを連れて行くというのがいままでの常だったからだ。

20090408a
元祖トラブルメーカー

べつに2頭連れて行っても良かったんだけどね。ただ、カイは子犬はあまり好きではないし、だったらこの機会を利用して、姫がどの程度他人さまの家でもめ事を起こさずにいられるか、試してみようと思ったわけだ。

「今回、姫さんお宅訪問デビューなんで、もし何かやらかしたら……すまん、泣いてくれ(^_^;)」

という管理人の身勝手なお願いに、心優しいみっちゃんは快く応じてくれた。ちなみに、みっちゃん家は犬お出入り自由のリビングダイニングに一面クッションシートが敷いてあるし、壁や家具など重要な部分にはすでにハルさんのステキな咬みあとがついているので、犬飼い的には非常にくつろげる、犬飼いフレンドリーな空間である(←前回お邪魔した際に、ちゃんとその辺りはチェック済み)。

余談だが、高級木材を使った板張りで、目が飛び出るような値段の家具を置いた豪奢なお宅を背景に「犬と一緒の満ち足りた生活」なんてタイトルがついた写真を見るたび管理人は、ケッ、ド素人がε-( ̄ヘ ̄)と思うのだ。「うちも犬を飼ってるから、ぜんぜん気にしないで連れてきてぇ~♪」てなことを言われて、行ってみたら、モデルルームみたいな部屋だったりしたら、管理人はそのままUターンして帰ってくる。逆に、たいていのことは、すでにこの家の犬がやり尽くしてるな、と思えるような家ならば(例えば我が家?)2、3日逗留しようかなってな気分にもなるものだ。

壁に爪で削られた跡があり、家具の角はきれいに丸くなっていて、桟にも咬み跡があって、ドアに穴が開いていて、ソファに掘られた跡がある管理人の部屋が、犬連れ客の憩いの場となっている理由はここにある。

管理人の部屋にやって来て、毛が飛び散ってるのを見てだらしないと思ったそこのあなた。違うのよ、管理人はべつに掃除が嫌いなわけじゃないの。ただ、我が家に来る犬連れ友が、部屋を汚して申し訳ないとか気を遣ったら悪いじゃない? だからわざわざ友人が来るときは、掃除を控えめにしているだけなの。あったり前じゃない。ふだんの管理人の部屋はモデルルーム並にきれいなんだから(^_^;)
20090408b
犬飼い仕様のモデルルームでは、
キッチンに仕切りは標準仕様

で、それはさておいて、いつものごとくあれやこれやと3つぐらいはやらかすだろうなと覚悟して連れて行った姫なのだが、思ったより彼女は良い子でいられた。まず、絶対やるだろうなと思ったマーキングの失敗もなかったし(←定期的にお庭のトイレに連れて行った管理人の戦略勝ち)、キッチンに忍び込んでの勝手に試食会もやらなかったし、何より、あの姫が、一度も勝手にリサイタルを始めなかった。これは姫ちゃん的には画期的なことである。

まあね、奴はああ見えてけっこう臆病な内弁慶なので、初めて行った先では、けっこう良い子を演じられるのだ。「とても温和しい穏やかな良い子です」てなJERO(日本広告審査機構)に苦情を申し立てたくなるようなキャッチフレーズがついて里親募集されていたのも頷ける。じっさいは、「とても気の強い喧しい厄介な犬」だったんだけどね(。_ _)

今回、自分より身体の大きなゴルが2頭いたにも関わらず、怯えて吠えることもなく、それどころか、ほんとうに「温和しく穏やかな」ハルさん、リリーさんを一睨みで威嚇し、あとは悠然と女王さま気取りで奴はじつに楽しい1日を過ごした。

一睨みと言えば、せっかく子犬と遊ばせようと連れて行ったにもかかわらず、奴は傍若無人な黒い子犬と遊んでやるどころか、ちょっとでもチビスケの態度が悪ければ睨みつけ、オモチャを奪い取り、教育的指導を入れまくるという大人げない態度をとったのである。

