スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコのトイレでお悩みのあなたへ~まとめ~

天のことを、こんなシッコ垂れ猫捨ててやると思った瞬間がある。

じっさい捨てに行ったのだ。妹の部屋にね。まっ、朝捨てに行っても、夜にはまた「ただいま!」って部屋に帰ってくるので、我が家の場合はじっさいの飼育放棄には繋がらないのだが、たとえば相談する相手も、頼る相手もいなくて独りで悶々と悩んでいたとしたらどうなるだろう?

それが、長々犬のおトイレ問題についてこうして書き綴った一番の理由だ。

犬のおトイレ問題に対しては猛然と立ち向かえる管理人が、猫のトイレのトラブルに対しては苛立ちが募ったのは、犬ならちゃんと直せることを管理人自身が実体験として知っているからだ。トンネルの先に光が見えていれば、人は時間をかけても何かをやり遂げることはできる。だが、ほんとうにこれで良いのか、自分が正しい方向に進んでいるのかと迷いが募ると途中で挫折してしまうものなのだ。

お粗相ごときで犬を捨てるなんて最低だと思う人もいるだろう。だがトイレの悪癖がついてしまった犬猫を飼うのはやっぱりそうとうの忍耐力がいることを管理人は実体験として知っている。精神的にも肉体的にも余裕があるなら笑って済ませられることだって、疲れはてて帰ってきて最初にやる仕事が犬の糞尿の始末という生活が続くとやはり堪える。そんな暮らしを十数年続けられる人はそれほど多くないだろう。そういうことが続くと、あんなに可愛かったはずの愛犬愛猫に対して「この野郎!!」と思う瞬間がじっさいにあるのだ。世界一愛しいはずの愛犬愛猫が、以前ほど可愛くは見えなくなってくる。

そこから抜け出せないと思うだけで、飼育放棄という方向に一気に突っ走ってしまう人が多くいるのも管理人は理解できるのだ。だからこそ、じつはトイレの失敗は直せるものなのだとやっぱりわかって欲しいのだ。

トイレの躾で困っている人がもしこのサイトを見ていてくれるのなら、その人にトンネルの先には光があるよと伝えたいと思うのだ。いまはまだ、ぜったいにこの馬鹿犬がトイレの場所を覚えるなんてありえないと思っていたとしても、しつこく続けていけばね、いつかは必ずトンネルの出口に辿りつけるものなのだよ。管理人は一度そこを歩いたことがあるからわかるのだ。ぜんぜん進んでないように思えても、ある日とつぜんトンネルの出口付近まで進んでいることに気づく日がやってくる。

だから諦めないことだ。トイレの場所を覚えられない馬鹿犬なんてものは、この世にぜったい存在しない。同時にトイレを正しい場所でしなければいけないと教えられない飼い主もいない。途中で諦めさえしなければ、必ず誰にだってやり遂げられる。

けっきょく犬のおトイレ問題を直す方法は、

「ワンコが正しい場所でしたら、良く誉めてあげましょう。それを繰りかえすと、ワンコはトイレの場所を覚えます」

に尽きるのだ。新説が出てくるのではないかとか、一瞬にして問題がなくなるすごい技を教えてもらえるのではないかと期待して読んでくださった皆さんには申し訳ないが、「あなたの愛犬が即座に天才になるすごい方法」なんてものは、やっぱりこの世には存在しない。

なぜなら、犬の行動は常に飼い主との関係で変わっていくものだからだ。これはいつも言っていることだが飼い主と犬はペアで一丁前なのだ。犬は、いつも飼い主の行動を逐一見ている。飼い主の表情や声の調子を見ながら、それで反応を変えていく。もし、あなたの愛犬が「トイレの場所を覚えられない馬鹿犬」だと言うのなら、それは天に唾吐くようなものなのだ。なぜなら自分の犬が馬鹿犬だということは、自分が犬に対して正しいことを教えられない馬鹿飼い主だと公言しているようなものなのだから。

犬のおトイレトレーニングは簡単だ。

やらなければならないことは、犬に何が正しい行いかをきちんと伝えてやること。そして犬の行動をよく観察してなぜその場で犬がそういう行動をとるかを飼い主がきちんと理解することだけだ。

それをするのに特殊な技術や能力などは一切必要ない。誰にだって、ちょっと手間をかければできることなのだ。

同時に、これは犬と暮らしていくうえで基本的なことなのだと管理人は思うのだ。

言葉が通じない犬という動物に対して、きちんと自分の意志を伝えられるということ。同時に、彼らの意志をきちんとくみ取ってやること。これさえできれば人に誇れるような芸など何もできない犬だって、少なくとも青筋を立てずに楽しく一緒に暮らしていける。おトイレトレーニングはその入り口の大事な(飼い主の)修行だと管理人は思うのだ。

ある日とつぜん、天のシッコテロはぴたりと止んだ。犬とどうよう猫の場合も、環境を変えてやるということが問題解決の大きな鍵となるものだ。今回、数ヶ月続いた大仕事が終わり、管理人に精神的な余裕が生まれたのと同時に、天のシッコ癖が消えたのは単なる偶然ではないのだろう。環境を変えてやることは重要で、飼い主が、じつはその環境の多くの部分を担っていることを、今回管理人は実体験として学んだ。

だからね、まず飼い主が変わらなければならないのだよ。

飼い主が良い方向に変われば、そして飼い主が諦めさえしなければ、トイレの場所を覚えられない馬鹿犬なんてものは、この世には存在しないのだから。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

メールありがとうございました~早速返信書きましたわ~。

そしてトイレトレーニングは全てに通ずる部分がありますよね~、どんな犬でも覚えないことはない、この言葉を信じられることが大きな第一歩ですよね!
そして天ちゃんのテロが終焉を迎えたそうで…!犬猫ってば人の気持ちに敏感ですよね~。下手な人間より空気読めます(笑)

天ちゃんのテロ報告をもう見られないものかとがっかりしつつ、布団の平穏に(これから寒くなりますし)万歳です^^

どんな犬でも覚えられないことはない、の言葉を胸に、ムジカに猫は敵だと叩き込みます…あれ?逆効果?(笑)

返信、届きましたわぁ~

天のテロ報告は、またそのうち再開するかも(管理人、またもや忙しい時期突入してるし)、読者の皆さんに喜んでいただけるのなら、布団洗いも頑張るわ(←自虐ネタではジョージに勝る管理人)

対猫戦争のムジカ嬢は、まっ、多勢に無勢……だからね。やっぱ上下空間わけ攻撃よ。場所を区切って共存共栄。これが平和を保つ最高の方策です♪

>まず飼い主が変わらなければならないのだよ

私の1年半は、この言葉を実感するためにあったようなものです(笑)
じつは、しっこテロアゲインです。
が、心当たりがある以上(おいおい)、反省しつつ
黙ってお洗濯させていただくことにいたします。
あと、しっこテロに悩む同士たちに(笑)読んでほしくて
拙ブログ記事内にこちらをリンクさせていただきました。
事後報告となり申し訳ございません。

リンクありがとうございますm(_ _)m どの程度猫に応用が効くかはわかりませぬが、根っこの所は一緒かも、とつくづく思うきょうこのごろでございます。

しっこテロアゲン……ですか。他人事じゃないな(-。-) ぼそっ 天の場合は完璧ゼロで1ヶ月ほど推移しているのですが、これだよこれって理由がわからぬままに、ある日とつぜん止まったもので……いつ再開するかオドビクしている管理人。

なので、ちょっと涼しくなった先週も、怖くて布団は出せなくて……寒かった(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。