スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローマは1日にしてならず

このブログ、じつは何を隠そう飼い主バカによる愛犬自慢サイトである。

だってうちの犬たちって、世界で一番可愛いだけじゃなく、優秀で賢い名犬なんですもの♪(←飼い主バカは死ななきゃ治らない) フセがやっとじゃん、なんていう突っ込みは一切受け付けませんので念のため。

で、何を自慢したいかと言うとだね、以前、鼻高々で吹聴しまくっていた(関連記事はこちら)犬とすれ違うときオスワリしてやり過ごすっていう新しい技のその後なのだが、先日、天敵である例のフラットとまさに1mの距離ですれ違ったのだよ。それもコマンドなんてぜんぜん効かないヒート中のこの時期に。

にもかかわらず、姫ったらちゃんとオスワリしてフラットをやり過ごしたのね。おぉぉぉ~ブラボー(^_^)v

その日、公園の入り口付近で姫がいきなりうんPをした。いつものように大事なうんPを拾いあげ、管理人がそれを愛でているとき、妹の口から警戒警報が発令されたのだ。

「来た、フラット! ヤバイ、即避難!!!」

顔を上げるとすでにフラットが危険水域まで近づいてきていた。ウ~ウ~ウ~ウ~ウ~ウ~

危険水域とは、姫が吠えだすギリギリの距離のことである。それ以上近づくと姫の絶叫が始まってしまう。一度吠えだしたら最後、姫は吠えてる自分の声に興奮していくらNoとこちらが叫んでも吠えるのを止められない。だから、吠えさせてはいけないのね。吠えさせてしまったら、あとは、引きずってその場から逃げるしかないのは長年の経験からよくわかっている。

ところが、その時点ではまだ、管理人の手にうんPが載っていた。

まだ袋に入れてない。せっかく色や形や臭いを楽しんでたとこなのに(T_T)

明らかにうんP処理の途中だというのに、フラットと飼い主はお構いなしにずんずん進んでくる。

どーしてそこで立ち止まって30秒待てないかなぁ~? この狭いところですれ違うんだから、体勢を立て直すまで待ってくれても良いじゃんよ!

この配慮のなさが、管理人がこのフラットの飼い主を苦手とする原因なのだ。できないけど、一生懸命いろいろやって、ようやく犬に吠えさせない方法を編み出したダメ飼い主の気持ちなんてぜんぜんわかってくれないのだ。ようやく成功の道を歩みだしたばかりのペアにとっては、ここで姫が歌い踊ってしまってはいままでの苦労が水の泡なのだ。だからうんPを袋に入れる10秒間だけ待ってくれれば良いのだよ。一瞬立ち止まってくれても良いじゃんか。

だがフラットペアはそれをしない。

ふん、どうせアンタたちは一発目からちゃんとできてたんでしょうよ。「犬がすれ違いざまに他の犬に吠えてしまって困ってます」ってお悩み相談に対して、「スワレ、マテをさせれば良いじゃない? なんでそんなこともできないの?」と上から目線で答えちゃうタイプの飼い主なんだよね。「そんなことも」できないから、こっちは悩んでるわけだ。「そんなこと」が簡単にできるなら、悩みなんて最初からないだろが!(←逆ギレ)

管理人が大慌てでうんPを袋に突っ込むのをあざ笑うかのように、ペアはずんずん近づいてくる。それも道のど真ん中を。せめてどっちかに避けろよ!  大型犬どうしなんだから、お互い道を譲らないとすれ違えないだろうが? でもこの飼い主はそれすらしようとしないのだ。あぁ~ホントに嫌な奴! カラスにつっつかれろ、まったくε-( ̄ヘ ̄)

無事うんPを収納して、管理人は周りを見回した。どの待避場所を選ぶべきか? 1m先の雑木林に飛び込むか、または1m後退して小川のほとりに避難するか?

雑木林に無事入れれば、そこにはかなりのスペースがある。2m以上の距離をとってフラットやり過ごすことはできるのだが、1m前進するということは、完全に危険水域に飛び込むことを意味する。その点、小川のほとりのほうが安全だが、そこには50cmほどの幅しかない。道の真ん中を我が物顔で歩いてくる相手との距離は1m弱。さあ、どうする管理人?! 進むか、退くか?

けっきょく、管理人は後退する道を選んだ。間の距離が1mは完璧に姫の安全範囲を超えているが、それでもオスワリさえさせられれば、やり過ごすことはできるかもしれない。

うんP袋の口を締めるのもそこそこに、管理人は姫を引きずって小川のほとりに駆け込んだ。姫の大好物のブタのハツを塊のまま手に持って。ふだんは小指の先ほどしかもらえないブタのハツの干物だが、その時は10cm角の大きな物を、丸ごと姫に見せつけた。

「ほれ、スワレ。おとなしくできたら、これ全部ゲットだよぉ~」

その時点で、フラットはすでに3mぐらいの距離まで近づいてきていたので、姫はやはり気もそぞろだった。「Sit」のコマンドが一度では効かず、ああ、これまでか!? また歌い踊って赤っ恥をかくのだろうか? と覚悟したその瞬間……

ハツを見つめてうっとりした表情になった姫が、その場に腰をおろした。

やったぁ~(^_^)v

至近距離を通りすぎるフラットを横目でちらちら確認しつつも、姫はそのままじっとオスワリしたままでがんばった。

あと1m、あと50cm、あと30cm……

おっし、危険水域脱出! やったね、姫ちゃん♪

姫を盛大に誉めてやったあと、デッカイおやつを丸ごと口に放りこんでやった。その時、管理人が反っくり返りそうなくらい胸を張っていたのは言うまでもないだろう。

どうだ、参ったかフラット飼い主! ダメ飼い主だって、がんばればこれくらはやらせられるんだ!

こんな偉業を成し遂げた世界一優秀な我が子を、管理人は誇りに思う。ねっ、うちのコってすごいでしょう?

ローマは1日してならず。姫は成犬だし、こういうもんだと諦めていたらば、いまでも姫はギャン吠え犬のままだったろう。だが少しずつ地道な稽古を続けていけば、いつかはできるようになる日が来るのだよ。まさに千里の道も一歩からだ。最初の一歩を踏みださなければ、じつは何も変わらない。
20080329a
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

おー、姫ちゃんったらすごいじゃないv-237
管理人さん、胸を張りすぎて小川に落ちなかった?

それにしても配慮のない飼い主だわね。
そういうヤツは、なにかね、状況判断能力がゼロなのかね。
車とかでも絶対道を譲らないタイプだな。

反りすぎて、ブリッジになりそうだった(爆)

イケズなのか、それとも単にKYなのか、話したことないしわかんないんだけどね。ただ、お願いだから協力してって言いたくなる瞬間はある。何度も言ってるけど「お稽古中」って札下げて歩きたい気分よ、ホント(^_^;)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。