スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロの理由

全国6千万人の天ちゃんファンの皆さま、お待たせしました!

シッコかけテロ復活です! 今回はベッドの上に置いてあったクッションに思いっきりかけました!

チッ、今週は天気が悪く洗濯物が乾かないって予報なのに、こう言うときに限って、乾燥機には入りきらない大物にシッコをかけるあたりが嫌がらせシッコの醍醐味だね。ちなみに、今回は理由がはっきりしているのだ。管理人が天のトイレ掃除するのを忘れたのね。ついうっかり、うんPしたのに気づかずにそのまま放置していたせいで、シッコしたくてトイレに行ったら、トイレが汚れてて気持ち悪~い! だったらここでしましょってクッションの上で垂れたのだ。

はいはい、ワタシがわるぅ~ございましたよ。以後気をつけますから、もう止めてね、ホント。

カウボーイの国のジョージ君に言わせると、テロリストの要求に屈してはならないのだが、不満があるからテロなんて言う極端な方法に走る人間が出てくるわけだ。不満がない社会ではテロなんて起こらない。っつうか、どこの国でも一定数、頭のタガが外れてる妙な人間はいるわけで、そういう連中は、どんな時でも、とんでもないことをやりだすわけだが、それはごく少数であって、満たされた状況にある人間の多くは、そういう連中を「何やってんだ、あいつら?」という目で見るだけなのだ。ところが、そうだそうだと、妙な扇動に乗ってしまう人が多いってことはさ、そこに不満があるからなのだ。だから、そういう状況を変えていかない限りテロはなくなることがない。

ってなことをね、先週、9.11がらみのドキュメンタリーなどを見てて思ったのだ。

対テロ戦争って、いったい何が目的でやってんだ、こいつら?

我が家には、3種類の動物がワサワサと一緒に暮らしている。夜は一緒に川の字で寝たりして、まあまあ仲良くやってるんだが、たとえば犬と猫が常に一緒のことをやっている飛びきりの仲良しかっていうと、決してそういうわけじゃない。必要があれば、協力して何かを成し遂げることもあるが(協力例:天が棚の上のおやつの袋をはたき落とす、それを姫が引き裂いて、全員でおやつの食べ放題バイキング♪)基本的には各々の種が、勝手に、自分の世界で楽しんでいるわけだ。犬は猫を犬にしたいとは思っていない。猫の場合は、まあ、もしかしたら運動神経が極端に鈍く、耳も鼻も効かない哀れな人間に対して、気の毒な連中だぐらいのことは思ってるかもしれないが、だからと言って相手を変えようとは思わない。

犬猫屋敷に巣くう3種類の動物の中で、相手を自分好みに変えようなどと思う愚かな動物は人間だけだ。せっかくミミズの干物に体をすりつけて全身が良いにおいになっているのに、臭いといって風呂場に犬を連れ込んで、(犬的には)変なにおいのするもので体をゴシゴシ洗ったり、猫がせっかく苦労して捕ったゴキブリで持ってこい遊びをしようとしているのに、汚いから捨てなさいと絶叫したり。

結局のところ、対テロ戦争なんてもんも、つきつめれば同じことだと思うわけだ。

自分たちが暮らしている西欧文明社会こそ究極のパラダイスだと思っている人間たちは、世界に民主主義を広げようなんて、大きなお世話を焼いている。かたや神の教えに従って生きることこそ人が生きる道だと思っている連中は、これまた神の教えを世界中に広めることが正しいことだと信じてる。

もともと、相容れるものではないのだよ。だって、最初から違う参考書読んで、それぞれが、そこに書いてあることだけが正しいって信じてるわけだから。

宗教やら人種やら色んなものが混ざりあった現代の複雑な状況は、たぶん、猫と人と犬が共存する我が家よりも、もっと複雑な状況だ。ただ、犬猫的思考で単純に考えれば、共存できないもんでもないと思うんだよね。

