スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれにできること

今回の広島ドッグパーク崩壊のニュースを見ても「ああ、またか」と思ってしまう無感動な自分が嫌だな、と思うことがある。それほどこの手の大量放棄の話題が多いのだ。今年になって何回そういう話題を目にしただろうか?

管理人は姫の絡みでやはり保護団体関係の知りあいが多いのだが、そういう人のサイトに行くとほぼ毎月の割合で、こういった話題がサイトに上がっているのを目にするのだ。

倒産したブリーダーの後始末や崩壊した不適切多頭飼いの現場処理。

それこそ何十頭単位のレスキューはいまや当たり前になっている。どうしてこんな状況になるのか、それを考えたとき、もちろん動物の命を物として扱う人間たちに怒りを覚えるとともに、こういう事態が繰りかえされる現実に憤りを覚えるのだ。

なぜ何も変わらないのだろうか?

どうして同じことが繰りかえされるのだ?

仕事の合間にネットの世界をうろうろしていて、あることに気がついた。600頭近くのが虐待されるという事件が起こっているにもかかわらず、ネットの世界でもこれを問題視している人はごくわずかだ。たとえば、これがドイツだったら(ドイツではこんな事態にはならないはずだが)まちがいなく社会問題になっている。これがイギリスであれば? 米国でもそうとう大きなニュースとして取りあげられることだろう。

例を挙げれば、先日の子猫殺しのニュースよりもネット上での扱いが小さいのだ。子猫殺しの騒動は、最終的に週刊誌にまで取りあげられた。だが、管理人に言わせれば南洋の孤島に住んでいるちょっとイカレたオバサンが、自分の家で生まれた子猫を殺している話より、ペットブームの裏側で犠牲になった580頭もののほうがよっぽど社会問題だと思うのだ。

数がどうのと言っているのではない。猫よりのほうが大事だといっているのでもない。ただ、個人がおかしな理論で飼い猫(いちおう生まれた時点でその家の飼い猫だろう)を殺していても、極端な話、他人にはどうすることもできないのだ。だが、ドッグパーク崩壊に関しては、できるかぎりこういう事態が二度と起こらないよう、社会が監視することはできるはずだ。

ネットで大騒ぎになったからといって、子猫殺しはテレビでも新聞でも週刊誌でもとりあげられた。結果として、より多くの人たちに問題意識を持ってもらうことができたのだ。今回の広島の件に関して、管理人としてはより多くの人に見てもらうべきだと思っている。

だが、そのためのノウハウが確立されていない。それはとても残念なことだと思うのだ。

管理人自身も、物理的に遠いところに住んでいるので、じっさい現場の手伝いには行くことができない。多くの援助をしたくても、やはりできることには限界がある。だが、ネット上だけでも、できることは色々ある。こんな惨状を見ても何もできないと歯がゆく思っている方たちのためにも、ふだんの生活でできることを書きだしてみる。

まず、ともかく毎日最低一回はアーク・エンジェルスのサイトを覗いてみる。現在は情報更新が滞っているが、それでも暇があるなら何度もサイトを見に行くだけで、じつはこのサイトの検索エンジンでの順位が上がるのだ。検索エンジンで順位が上がれば、それだけ多くの人の目に触れる機会が多くなる。ひとりふたりがやってもたいしたことにはならないが、100人が1日10回ずつ開けただけでも1000回分のアクセスになる。ネットというのはアクセス数=露出度の方程式が成り立つ世界なのだ。アクセスがあればそれだけたちに援助がさしのべられる機会が増えていく。悲惨な写真や内容を見たくないのなら、見る必要はない。ただ、サイトを開けて数分間そのままにしておくだけで、アクセス数はカウントされる。

ブログやサイトを持っている人は、ともかくリンクを貼ることだ。ついでに言えば記事を書くときには、広島ドッグパーク崩壊、大量レスキュー、アーク・エンジェルスなどのキーワードを必ず文中に入れることで、その言葉が「ネットでよく使われるキーワード」として検索の対象となっていく。現代の検索エンジンロボットはじつに巧くできていて、各サイトを巡回する際に、よく使われる言葉を拾いだし、それを流行の言葉として表示するようにできているのだ。残念ながら、ここ数日のキーワードのなかにこういった言葉はまだ出てこない。キーワードとして注目を集めれば、じつはこっちのものなのだ。時代のキーワードになれば、各検索サイトに表示されるので、より多くの人がそこから辿って記事を読みにくるようになる。

