スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰の問題行動なのか?

1ヶ月かけてお出かけレポートを書いていたせいで、我が家の日常に関してはすっかりご無沙汰になってしまったが、むろん、うちの連中は元気である。老猫、老犬、老人ばかりのこの家で、誰一匹病院に担ぎこまれることもなく、のほほんと生きていられるだけでも実は御の字なのだと、つくづく思う今日この頃だ。

とはいえ、何も起こっていないわけじゃない。最近、管理人が頭を悩ませているのは、管理人が外出中の姫の問題行動である。

何しろ、出稼ぎから戻ってくるたびに、バァバに「きょうの姫ちゃんの悪行」について耳からたこ焼きが生えるほど聞かされるのである。姫ちゃんが、管理人の目を盗んで悪戯をするのは、こう言っちゃなんだが姫のデフォルトの設定なので、棚の上からおやつを盗もうが、2階に忍び込んで猫餌バイキングを楽しもうが、管理人としてはあまり気にしてはいないのだが(←こういう飼い主の姿勢は大変危険なので、良い子は真似しないでね!)、問題は、その問題行動が毎回エスカレートしているという点である。

最初は管理人の部屋で書類の山をぶちまけたとか、下駄箱の上の箱を床にたたき落としたなど、単体の騒ぎで済んでいたものが、いつしか、それがダブル、トリプルで行われるようになった。最近は1つの悪行のみならず、3つも4つも事件が起こり、家に帰り着くなり、その話を延々聞かされ、文句を言われるのが非常に不愉快な状況なのだ。

余談だが、会社から疲れて帰ってきた亭主に、お帰りなさいに続いて苦情を申し立てるのは止めておいたほうが良い。うちのバァバは「パパは、わたしの言うことをぜんぜん聞いてない!」とよく絶叫しているが、家族を捨てて家を出る以外のオプションとして、相手の話を聞かない術を身につけるのは人間としてとうぜんのサバイバル本能だろう。

ともかく、そんな毎日が続き、管理人としてもちょっと嫌気がさしていた。ゆえに、どうしたら姫の問題行動を止めさせられるか、ちょっと真剣に考えてみたのである。

問題行動を止めさせるには、原因を探るのが一番手っ取り早い近道だ。

こうして数週間、姫の起こす騒ぎの原因を観察してみたところ、以下のような状況がわかってきた。

1.姫ちゃんは、管理人がいるときには、決して悪戯をしない。

2.姫ちゃんは、家に誰もいないときには、決して悪戯をしない。

3.姫ちゃんは、バァバが家にいるときは、必ず悪戯をする。

原因は……ひとつじゃん(^_^)v

「姫ちゃんが、すごく悪いコだから、ママはとっても大変なのよ」とバァバは宣う。どう大変なのかと問いかけると、こんな答えが返ってくるのだ。

「だって止めなさいって言っても、ぜんぜん止めないし、しょうがないから、おやつを出して、それで部屋に連れて帰るの!」

姫が悪戯をするたびに、バァバは興奮して大騒ぎをし、そのうえ、褒美のおやつまでやっているのだ。問題行動がエスカレートするのは当然だ。姫の思考パターンからいって、バァバの前で騒ぎを起こせば奴がキャーキャー騒いでエキサイティングだし、そのうえおやつまでもらえるときたら、やらない方はないと考えるのは、ごく自然なことなのだ。

ところが、原因となっている本人はその事実を決して認めようとはしない。姫が何をやらかしても、無視しろといくら言っても、やっぱり毎回絶叫して、褒美のおやつを出している。何もしなければ少なくとも、問題行動がエスカレートすることはないんだがね(-。-) ぼそっ

ことの始まりは、たぶん些細なことだったのだ。下駄箱の上に載っている箱の中に、小指の先ほどのおやつのかけらが落ちていたなんていう愚にもつかない話だったと思う。姫は鼻が良いので、そこに食べ物があるのを感知して、それを食べようと箱を床にぶちまけてみたのだ。姫にしてみれば、そのおやつを口に入れれば、二度と同じことはしなかったはずだ。ところが、それを見つけたバァバが大騒ぎし、なぜかおやつを与えてしまった。

そこで姫は文字通り、味をしめたのだ。

下駄箱の上の箱をひっくり返すだけで、大きなおやつがもらえる♪

ただ、おやつをくれる人はバァバだけなので、バァバがいないときは何もしない。箱をひっくり返しても、姫としては別に楽しいことは何もないのだから、そのあとの褒美が期待できないときは、無駄なことは一切しない。

犬というのは人間が思っているよりずっと合理的な考え方をする、いたって賢い動物なのだ。だから問題犬の飼い主は、十中八九自分が犬の問題行動の原因を作っている。ついでに言えば、問題行動を犬に教えてしまうのも、実は飼い主側がやることなのだ。

問題行動には、必ずそれを増長する原因があるものだ。それを取りのぞけば、問題行動じたいがなくなるのだが……

一番手っ取り早い方法は、管理人の外出時にはバァバをクレートに入れておくことだが、クレートトレーニングができていない年寄りなので、8時間、トイレを我慢させるのはおそらく不可能だろう。仕方がないので、いまは、延々何が問題行動の原因かを(バァバに)言い聞かせている状態だ。改善の兆しは見えるが、まだまだ(バァバの)問題行動を完全に止めさせるまでには至っていない。

先週も、バァバが2階のトイレに入っているときをわざわざ狙って、姫は猫餌バイキングを楽しんだらしい。バァバが気づいてくれなきゃ意味がない、と姫が考えているという点が実はミソなのだ。

犬の問題行動はほぼ100%どんなものでも直すことができる。原因を突きとめ、それを取り除いてやれば、直せない問題行動なんてものはないのである。同じ群れ動物である人間においても、おそらく同じ法則が適用できるのだとは思うのだが、二足歩行のトレーニングには数倍の時間がかかるものだ(ため息)。
20090307a
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★★鍵コメさま江★★
サイト、ちらっとだけど拝見しましたぁ~いまの仕事を仕上げてから、ゆっくり見ようかな……と。やっぱりハウンド系の犬はパワフル。っつうか、こいつら、頭良いなと毎回思います。ハンドラーの指示なしで仕事をやり遂げるように作られた犬種だから、犬ほんらいの頭の良さがそのまま残っている気がする。

奴らにしてみれば、合理的に考えたうえの行動なわけで、それを勝手に人間が悪戯と言い張ってるだけなのかな……と。

でもハウンドは飼いづらいバカ犬を呼ばれるんだ。それが、管理人としては納得いかないのですよねぇ~

ビューテホー!!

姫ちゃん美しい♪

azさん……マニアックだ(-。-) ぼそっ

ダンボ耳は、確かに姫のチャームポイント♪

この姫様のお写真は、マニアな人が見なくても、美しいよ。

さて。にのすけに帰ってきて速攻に愚痴を言うのはやめよう・・・・(TT

そっ……そうなんだ(-。-) ぼそっ 美人は三日で飽きるのたとえ通り、管理人の美の感覚が麻痺しているのだろうか! 管理人は常に、姫を「おもろい顔してるな、こいつ……」と思っているから。

そうそう、にのすけに愚痴こぼすのは、せめて夕飯食べ終わってからにしましょうね。腹一杯になれば、つい、居眠りしちゃったっていう言い訳が使える(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。