スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任

年末のクソ忙しい時期に、通常通りに更新する管理人である。どうせ、みんな忙しいから見に来ないのにね(-。-) ぼそっ だってこの期に及んで家に缶詰なんですもの(涙) 今年もまた、地獄の正月明け納期って仕事が入ってきてるんですもの(号泣)

で、先日テレビをぼーっと観ていてやってた話題(←忙しいと言うわりには、ぼーっとしてる時間、長し)。最近話題の大不況で、路頭に迷ってしまってる人の援助について「いままで努力しなかったから悪いんだ、そんな奴らを救うことはない!」てな投書がテレビ局に殺到してるって話をやってたのさ。要はそういう状況になったのは自分が悪い、つまり自己責任だって論調だ。

だって100年に一度の大不況だぞ? 自分が生きてる間に、そんな歴史的なイベントが起こると思うか?

まっ、思ってた人もいるんだろうけどね(-。-) ぼそっ で、そういう人は、これまですごい努力を重ねて、いまはご安泰なんだろうけど……

念のために言っておくが、管理人はいい歳した大人なら、自分の行動や発言にはちゃんと責任を持つべきだと思っている。たとえば、うちの犬は馬鹿犬だから、飼えなくなったっていうのは、これ、管理人に言わせればやっぱりダメダメね。犬が悪いから問題行動が起こるわけじゃないのだ。犬が問題行動に走るのは、いつだって、飼い主が問題飼い主だからなのだ。

ただ、この国の皆さんが最近声高に叫ぶ「自己責任」って奴はさ、何となく、微妙にニュアンスがちがうんじゃないかなって思うのだよ。

「自己責任」なる言葉がマスコミを賑わした最初は、確か数年前に海外で人質事件が起こったときだったと思う。中東の国かどっかで、ボランティア活動していた日本人がテロリストに捕まって身代金を要求された(っていうような話だった気がするが、記憶が曖昧)。で、ともかく、そういう事態に政府が動いて外交交渉を始めたとたん、「危険を承知で行ってるんだから、そんな連中を助けるの税金を使うのは無駄だ」みたいに相当数の人間が騒ぎはじめたのである。曰く、それはあくまでも「自己責任」だから。

その時、管理人は思いきり首を傾げたのだ。

自己責任って言葉の意味……ちがわねえか?

自国の国民が外国で犯罪の被害者になったら、それを救出しようとするのは国の勤めだ。自国民の安全を確保する責任を国は負ってるわけだからね。そのためにこっちは高い税金払ってるんだから、それはやってもらわないと困る。そうなった理由が、被害者本人にあったとしたら、あとでその費用を弁済させるとか、きついお叱りを受けるとか、無事帰ってきたあとにそういう何かがあっても良いが、少なくとも命がかかった状況では、ます黙って助けるのがふつうなんじゃないかと思うのだ。っつうか、ふつう助けるだろう? 人として、助けたいと思わない?

ところがいきなり「自己責任」論だ。挙げ句の果てには留守宅の家族が頭を下げて全国民に謝ってた。ただでさえ、家族の安否がわからないでものすごく不安なときに、そのうえ「助けてください、お願いします」って謝罪までさせられる。そのようすを見て、管理人は非常に不愉快だったのだ。

ちなみに、管理人は究極の自己責任国家で育っているので、自己責任が何たるかは身にしみてわかっている。だが、日本が手本としている競争社会のあの国でも、ここまで人は冷たくない。

人間って誰だって失敗は犯すだろう? そういう時には、まず黙ってとりあえず助けてやりゃ良いんじゃないの? 失敗を犯さない人間なんて、しょせんこの世に存在しないんだから。

たとえば、つるつる滑るぬかるみを全力疾走してる人がいるとする。ああ、危ないな。転ぶだろうなと思いながらそのようすを眺めていたら、やっぱりその人は転んじゃったわけだ。その時、どんな行動をとるか?

まあまともな神経の人間なら、ぬかるみで立ち上がれなくてもがいている人に、まず手を差し伸べて立たせてやるだろう。そのあと、怪我をしてないか確認して、単に泥だらけになっただけということがわかったら、その時初めて言えばいいのだ。「こういうぬかるみで走ると危ないですよ。今度から、慎重に歩きなさいね」

ところが、自己責任を声高に叫ぶ連中は、転んでもがいている人をただ眺めて、自分が悪いんじゃんと指さして非難する。もしかすると写メなんかも撮っちゃうかもしれない。

それって、単なる冷血漢なんじゃないのかね? この国で言われる自己責任論は、心の狭い冷たい人間が自分の行いを正当化するために使ってる単なる言い訳だと管理人は思うのだ。

結局のところ、余裕のない人間が多すぎるのだ。戦後60年以上経って、この国は世界有数の金持ち国になったが、その反面、心が貧しい嫌な奴らが多い暮らしにくい社会になった。

だいたい、いま困ってる人に援助して、その人たちが立ちなおって、今後一生ちゃんと働いて税金払っていってくれればさ、一気に数千人規模で生活保護が必要な人を増やすより、長い目で見れば税収も上がるし、税金の無駄づかいにはならないと思うんだがね。そういう長期的な展望を持たずに、目先の税金が云々っていう時点でさ。人間が小さくねえか?

この国で言われる自己責任論って、やっぱり変だと管理人は思う。ぬかるみで転んだ人を見かけたら、とりあえず手を差し伸べてあげる社会なら、助けてもらった人がまた次に困っている人を助けて、善意の連鎖がまわっていく。ところが、知らんぷりする人ばかりの世の中だとさ、自分が困ったときに、助けてくれる人がいなくてさ、そういう世の中ってやっぱり嫌だと管理人は思うのだ。

まっ、いつものことだけどね。外国の文化や風習を一部だけ持ってきて、歪んだ形で日本風に変えてしまうのは、この国の人々がずっと昔から繰りかえしている悪い癖だ。たとえば、犬のトレーニングの重要性を無視して、室内飼いをやたらに推奨してみたりとか。

とりあえず、無事年末を乗り切れる人が増えると良いなと、管理人は思っている。そして、仕事がなくて、困っている人たちのことを思えばさ、正月も働かなきゃなんない自分は、幸せ者だと必死で自分に言い聞かせてみるのだ(T_T)
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。