たとえば管理人が使っているFC2では、トピックごとのスレッドという機能がついている(FC2のスレッド機能についてはこちらを)。他のブログサイトでも似たような機能があるとは思うのだが、せっかくこの件で記事を書くなら、そのスレッドを選択して記事をあげていったほうがいい。これまたスレッドを経由して人が関連記事を見に来るし、まったく興味がなかった人の目に触れる可能性も上がってくる。また、より多くの人が記事を書いているスレッドは、これまた人の目に止まる機会が上がるのだ。

この件で記事を書く際は、できれば同じような記事を書いている人に、トラックバックをつけるのも効果的だ。トラックバックがたくさんついている記事は、そこを経由してより多くの人がやってくるし、そこからより大きな輪が広がっていく。また、ブログの機能によっては、トラックバックの数によって、メニュー画面に上がる人気ブログの順位などが格段に上がるのだ。

アフィリティエートをやっているわけではなし、サイトのアクセス数なんて気にしてないという人が多いだろうが、自分のブログのアクセス数をあげることは、じつは最終的にたちの生きるチャンスを増やすことにつながる。ネットの世界というのはリンクやトラックバックでつながっているものなのだ。自分のサイトにより多くの人がアクセスすれば、そこを経由してより多くの人にこの事態を知ってもらうことができるのだ。また、この件を扱ったサイト数が増えていけば、それなりに社会問題として世間に認識されるようになる。ただ、一時あげてそれっきりでは、あまり効果は期待できない。できれば、時折続報という形で何らかの関連記事をあげていけば、それだけでもずいぶん助けにはなる。

自分のサイトやブログを持っていない人は、せっせとこの関連の記事を見に行くことで貢献できる。極端な話、内容を読まなくてもいいのだ。ただ、関連記事を開けるだけで、アクセス数は上がっていく。よりたくさんの関連記事がそれなりの集客率をとっていれば、おのずと世間はこの話題に注目するようになるものだ。これまたひとりふたりがやってもあまり効果はないのだが、100人、200人となれば話は別だ。Googleなどの検索エンジンで「広島 ドッグパーク 崩壊」をキーワードに入れれば、600ほどの記事がヒットしてくる。

どこのサイトで見たかは忘れたが、広島市に対して援助の依頼メールを出していた人がいた。またフードや備品など必要な品々の販売元に寄付を依頼するメールを出しているという人もいた。むろん、あまり効果は期待できないが、やってみる価値はあるかもしれない。

ネットによる情報発信の手段を持たない人は、新聞などの投稿欄という手だてもある。これまたすべてが採用されるわけではないものの、その手の投稿が一挙に増えれば、地方紙だけではなく全国紙だって無視するわけにはいかないだろう。

新聞の投稿は無理、依頼のメールはちょっとな、という方にもできることはちゃんとある。それは、周りの人に話すことだ。たとえばを飼っているのなら、散歩の途中で会った人に、この件をちょっと話してみて欲しい。悲惨な写真をプリントアウトして持ってあるけとは言わないが、こんなことが起こってますと話をするだけでも、情報の輪は確実に広がっていくのだ。

こんなことをして何になる? どうせ何も変わらないと諦めてしまうのは簡単だが、もしあの写真や動画を見て、何かがしたい、自分の無力さが歯痒いと感じているのなら、家にいたってできることはいくらだってある。直接的な援助にはならないが、背後でサポートする人間が多くいれば、それなりに状況はきっと変わっていくにちがいない。

