スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最強生物とのバトル

その日は、餃子が夕食のメニューだった。犬猫屋敷では、餃子がご馳走に分類されるので、管理人はいそいそとキッチンで茶碗や皿を用意していた。

醤油とラー油を小皿に入れて……と♪

そこに、血相変えた妹が2階から駆けおりてきた。

「大変よ、大変! あれが出たのよ、あれが! 早く、来て捕ってぇぇぇ~」

あれとは、核戦争でも生き残ると言われている、どこの家にも必ずいる史上最強の生物である。管理人に言わせれば、単なる虫の一種なのだが、嫌いな人はとことん嫌いだ。うちの妹もそういう人々の一人なので、自力で、あれの息の根を止めることはできない。

ふだんなら、すぐに救助に行ってやる心優しい家族とはいえ、今夜は餃子ナイトである。せっかく焼きたてをフガフガしながら食おうと思っているのに、今ゴ○ブ○退治に行ったら、焼きたて餃子を食いそびれる。

「あとにして。もうすぐ餃子が焼けるから」

「……でも、あれがいる間は、部屋に戻れない」

「とりあえず、餃子だけ食ってから行ったら?」

「あんなもんを見た直後に、食事なんかできるかぁぁぁ~!!!!」

しつこいようだが、管理人に言わせればあれは単なる虫である。焼きたて餃子の魅力に比べたら、あれがいくつ部屋にいようが、んなこたぁ、どうだって良いのである。

「だいたい、アンタちゃんと見張ってないとすぐにどっかの物陰に逃げちゃうじゃん」

「見張りは、天ちゃんがやってる」

ほぉ?
20081015a

で、仕方がないので2階に上がっていくと、確かに天が壁の一点を見つめて狩りモードになっていた。

ゴ○ブ○って、人が睨んでるとその場から動かないものだが、同じように猫の視線も感じるらしい。これは新発見だ。研究結果を論文にして公表すれば、来年のイグノーベル賞はいただきかもしれない。

ただ、いくら天のジャンプ力を持ってしても、とても届かない位置にあれは留まっていたのだ。ここで、必殺ゴ○ブ○始末人の登場となる。

「天ちゃん、管理人が思いきりはたき落とすから、落ちたら即座に捕獲するのよ!」
20081015b
がってん承知

ところがだ、その位置は、管理人が目一杯手を伸ばしても届かない場所だった。一発で仕留めるためには、安定した足場が必要だ。

「ちょっと、踏み台持ってきて!」

管理人と天ちゃんがゴキ捕獲の作戦を立ててる間、ギャーギャー喚きながら無駄にその辺りをうろつき廻っていた妹にそう命じると、妹は部屋から出ていき、やがて、チビ姐さんが餌場に登るために廊下に置いてある踏み台を持ってきた。
20081015c
ほんらいは姐さん用だが、デカ犬も盗み食いに利用する脚立

で、脚立が室内に入ってきたとたん、見慣れない物体にパニックした天は、一目散にちゃぶ台の下に逃げ込んだ。

ちょっと、すいません、アシスタントさぁ~ん、これからが本番なんっすけど?

だが、極端に気の弱いアシスタントはちゃぶ台の下でブルブル震えたまま一向に出てきやしない。仕方がないので、無駄にうるさい妹をアシスタントに任命したのだが、案の定、管理人がみごとにはたき落としたあれを、奴は捕まえることができなかった。

あぁ~あ、せっかく致命傷を負わせたのに、やっぱりどっかに逃げちゃった。まっ、ふらふらしてるのを天がちゃんと捕まえるだろうし、まっ、良いか。

弱ってるとはいえ、あれがまだ室内にいるなんて耐えられない! 徹底捜索して息の根を止めろ! と絶叫している妹を残して、管理人は餃子ナイトに戻っていった。

まったく変な騒ぎが起こったせいで、餃子がすっかり冷めちゃったじゃないか。

その後、妹も諦めて夕食を食べに降りてきて、家族揃って餃子をたらふく食った後、管理人が食べ終わったら皿を洗っていると、またもや妹が駆けおりてきた。

「いたわ、いた! さっきの奴がまた現れた!!!」

むろん、今回も天ちゃんが見張りを買って出ていた。今度は、何と天井に張りついていたのである。

やっぱ、あれよね。あの位置となると……脚立は必須?