まっ、順位にはちょっとうるさい姫さんだから、甘やかされた子犬に喝入れずにはいられなかったんだろうがね。

それに対して、姫どうよう、今回お宅訪問デビューだったしおのすけ家のリリーさんは、じつに穏和な良いオバサンの役に徹していた。
20090408c
ピッポにリードを持たれて引っぱられても
困った顔で飼い主を見るだけ

銜えたオモチャをことごとくチビスケに横取りされても、唸りもしないんだからリリーさんは大物だ。散歩の途中、気に入らない犬とは一戦交えそうになることもあるので、飼い主的には初対面のデカ犬(それも♀同士)と揉めないか、ドキドキもんだったらしいのだが、そんな心配はすべて杞憂だった。

うちのワンコちゃんは完璧に訓練が入ってるから♪ と言い切れる非常にレアな超優秀な飼い主でない限り、犬との「初めて」体験は誰だってドキドキするものだ。初めてのお宅訪問、初めてのドッグラン、初めての旅行。うちなんかさぁ~自慢じゃないが、毎回飼う犬がすべて「どこに出しても恥ずかしい犬」になっちゃうから、また何かやらかすんじゃないかと、ついつい出かけるのも億劫になる。

だが、思い切ってやってみれば意外に平気なものなのだ。最悪の事態を常に覚悟しておけば、たいていは、それほど酷いことにはならない。逆に飼い主が恥ずかしい思いをしたくないばっかりにトラブルを起こしそうなコはいつもお留守番になってしまうと、そういうコはいつまで経っても成長しないし、そのコの良いところを見つけてやれる機会を逃す。

とくに多頭飼いだとさ。ついつい扱いが楽な方だけ連れてくっていう風になっちゃうわけだ。うちがまさにその典型だった。姫は何かやらかすかもしれないから、連れて行くならカイのほうだけ。

だが、とりあえずそれなりの努力はして、ある程度のトレーニングを積んだなら、思い切って連れて出てみれば良いのだと、今回管理人はつくづく思った。元祖トラブルメーカーだって、時間をかければ成長する。成長した犬を、飼い主が、ちゃんと信じてあげないとね。

最初の一歩を踏みださなければ、決してその先に進むことはできないんだから……
20090408d
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

わかります。すっごいわかります。
私も同じ理由でナツだけを連れて出たことがなかったんです。犬見たら誰にでも(小犬含む)ケンカ売るから。
でも1月に意を決して、それこそ最悪事態にも対処できるようにしてドッグカフェに行ったら、案外大丈夫でした。
飼い主が信じてあげてなくてごめんね、と思いました。やれば出来る子だったんですよねぇ・・・
まあ次回も大丈夫という保証にはならんですけど。

私、めちゃドキドキもんだったわ。
案ずるより生むが易し、だったんだけど、
そこに至るまではやっぱ少しは努力しないとね。
今度はドッグカフェデビューだ。
実は飼い主もドッグカフェは未体験v-16

★★mi-goroさま江★★
いずこも同じ……ですな(^_^)v 一か八かでやらせてみれば良いものの、ついつい躊躇してしまうのは人間の悪い癖。今回の成功に味をしめて、今年は姫ちゃん連れて旅行にも言っちゃおうかしらん♪

姫、じつはハルちゃんがうちに遊びに来たときは、けっこう吠えたんですよ。ところが、あちらに行ったら、ぜんぜん平気。犬の反応って環境によってずいぶん変わるもんだと改めて実感しました。けっきょくのところ、犬のほうがけっこう勝手に成長してるのよね(^_^;)

★★しおのすけさま江★★
ドッグカフェかぁ~ツチノコ兄弟だけだった頃は、けっこう何度か行ったんだけど、そういえば姫が来てからは一度も行ったことなかったわ。やっぱりトイレが心配で……でも、そろそろ平気そうだから、行ってみようかなぁ~

ただ、食べ物があるとさ……奴は野生に戻るから(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。