犬は猫に挨拶するとき、お尻の臭いを嗅ごうとする。それは猫にとっては非常に不作法な行いかもしれないが、うちの猫たちは、犬におとなしく尻の臭いを嗅がせてやる。逆に、廊下で会うと、脚に頭をすりつけてくる猫の行動は、犬から見れば非常に不可解な行いだが、我が家の犬たちは、猫ってそういうものだと知っている。とくに仲良しではないけれど、でも何となく一箇所で、それぞれがストレスを溜めずに楽しく生きていく方法というのは、ぜったいにあると思うのだ。

相手と巧く共存するのではなく、何が何でも征服して、自分たちがとにかく一番正しいのだと言い張る西欧文明的価値観というのは、やっぱりいまの時代にはそぐわない。かたや、神のために命を捨てれば、死んだあとに良いことがあるなんて人々に教えてる宗教家の連中も、ろくなもんじゃないと管理人は思う。

愚かな人間も、いい加減、動物的な原点に立ち返って考えてみれば良いだけだ。動物としての人にとって最小限求めることは何なのか? ともかく安全に生きることと、お腹一杯食べられることと、子孫を残して、彼らを無事育てること。その最低限のニーズが満たされない人が、この世界には何十億人もいるわけだ。その不満がさ、結局のところはテロの温床だと思うのよ。

たとえば日本では犬猫だって打っているワクチンが買えなくて、死んでいく人がたくさんいる。物余りのこの国ではポイポイ捨ててるペットボトルのふたを集めてワクチン代にするなんて援助活動もある(詳しくはこちら)。これから年末にかけて、クリスマスカードを用意するとき、同じ買うならユニセフのショップで買うと代金の50%は、発展途上国の子ども支援に回される。どれも地道な活動にはちがいないが、地道な活動を続けて、単に金をばらまくだけじゃなくてね、10年後20年後に不満を持つ人の数を減らしていくしかないんじゃないかと思うのだよね。

なのにテロとの戦いって……巡航ミサイル撃ち込んでも、状況は何も変わらない。儲かるのは兵器業者と、そこから献金をもらってる政治家だけだ。1発あたり数百万から数千万円かからミサイル買うお金でワクチン何本買えるんだろうね?

テロ行為は環境を変えなければ止まない。不満を取り除かなければ、テロの数は減らない。これはどんな動物にも共通の真実だと管理人は思っている。
20080915a
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

防水クッションカバーはもう必要ないのかと思ったよぉ。
とりあえず各サイズ1個ずつ作ってあるからお茶の時に持っていくね!
お役に立てて嬉しいわ。

え…と、とりあえず「おかえりなさい」かな?(笑)
私も曇のち雨の予報の日、フトンにやられました…。
おススメくださった消臭剤はまだ届かず、干せずで(号泣)

宗教とは、死後の世界を表現したものであると何かで読みましたっけ…。
でも戦いで命を捨てたその先にはやっぱり戦いの世界しかない気がします。

★★はなさくさま江★★
いるよぉ~枕カバー大入りよぉ~(T_T)

テロ再開のショックのせいか、よくよく鼻をぴくぴくさせると、それ以外にもあっちこっちシッコくさい気がして……

同時多発テロでないことを祈るばかりだ。

★★しろりんさま江★★
はい、ただいま。お待たせしました(爆)

そうあっさり終わるとは思ってなかったんですがね、ヤロー、天気予報をチェックしているとしか思えないグッドタイミングで復活いたしましたわ。いつでもすれば? さっと洗って干しておけば半日で乾くしって思ってたあいだは全然やらなかったくせに(-。-) ぼそっ

宗教もねぇ~変な連中が悪用するようになると、ホント、ろくなもんじゃないっすよ。ただ、どんな宗教でもさ、やっぱり死んだ方が良いことあるなんて教えちゃいかんですよ。ほんらい、宗教は人が幸せに生きるためのツールだと管理人は思うしね。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。