スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議の国、アメリカ

風邪をひいているうちにハロウィンも過ぎていった。あぁ~あ、せっかく今年は早々100均でハロウィングッズを仕入れておいたのに(-。-) ぼそっ
20081101a

今年もまた、仮装パーティをやろうという企画だけはあったのだ。あっさり流れたけどね(^_^;) 今年はすっかり企画倒れの女王に成り下がっている管理人なのである。

で、そんな管理人がいま一人で盛り上がっているのが、アメリカの大統領選である。あぁ~早く結果が知りたいわ、わくわく(v≧∇≦)八(≧∇≦〃) 果たして本当に米国初の黒人大統領が誕生するのか? はたまた、やっぱり無難な爺さんが勝利するのか?

黒人だと騒いでいるが、オバマって管理人に言わせると全然黒人じゃないんだけどね。確かに肌は浅黒いが、物腰といい、しゃべり方といい、ごくふつうのアメリカ人のエリートそのものだし。でもやっぱり肌の黒い人間が大統領になるのは嫌って連中があの国にはまだたくさんいる。だから結果が出るまではわからない。

太郎と一郎の戦いより、ずっとおもしろいんだわさ。盛り上がり方も、全然ちがうしさ。

これが日本だったなら、この時点で、ほぼ勝敗は決しているにちがいない。消化試合みたいな選挙ほどつまらないものはないわけだ。だが、アメリカの大統領選はマジでおもしろい。本当に開票してみるまで、どっちが勝つかわからないし。最後の数日で、情勢を一変させるような大事件が起こるかもしれないし。

たとえば、みんなが血眼になって探してるビンラディンが生け捕りになったりとかね。

たぶん、何もなければオバマが勝つとは思うのだ。だがね、あの国って、ときどき、世界を唖然とさせるようなことを平気でやる。ある意味、究極のKY国だと思うのだ。KYって言うか、この世界に、アメリカ以外の国があるという意識もまったくないって感じ?

金融安定化法案を下院が否決したときもそうだった。

おそらく、世界中が「おいおい、またやっちゃったよ、あいつら」と苦笑いしていたに違いない。まあね、4年前にブッシュが再選されたときも同じように「あぁ~、やっちゃった!」と世界を唖然とさせたわけだから、まあ仕方がないのかもしれないがね。

おそらく世界一革新的なアイデアを生みだすのもアメリカ人だし、同時に驚くほど保守的なのもアメリカ人だ。そういう両極端な人間が集まっていることが、あの国の最もおもしろい部分なのだ。

ふつう旅行に行く人たちはニューヨークとかロスとか、そういう大都会にしか行かないので、アメリカと言えば、開かれた大都会で人種のるつぼとか思うかもしれないが、ニューヨークやロスは、実はアメリカではないのだよ。あの国の大部分は、驚くぐらいの田舎で、世界情勢やら金融危機よりも、近所のスーパーの特売やら、ご近所の○○さんちの夫婦げんかのほうがよっぽど重要だと思ってる人間が山ほどいる。というより、自分の住んでる村の外に世界があるって知らないような人たちが、本当にたくさんいるのだよ。

日本人は、よく島国根性の塊だと言われるが、管理人に言わせれば、アメリカ人のほうがよっぽど超ド級の井の中の蛙だと思うのね。その井の中の蛙が、世界の動向を左右するようなリーダーを選ぶってことじたい、実は怖いことだな、と思うわけだ。

冗談ぬきで、人類の起源はエデンの園だと真剣に信じこんでる人だってまだ多い。あの国では、むろん最高の教育を受けられるチャンスは全員にあるのだが、同時に、足し算引き算までは何とかなるが、かけ算と割り算はちょっと無理なんて教育レベルの人間も本当に多いのだ。まさにぴんとキリがふつうに同居している不思議な国なのだ。

以前、片田舎のアメリカ人の家庭に2週間ほど滞在したことがあるのだが、その家は、やたらと来客が多い家だった。毎日、最低でも4~5人がいきなり家にやってくる。何とも不思議だ。田舎というのはこういうものなのか? と思いながら、ボブやらメアリーやらマイクやらナンシーに管理人はせっせと愛想を振りまいていた。

これは後にわかったことだが、その家は、特に来客が多い家でも何でもなかった。ただ、日本人という珍しい生き物が来ているという話を聞いて、街中の人たちが代わる代わる管理人を見物に来ていただけだった。

パンダですか、ワタクシは?

だが、こういう場所ってアメリカでは決して珍しくはないのだよ。そういう田舎に住む人々にとって、9.11はすごくわかりやすい図式だった。だから、何も考えずに、世界中が留めるのも聞かず、テロとの戦争に突っ走っていった。

ふつうに考えれば、武力だけでテロの撲滅なんて、できるわけはないんだがね。

そういう地域と、ニューヨークやロスのような時代の最先端を行く街が共存していることが、あの国の凄さであり、おもしろさなのだとつくづく思う。そういう国に住む人々が、今回、どういう判断を下すのか、管理人はワクワクしながら、選挙速報を見つめてしまうのだ。
20081101b
そんなこと、どーだって良いわよ!
寒いんだから、おこた出して!
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

私も今度の選挙結果はふたを開けてみるまで、まったくわからないと思ってます。
本当に黒人大統領を選択するとはまだ信じられない。生粋の(?)黒人ではなく、2世の黒人だからまだここまで来れたのではないでしょうか。しかしどうなりますやら。
私はアメリカ領土内には足を踏み入れたことはないのですが、映画やTVで見るアメリカ保守層のすごさには怖気を感じます。
でも日本人を見に来る人達も正直というか・・・ですね。フランスのすごい田舎にいた時に、誰も日本人を見物にはこなかったけど、大きなタルトを作ってくれた人がいたり、日本に出した郵便が料金不足で住所も何も書いてないけど、滞在先に戻ってきたりしておもしろかったです。

どうなるんでしょうねぇ~水曜日は、おそらく1日テレビに釘付けだわ(BSでライブで開票速報をやるらしい)。オバマが何かをできるとは思わないけど、なんか新しいことやりそうってな雰囲気作りのためにも、今回は彼にやらしてみたほうが良いと思うんですがね。株価も少しは上がりそうだし……まっ、超保守派の皆さんがどういう決断をくだすか。

日本もそうですが、田舎って、都会人にとっては、おもしろいことがけっこう起こる。管理人が行った街は、戦争花嫁っていう日本人のおばあさんが一人いただけで、それ以外は、みごとに白人ばかりのコミュニティーだったのですよ。だから、パンダ扱いされた(^_^;) まっ、日本も観光地以外では、ちょっと田舎に行くと、外人が珍しいって所はいくらでもありますがね。

足指やら風邪やら快方に向かってることと思いますがお見舞い申しあげまする。
ハロウィン残念だったね。次は「犬連れ河原おでん」か「犬なし忘年会」か?何かやるべさ。指示待ってるから(指示待ち人間?)

足指はすっかり治った(でも、まだデカ犬に踏まれると痛い(T_T))、風邪も、ほぼOKですな。仕事も一つは、とりあえず終わった。今日から、次の仕事にとりかかるんだけど、くっすん。

河原おでんは、また具材が余って泣くことになるから、次回は各自お弁当持って河原に集合だね。地元のワハ母にポットだけ持ってきてもらって、持参したカップみそ汁だのカップスープだのにお湯を入れて、暖をとる。

ワハ母が楽しみにさえしなければ……たぶん曇りぐらいにはなるだろう(-。-) ぼそっ
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。