スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬猫屋敷の遠足騒動パート4

さて3月になったところで、ようやくドッグランに到着だ。
20090302a

むろん、自称高速を降りてからドッグランの駐車場に乗り入れるまでに、仲の良いお気楽姉妹があと30回は互いを罵りあったことはむろん言うまでもないが、会話の内容は繰りかえしになるのでここでは割愛することにする。

んでもって大騒動の挙げ句に辿りついたドッグランは、実に素朴な良い場所だった。

ひたすらだだっ広い園内の一部が、柵で仕切られただけの涙が出るほどフツーの野っ原(^_^;) おまけに柵を挟んだ向こう側には、普通にヒツジがいたりするし……
20090302b
片側の柵の向こうには
牛もいた

なんでもありっぽいな、ここ(-。-) ぼそっ

と管理人がつくづく思った一番の理由は、非常に大らかな「ドッグラン利用規程」を見てしまったからだ。なにしろ、そこには堂々と、こう書いてあったのだから。

「人間同士のボール投げは禁止です」

っつぅことは、犬相手ならボールでとって来い遊びをしても良いってこと!? How lovely!

ここだけの話、管理人は実は日本のドッグランってイマイチ好きになれない。やれおもちゃで遊んじゃダメだとか、おやつは出すなとか、いわゆる犬どうしが揉めそうな楽しいことは一切やるなという施設が多いからだ。

確かに異常におもちゃや食べ物に執着するコっているからね。ただ、そういうコの飼い主は、きちんと自分の犬を管理すれば良いだけのことだと思うのだ。危なそうな時には犬をオンリードにしておく。逆に、おもちゃで遊んでいるほうも、そういう犬がいる場合は、ある程度の時間遊んだら、ボールをしまって、そういう犬にも走りまわるチャンスを与えてやる。要は、飼い主同士が巧くコミュニケーションをとれば、事故は起こさずに済むんじゃないの? と管理人は思うのだが、トラブルを恐れるあまり、あれもやるな、これもやるなって施設があまりに多すぎる。

たぶん、それだけこの国の犬飼いのスタンダードが低いってことなんだろうけどね(ため息)

自分の犬にトラブルを起こさせないのは、ドッグランに行くならば、飼い主として最低限できなきゃいけないことだと思うのだが……

とは言いつつも、じゃあ我が家の連中はどうなのよって訊かれると、管理人の顔が火炎放射器なみに火を噴くのは言うまでもないことだ。なにしろ、我が家にはリードを外したとたん、都合の悪いことは全部聞こえないふりをする奴がいるわけだから。
20090302c
オフリードでも、おやつの気配には即反応

だが今回、姫ちゃんにしてはあまり大きな騒ぎは起こさなかった。椅子に置いてあった他人さまのバッグに鼻を突っ込み、おやつを盗みだそうとしたことと(←管理人が怒鳴ったので未遂で済んだ)ヒツジの柵の中に入りたい一心で、柵の下に穴を掘ろうとしたぐらいだ(←こちらも、いち早く妹が見つけて即座にオンリードの刑に処された)。

今回、姫の悪行があまり目立たなかった一因は、おそらく、当日ドッグランに来ていた犬の半分近くがカイちゃんの親類縁者のハウンドだったからだろう。
20090302d
ぶっ飛びバセット軍団

なにしろ群を作って狩りをするのが仕事の方々だ。ヒツジを見て興奮して、柵越しにガンガン吠えるなんて当たり前(^_^;)

広いドッグランに大興奮して、歌いまくる姫に毎回赤面する管理人も、今回ばかりは「うちのコ、普通かも」とマジで思った。ハウンドが多いドッグランは、ハウンド飼いには心地よい空間だ。
20090302e
今回ばかりは、カイちゃんも標準体型(ただし、大きめ)

今回、管理人が死ぬほど笑ったのは、バセット軍団の1頭が、柵の外に出たいあまり、隅に置いてあったゴミ箱によじ登り、そこから休憩コーナーに飛びだそうとしたことだ。踏み台になるあんなところに、あんな物を置くなんてどうかしてる!?とハウンド飼いなら思うところだ。ラブやプードルしか飼ったことがない人は、そんなことは想像もしないだろう。