で、今回もまた妹が脚立を引きずって室内に入ってきたとたん、天はちゃぶ台の下に逃げ込んでブルブル。

はぁ~まったく学ばない奴やね。いい加減、馴れろよ!

てなわけで、今回もアシスタントに助けがないまま、果敢に史上最強生物に立ち向かった管理人は、みごとそれを仕留めて、妹から感謝とねぎらいの言葉を受けたのである。平和が戻った妹の部屋には、ちゃぶ台の下で震える猫が1匹。

まったく、使えない奴(-。-) ぼそっ

でも、ふだんの天ちゃんはかなり優秀なゴ○ブ○ホイホイなのだ。管理人の部屋でも週に1度くらいは、嬉しげにゴ○ブ○を捕ってくる。そして、満足げに見せに来るのだ。
20081015d
投げて、投げて! 天ちゃん、とってくるから、投げて!

悪いが、さすがに管理人もゴ○ブ○で持ってこい遊びをするのはお断りだ。

だが、天の活躍のおかげで、今年は例年よりも少しあれの発生率が抑えられているような気もする。
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

私も昔は妹さんのようでしたが、一人暮らし(自分でヤルしかない)と島暮らしで、自分だけでも戦えるようになりました。
南国のヤツはデカイですよ。触覚入れずに6cmぐらいある・・・スゴイよ。泣くよ。
でも南国だからヤツもスローライフ。わりとボーとしてて、天ちゃんがにらんでなくても、見つかったショックで呆然としている間に、私は武器を用意してやっつけるのです。「動くなよ!」と怒鳴りつけるのも効きます。ショックがより大きくなるらしい。
できれば犬達にバリバリ捕まえてほしいのに、犬達はサッと動いたのがヤツだとわかると、すぐ見なかったフリをするのです。ナゼ戦ってくれないないのだろう。

被った!

ネタが被って思わず大笑いv-66
『必殺』まで被るとは・・・・・・・v-12
いや、それだけです。
拍手、連打しちゃいそう♪

うちの巨猫8キロ君はやります。棚から洋服タンスに飛び、そして電気に飛びました!えらい騒ぎでしたけど仕留めました(笑)そして遊び終わると献上してくれます。

私も一人暮らしで強くなりました。犬の口からはみ出たカエルもセミもミミズも腐ったおにぎりなんかも素手で掴めます!ウンコも素手OK(汗)余裕があれば紙使いますけど。

小さい頃はカブトムシやクワガタ好きだったのに、大人になると角のあるアレに見えるのは何故でしょうね。

★★mi-goroさま江★★
6cmですか?! そりゃ、すごいわ。っつうか同じ種じゃないな。島の固有種じゃないだろうか?

妹も、誰もいないときは一人で格闘するらしいっすけど、基本的に馴れることはないみたい。奴は猫担当なんで、子分に捕まえさせるらしいんですが、必ず見せに来るのがね、よけいに嫌だと泣いている。

★★ウィルとーさん江★★
おや、お引っ越ししたのね?(すまぬ、最近他人んち見に行く時間がまったくないので、気づかないままでしたm(_ _)m)

確かに思いっきり被ってる(^_^;) 「思い出の風車」懐かしすぎて涙が出たよ(笑)

★★ぶんぶんさま江★★
犬はまったく「あれ」には反応しないのですが、猫どもは好きですねぇ~うちも全員、嬉々として追っかけ廻します。で、仕留めたら、大喜びで見せに来る。

見せてくれなくて良いのに(-。-) ぼそっ

ちなみに犬部屋育ちの天坊は、むろん陽性強化なのでゴキちゃんはおやつと引き替えに頂戴します。おやつを食べ終わったあと、獲物がなくなったのに気づいて、いつも文句いってるけどね(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。