スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンコのトイレでお悩みのあなたへ~第2章~

トイレは室内か、外オンリーか。

これはけっこう悩むところだ。トイレの室内での失敗を完全になくすには、じつはトイレは外と決めてしまった方が手っ取り早い。外が怖くてたまらないという極端にビビリのコを除いて、管理人の経験から言うと、一般的に犬は外トイレのほうを好むものだ。だから成犬になって、ある程度排泄を我慢できるようになったら、トイレは外だけと決めてしまえば確かに室内でのトイレの失敗は起こりえない。

ただ、犬だって膀胱のサイズでトイレを我慢できる時間には差がある。たとえばうちのコたちのような大型犬だと、たいていは7~8時間、長いときは10時間程度まで我慢できるのだが、いま流行の小型犬はもっと回数が頻繁になる。

外オンリーにしてしまうと、嵐の中でも、病気の時も、とにかく外に行かなくてはならなくなる。今は犬も長生きになって、老後の心配もしなくてはならないことを考えると、じつは大型犬でも室内でできるようにしておくと、便利なことも多いのだ。室内で排泄するコに外でトイレをさせるのは簡単だが、外オンリーのコに、あとから室内トイレを使うことを教えるのは、かなりたいへんな作業になる(←じつは管理人もやったことがない)。

ちなみに、2年前に死んだ愛犬のディーは、最後の1ヶ月ほど薬の副作用で尿意が頻繁に起こっていた。ほぼ2~3時間置きにトイレに行かなければならなかったので、とくに夜のあいだは、室内トイレが重宝した。

で、そういう体験を踏まえて、管理人としては個人的に内外両方でトイレをさせるほうをお薦めするのだが、とくにパピーの場合は、ぜひ室内のトイレトレーニングをと推賞するのは、じつはトイレトレーニングというのは飼い主が犬の躾の基本を学ぶのに非常に良い機会だと思うからなのだ。

トイレトレーニングには、犬をしつける際にやらねばならぬことがすべて詰まっている。

まず第一は、誉めると叱るというオンオフの使い分け。犬が何万円もした羽布団の上でシッコをたれても、冷静に無視して身体中から遺憾の意のオーラをビンビン出しながら、手早く片づけをできるくらいの図太い人間になれれば、たとえ携帯電話に穴を開けられても、買ったばかりの高かったセーターで愛犬が引っぱりっこをしていても、まだ一度も履いていない靴をブタ耳代わりに囓られても、低い声で「No」と叫んで犬を一発で叱ることができるようになる。

犬を叱るときに金切り声で絶叫は、じつはぜったいにやってはいけないことなのだ。叱るときは、低い声で一言。その後あれこれ言うのは御法度だ。

逆にたかがシッコをしただけで、ノーベル賞を受賞したように大騒ぎして大喜びできるくらい飼い主馬鹿になれれば、その後のお座り、お手、待てなんて芸のときの喜び方にも磨きがかかる。たかがシッコ、うんPであれだけ派手に騒げたのだから、お座りなんていう高度な芸ができた日にゃぁ、花火でもあげてお祝いしたい気分になるっしょ?

第二にトイレトレーニングの成功の鍵は、犬を観察することにかかっているという点だ。パピーの頃は頻度が多いのでとくにそうだが、排泄のタイミングを巧く計れるようになると、じつはトイレトレーニングはほぼ8割成功したと言っても過言ではない。そろそろするなっと思ったとき、巧くトイレの場所に誘導できれば、たいていは巧くそこでしてくれる。巧くしてくれれば、誉めることができるわけで、そうすると巧い具合に上昇気流に乗ることができる。

犬の動きや表情を観察して、なにを言わんとしているかを察知するのは、犬と楽しく暮らしていくうえでなにより大切なことだと管理人は思う。言葉を喋れない動物とのコミュニケーションが巧くとれれば、トイレだけではなく、その後のさまざまな生活でいわゆる「ワンコのいる楽しい生活」が送れるのだ。逆に巧くコミュニケーションがとれないと、さまざまな問題が起こってくる。

第三に、まあパピーの場合はそれほど時間がかからないのだが、できるまで続けるという忍耐力を養うためにトイレトレーニングほど飼い主にとって良いトレーニングはないのだよ。たとえばお座りやマテを教えるのは、やりたくなければやらない日があっても済まされる。だが、トイレというのはそういうわけにはいかないでしょう? 嫌でも毎日数回やり続けなければならないわけで、それはすなわち、これから十数年続く犬との生活の典型なのだ。

トイレトレーニングでつまずく飼い主というのは、残念ながらその後も苦行の犬飼い生活を送ることが多い。だが、逆に言えば、これさえクリアしてしまえば、そのあとのさまざまな躾も、トイレトレーニングのバリエーションでしかないのだよ。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

大型犬こそ外でも室内でもできるようにするのがベストですね。
35キロ抱えて階段上り下りはマジきつかった。。。

外オンリーの子はどうやったら室内のシートで
やってくれるんだろうか?
あのおっきな膀胱とのせめぎ合い。


あれ、姫さまはどうだっけ?
最初からシートで出来たの?

今後は(犬の)老後のことも考えて、まっ、人間もなんだけど、やっぱエレベーターをつけるべきじゃないか……と。ホント、よくあの階段、上り下りしたと思うよ。あの巨体抱えて。でもあの巨体が懐かしいよねぇ~(また、鼻水混じり涙)

姫さんはね、うちに来た当日から、「どこでも」トイレはできたのよ( ̄‥ ̄)=3 フン 内と外の区別なく、出たくなったらその場でジャー(T_T)

でも、なぜかベッド、ソファ類のうえではやらなかったなぁ~どういう基準なのか、イマイチよくわからなかった。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。