今回のレスキューは、いちおう2ヶ月を目処に全頭現場から引き上げを予定しているらしい。その後、犬たちのリハビリ、里親探しとこの先いくつもの難関が待っている。ふつうにバナーを貼ってもいいのだが、最初に書いたように、管理人自身こういった緊急レスキューのバナーに無反応になってしまっている。ゆえに、今回はちょっと変わったものを作ってみた。このサイトのヘッダーについている流れる文字の情報板を、いちおう全頭引き上げが完了するまでは、置いておこうかと思っている。元ネタはこちらのサイトからお借りしたもので、それを今回の件に合うようにカスタマイズしたものだ。もし使いたい人がいるようならば、下の枠内の文字をそのままコピーして、ブログの入力画面に貼り付ければ、ほとんどのブログでそのまま使えるはずなので、どうぞご自由にお持ち帰りくださいマセ。




貼り付けるとこんな感じに表示されるはず↓

緊 急!

広島でドッグパーク崩壊現場の
大量レスキューが行われています。
現在必要とされる支援物資、ボランティアの情報は
こちらを→アーク・エンジェルスをクリック!






こんなことをして、何かが変わるのかな?

管理人自身、迷いがないわけではないのだが、まあ何もやらないよりはマシでしょう、ね?
関連記事

テーマ : 【緊急」広島ドッグパークレスキュー450頭
ジャンル : ペット

Comment

なぜなくならないのか・・・
この問いに対する答えはこれ?

「あそこが失敗したのは、やり方がまずかったのだ。
 うちは大丈夫」

そうして、少しずつ絞首刑台の階段を上りながら、本人はあたかも「自宅の階段」を上っていると信じて疑わないのでしょう。
もしも、その階段の先で悲鳴が上がったとしても、信じようとしないかもしれない。
気がついたときには、もうゆっくり上ることも許されなくて、しかも降りることなど考える余地もなくなっているんでしょうね。

悪態つきながら
何が本当の情報か分からないけれども
2チャンネルを上手に使うのも手かも??
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1159552531/101-200

『情報、お送りします。あとはご自分で』式にやってみています。
おっちょこちょいしないように気ぃ付けなきゃ。

★★つむぎちゃん江★★
そうそう、みんな自分だけは大丈夫って大勘違いしてるからね。だいたい犬の動物園のコンセプトじたいまちがっているのに、そのことにすら気がつかない。愚かというか無知というか……

いろいろ情報をチェックしてみるとものすごく複雑な話なんだけど、その辺は、落ちついたら保護団体の公式サイトできちんと説明されるでしょう。2ちゃんはあいかわらずさすがに情報が早いね。むろん、怪情報も混じっているので取捨選択が難しいという難点はありますが……

★★ハルかーちん江★★
そうそう、やって、やって。何もできない、と悶々としてもほんとうに何も変わらんよ。無駄なことでもやってみないとね!

これれ頂きます。
スゲー分かりやすい。
さすが!すばらしい!

管理人さんの『ちょっと一手間』が、注目率を大きくUPさせると思います!

私のブログにも貼らせていただきました♪
とても良いものを作っていただき、ありがとうございます!!

(レスキューされている中にロットワイラーもいるようで、ロットオーナー達もこの件には注目しているようです。純血種のオーナー達も、自分の飼っている犬種のレスキューには強い関心を示すので。)

私のブログにもつかわせていただきます!

★★満月さん江★★
どんどん持って帰って。お代はいらないよ、パンパン(きょうは寅さんモードな管理人)

★★キョーコさま江★★
ちょっと一手間って……塩ゆでするとか?

冗談はさておいて、ぜひぜひ使ってください。広げよう流れ文字情報板の輪ですわ。

今回は純血種がほとんどなので、犬種別のレスキューねらい目かもね。ともかく元気な状態にしたら、こんどは里親探しの難関が待っている。リハビリが必要な犬がおそらく多いから、その犬種に詳しい純血種愛好家の協力はぜったいに必要になると思いますよ。

★★りこままさま江★★
どーぞどーぞ、遠慮なく持って帰ってくださいマセ。気に入っていただけて嬉しいです。ちょっといい気になって定期的にちがうバージョン作ってみようかな(メッセージが替わった方が効果的っていう指摘があったんで)。

それから、皆さまTBもお忘れなく。広げようTBの輪でございますよ。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。