スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天が我が家の猫になった理由

約1ヶ月の通院生活のおかげで、ようやく天のカラーがとれた。
20080908a
おっとこ前になったっしょ?

あれこれ治療してみたんだが、で、けっきょくインターフェロンが一番よく効くということがわかった。っつぅことはウィルス性ってことね。はぁ~高いんだよね、インターフェロン(-。-) ぼそっ

天は拾った当初、両目がひどく腫れていて、ほとんど目が開いてない状態だった。とくに腫れがひどかった右目は諦めるしかないかなと覚悟したほど酷かった。
20070714b
捕獲当時の写真

幸い、その後の抗生物質治療が効いて、ともかく両目とも見えるようになったし、そしてその後去勢手術の時に、右目の一部が繋がった状態になってしまっていたところを切る手術をしてもらってほぼふつうの猫に戻っていた。

ただ、やたらと涙が出るのはその後も変わらず、一時、抗生物質入りの目薬を点すのを中止していたら、そのマイナス効果がてきめんに出てしまったのだ。
20080908b
思いっきり悪化

で、またもや定期通院と薬漬けの日々に戻ってしまった。

たくさんの諭吉に別れを告げ、そのうえ日に4~5回の点眼と、1日1回蒸しタオルでお顔を拭き拭きする毎日である。天の場合はおそらく一生これを続けていかねばならぬのだ。

まったく手と金のかかる猫である。だがね、それも仕方がないのだ。拾った時点で、ある程度覚悟していたことだから……

天を拾った当初、さてコイツを今後どうするかなと管理人は正直迷った。2ヶ月くらいの子猫ならもらい手はつくかもしれないし、里親探しをしてみっかなと思わなかったわけではないのだ。じっさい、一般公募しなくとも、周囲に子猫なら飼っても良いと言ってくれる人が当時数人いて、頼めばもらってもらえるかも、という期待も多少あった。何より、管理人自身が子猫を飼うことに自信がなかったのだ。いまどきの家猫は長生きなので20年ぐらいは生きる。っつうことは管理人が還暦過ぎてもコイツは我が家にいるわけだ。

そこまで長生きできるかな……管理人のほうがさ(-。-) ぼそっ

でも結局、天はうちのコにすることにした。最後に決断した理由は、きっと今回のようなことが起こる予感がしたからだ。

天の目が腫れていた原因は、ウィルス性の病気という疑いが強かった。抗生物質で完全に撃退することができる病気もあるのだが、なかにはキャリアとして一生病気とつきあっていかねばならないケースもある。そうなると、とうぜん一生通院生活が続くのだ。医療費もかかるし手間もかかる。それがわかっていながら、誰かにお願いしますと言う気にはなれなかった。もしうちで飼う余裕がまったくないのなら、事情を説明して、それでも良いと言ってくれる人にもらってもらったかもしれないが、たまたま我が家でも、あと1匹なら飼える余裕があった。それが、天が犬猫屋敷の一員として生きていくことになった理由だ。

拾った当初は怖いもの知らずで、呼べば喜んで誰にでもついていく猫だったが、成長するうちにもともとの臆病な性格が前面に出てきて、いまや天は見知らぬ人にはまったく寄りつかない警戒心の強いビビリ猫になっている。恐怖が絶頂に達するとやっぱり爪が出るし、おまけに、いまは一時的に止んでいるが、シッコかけ攻撃の妙技も身につけている。そのうえ医療費が嵩むときたら、悪条件の三重苦みたいなものなのだ。

やっぱり、あの時に里子に出さなくて正解だった。せっかくもらってもらえても、これじゃ遅かれ早かれ戻されてきたにちがいない(-。-) ぼそっ

他人様の目から見れば、手もかかるし金もかかるし、そのうえ無愛想なかわいげのない猫でも、やっぱり天は管理人にとっては世界一可愛い愛猫だ。あの時、公園の片隅で目が合っちゃった時点でこうなる運命だったのだ。

織り姫と彦星みたいだね(-。-) ぼそっ

欲しいものも我慢して、必死こいて働いた収入の大部分を医療費と餌代に泣く泣く費やしている飼い主の苦労をよそに、我が家の犬ども猫どもは、きょうも暢気に暮らしている。命の恩人に対して、感謝が足りんぞ、おまえら( ̄‥ ̄)=3 フン

それにしても……インターフェロンって……それもこれから20年間(。_ _) 一日も早く、もっと安価な薬が開発されることを祈るばかりだ。
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

うんうん、天ちゃんオトコマエよ~。
ちょっとウル目なとこがまたいいわ(笑)

毎日のケアたいへんでしたね。けど、とってもきれいになって、
天ちゃんもさぞかしスッキリしたと思います。
保護ねこわさわさ、里子に出せない子ばかりの我家にも
出せたかもしれないけど出さなかった子がいます。
理由は一応ありますが(笑)結局のところは
お互いに縁を感じたんだろうと、そう思っています。管理人さんもそうじゃないかなーと。
しかしながらインターフェロンの値段には私も
卒倒しそうになったことがありますよ。
しかも天ちゃんのように効果がバッチリなら、それでも納得だったんですが、
副作用のみ↑で号泣でしたもん。天ちゃん、よく効いたみたいでよかったですね。
たとえ財布は厳しくとも…。
猫を大事にするといいことあるよって近所のばあちゃんが言うんですが、
お金が出て行くばかりです…。ま、猫が元気でいてくれれば充分ですが。
管理人さん、あと20年弱で還暦?歳近いかも…。

インターフェロン、バッチシ効いてしまったのですよ。それだけは、勘弁って思ってたんだけど(-。-) ぼそっ まっ、しかたないっすね。目が合っちゃったんだから……

猫を大事にすると、ホントに良いことあるんだろうか……まっ、目の周りのグジグジが完全にとれたらシッコテロは止んだから、インターフェロン代で快適な睡眠を買えると思えば……ん~でもやっぱり高いぞ(T_T)

PS……管理人は新幹線と同い年♪
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。