だが、ハウンドはやるのだ。出たいと思ったら、奴らはどんなことをしても出る方法を考えだす。ついでに言えば、今回は未遂で済んだのだが、もしあれが成功していたら、それを見ていた他の仲間が続々と同じ手を使ったはずだ。

だからハウンドは飼いづらいと言われる。だがハウンドは一度ハマルと、止められない。
20090302f
犬だらけの極楽

今回、犬にとっては快適な気候だったこともあってか、いつもドッグランでは放牧状態のカイちゃんも、それなりにトコトコ走って友だちも作っていたし、それを言ったら、誘いに乗って遠いところまで来てくれた、ムジカ嬢サクラにも、けっこうお友だちができていた。

だが、毎回張り切ってドッグランに出かけていき、誰より興奮して大騒ぎするわりには、なぜか友だちが1頭もできないあいつは、今回もまたあぶれていた。
20090302g
あのヒツジ、食べられるかしら?
生は駄目よね

明るく、誰に対しても愛想が良く、犬見知りはまったくしないのに、なぜ奴には友だちができないのか?

誰にでも愛想良く近づいていくわりに、なぜかドン引きされている姫を見るにつけ、もしかしたら、うちの犬ってほんとうにKYなのかもしれないと、ドッグランに行くたび、そう思う。

to be continued.....(まだ引っぱるか!?)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

ドッグランというところも、いろいろ複雑な社交場なのですね。
行ったことなくてよかった・・・うちの犬達なら問題起こしまくり間違いなし。
よそのボールも絶対取りに行く犬に、牛に吠えそうな犬に、絶対友達のできない犬だもん。(羊は襲わないと思いたい)
苦労して行き着いた先が、楽しく遊べる場所でよかったですね。
獣医さんが「犬は友達ができなくても何とも思わない」と言ってました。
その言葉を信じて自らを慰めています。


KY友達?

あ、うちのバセットハウンドだと、姫ちゃんと友達になれるかも……。

以前犬友達のラブラドールがボールを追って走って行こうとすると、一緒にボールを追っているかと思ったうちの犬、ラブ君の首を咥えると地面に押し倒してました(^^; ボールを追うラブを獲物に見立てて狩りごっこを仕掛けるバセット。

コーギーの友達とは、お互いに立ち上がって互いをポカポカと前足で殴り合ったりするし、一見乱暴ですが、訓練士さん達には大人気。「いらなくなったらちょうだいね」と言う人続出ですが、いらなくなる予定はないです。

上記のようなことをしつつ、何故か異性の犬にも、もててます。

初対面の犬に優しいので、訓練所のウェルカムドッグをやってたりします。マイペースにKYと飼い主は思ってますが、飼い犬の真の姿を飼い主は見切れてない模様。

★★mi-goroさま江★★
都会のドッグランはデカ犬飼いには、けっこう気を使う世界なのですよ。なにしろ、カイの頭ぐらいしかない犬だらけだから、家の犬たちなんて登場しただけでギャン吠えされるのは当たり前(^_^;)

今回行ったドッグランは、その点中型犬以上ばかりだったし、施設の運営自体大らかなせいか、来ている人(と犬)も大らかで、ダメ飼い主の管理人も、恥ずかしさで顔が燃え尽きることは幸いなかった。

っつぅか、要は自分の犬を、ちゃんと躾ろよって話なんだけど(-。-) ぼそっ あいかわらず、家の奴らは、どこに出しても恥ずかしい犬だから(涙)

★★Lafiteさま江★★
初対面の犬でも、誰でも友だちになれるって、これ、バセット系の特徴ですね。もともと群で狩りをする犬種だからか、ハウンドは、こういうコが多い。ビーグルもその点では一緒なんだけど……姫はなぜか(T_T)

でも、考えてみれば、姫が最初に我が家に来たとき、ディーとカイは一目で姫を嫌いになったのですよ。それまで、ツチノコ兄弟が拒否した犬って、実はいなかったのね。

おそるべし、姫さんのKYぶり(^_^;)

まっ、本犬は自分が疎ましがられてるって気づいてないし、露骨に避けられてもぜんぜん気づいてないみたいで、いまだに遊びをしかけていくし(で、カイちゃんに怒鳴られる)で、本犬が幸せなら、それで良いのかな……と。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。