スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敷居がある国での犬の飼い方

とは言いつつも、犬猫屋敷は代々犬を室内で飼っているのだが、管理人が大きさにかかわらず犬を家の中で飼うのは、管理人が基本的にいつも室内にいるからだ。犬をそばにはべらせていると、犬のことがよくわかるようになる。言葉は通じなくても、犬の考えてることがある程度わかるようになるし、ちょっとした変化にもすぐに気づいてやれる。基本的に犬というのは仲間と一緒にいたい群れ動物なので、常に飼い主が見える場所にいることで精神的にも安定する。だからうちは室内飼いなのだ。室内飼いにする理由は、管理人のそばにいるためで、もし管理人が外で暮らす人だったら、うちの犬たちは管理人と共に外で暮らす犬になる。

四半世紀前、我が家が初代のデュークを室内で飼っていたとき、犬猫屋敷は変わり者の一家だと思われていた。20kg近くある中型犬の雑種を家の中で飼っていることじたい、とても珍しいことだったからだ。当時は猫は室内、犬は外というのが世間一般の常識で、唯一室内で飼っても良い犬は膝に載るような小型犬だけと思われていた。時代は変わって今や都市部では犬も室内飼いにするのが当然だと思う人が増えてきた。だが、それでもそれはまだ一部の人だけが共有する特殊な常識でしかないのだよ。だが保護団体の多くは、譲渡の条件に「室内飼い」を入れている。じっさいは外飼いでももらえるワンコはいるのだが、保護犬をもらうには室内飼いにしないと無理と思いこんでいる人はたくさんいる。

今の保護団体が提唱する理想的な犬の飼い方って、じつは欧米の受け売りなのだ。たとえば室内飼いもその一つで、もともと玄関で靴を脱がない国民にとっては、犬を家の中に入れることにも抵抗感はあまりない。おまけに欧米人にとってもともと犬という動物は、狩りの道具として使うための家畜であって訓練することがとうぜんの生き物だ。そういうベースがあるからこそ、犬がふつうに室内で人間と共に暮らしていける。ところがその基本的な前提を抜きにして、いきなりとにかく犬を家に入れろといくら言っても、それはこの国の文化の中には根づかないと思うのだ。

敷居がない国の文化を敷居のある国に持ちこむときには、それを根づかせるための努力が必要だと思うわけよ。

獣の肉を食べる習慣がなかった日本人も、食べ慣れた醤油味で甘辛く煮たすき焼きの登場で肉が美味しいということに気がついた。同じように、犬を室内で飼うということにも、この国なりの方法で慣らしていかねばならぬのだと、管理人は思うわけだ。別に室内じゃなくても良いんだが、要は犬が身近に常にいることのおもしろさや楽しみ方を教えずして、ぜったい室内飼いもないもんだって思うわけよ。同時に犬の室内飼いには、じっさいダウンサイドもあるわけだし。

掃除と犬のシャンプーをちゃんとしないとさ、部屋が犬臭すぎてマイタケが腐ってることにも気づかない(^_^;)

犬を室内飼いにすることのほんとうの意味ってさ、犬と飼い主の絆の問題だと管理人は思うのだ。だから絆さえちゃんとできていれば、犬が室内で暮らそうが外で暮らそうがどっちだって良いわけだ。それを「うちは外飼いにしてます」って聞いたとたんに目くじら立てて「犬は家族と一緒でしょ?! あなたは家族を外につないで飼うんですか!」って金切り声を上げて叫んでも、変なやつだと思われるだけさ。

犬を室内で飼うことが良いことなんじゃない。犬と四六時中一緒にいられることが、犬にとっても飼い主にとっても良いことなんじゃないのかな? それがほんらい室内飼いを提唱するほんとうの目的なんだと管理人は思うんだが。

処分してくれと持ちこまれる犬や捨てられる犬の多くは、いわゆる問題行動を抱えている。人間が勝手に決めた問題行動のトップファイブに必ず入ってくるのが「トイレの失敗」「家や家具を破壊する」などの室内での問題だ。犬を室内飼いにしなければ、じつは起こらない問題で飼育放棄される犬が多い現実を管理人は悲しいと思うのだ。ついでに言えば「吠え癖」や「咬み癖」だって、退屈した犬のストレス行動であることを考えると、じつは問題行動の大半は犬を室内飼いしはじめたことで起こってるとも言えるのだ。

皮肉じゃない? 管理人は実に皮肉な現象だと思うのだ。

この国には、この国なりの犬の飼い方があっても良いと管理人は思うのだ。そのひとつが外飼いなのだとしたら、それはそれで良いと管理人は思うわけ。サザエさんを見てるとさ、いささか先生の家の飼い犬は、いつも小屋の前につながれている。あれが、これまでずっとこの国の犬の飼い方で、じつは今でもこの国の人の大半はあれが犬の飼い方だと思いこんでいるのだよ。

そういう国で、犬を家のなかに連れ込むためには、それなりの努力と発想の転換が必要なんじゃないかなと、養豚場のような香しい香りに包まれて管理人は徒然なるままに思うわけだ。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

メールはキッチリ届きましたよ。
了解メールも送ったんですがねぇ
もういちど 送ってみまぁす

了解メール無事届きました(^_^)v 白ヤギ黒ヤギ状態でしたね。でもこれで無事参加が決まってほっと一安心♪

っていうか、あたるのか? あたりたい……あたって欲しい(-。-) ぼそっ
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。