スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレを失敗する犬がいる理由

我が子の成長に、思わず目を細める瞬間がある。

我が子って言っても、うちは毛むくじゃらの四足歩行動物だが。それでも一生懸命いろいろ教えて手塩にかけて育てた以上、我が子は我が子なんだわさ。誰が何と言おうと我が子なの!

で、それはどーだって良いんだが、最近、管理人が我が子の成長に目を細めたのは、ほんとうに、真剣に、姫のトイレの失敗がほぼ0になったからなのだ。きのうも、姫とカイのデカ犬コンビは、管理人が皿洗いをしているあいだ、一緒についてきて、キッチンでうろうろしていた。食後すぐ、それも管理人と一緒でないと入れないキッチンに入れるというイベント性、おまけに、部屋に比べると気温が低いと来ている。最近、姫ちゃんのトイレの失敗がなくなったわね、と気を許してキッチンに入れるとジャーっというのは、じつは失敗パターンの定番だったのだ。ところが、近ごろの姫は、ほんとうに失敗をしないのだ。あれ、キッチンからいなくなったぞと部屋を覗いてみると、ちゃんと自分のトイレに戻ってシッコをしている。以前はさ、出たくなったらその場で悪びれもせずにジャーだったのにね。

もちろん、管理人はノーベル賞を受賞したかと思うくらい派手に姫を誉めてやったさ。いまやった行いは非常に良いことで、今後もがんばって続けるようにときちんと伝えることこそ、しつけの大切な基本だからね。

姫は5歳くらいで我が家に来た。5歳まで垂れ流し状態で育った犬に果たしてトイレトレーニングができるのか? 管理人は「できるはず」と信じていたが、「そのまま諦めて飼ったほうが身のためだ」てな感じで言われたこともある。でもけっきょくはできたのだよ。時間はかかったがね。でも、できた。トイレでできたら誉めてやる、他のところで失敗したら不機嫌な顔で無視。ただひたすら、それを毎日繰りかえしただけだ。

管理人は、トイレの場所を覚えられない犬には会ったことがない。だが、トイレの場所を犬に教えられない飼い主はよく見かける。管理人の目から見ると、しつけに失敗する飼い主というのは、じつは褒め方が下手なのだ。誉めてるのか叱ってるのか、はしゃいでるのか、怒ってるのか、その境目が曖昧で端から見るとすごくわかりにくい。ましてや犬は言っている言葉の意味はわからない。そうすると自分がやった行いが正しかったのかまちがっていたのかがわからず、混乱してしまうのだ。

犬を混乱させる不可解な飼い主の行動は他にもある。たとえば、ワンコを連れて、他のワンコ飼いの家に遊びに行ったとしよう。自分の愛犬が、そこの家のワンコ用トイレで排泄した場合、飼い主はどういう行動をとるだろうか?

犬猫屋敷は言わずとしれたワンコフリーの空間なので、デカ犬だろうがチビ犬だろうが、多頭飼いだろうがすべてのワンコは室内に入れる。そこで、自分の愛犬がうちのトイレで排泄したとき、多くの飼い主さんは慌てて「ごめんね、すみません、あーどうしよう!」と言い出すのだ。

中には「いま外でしてきたばかりなのに、何でまたするのぉ~」とワンコに非難の目を向けてしまう人もいる。他人様の家でトイレを汚し、うちの犬の排泄物を片づけさせるのは申し訳ないという立派な大人的なリアクションなのだ。

だが、犬の目から見たらどうだろうか? どうしてもトイレに行きたくなった。臭いを嗅いでいたら、他のワンコの書き込みの残り香がある。この紙は、うちのトイレと同じ奴だし、じゃあここならしても良いのかなとシャーッとやったら、飼い主さんがとたんに不機嫌な顔になった。何を言っているかはわからないが、どうやら困っているようだ。もしかして、自分はまちがったところにシッコしてしまったのだろうか? ここがトイレだと思ったのは勘違いか?! どーしたら良いんだ!!! 飼い主さんをがっかりさせてしまったのか!?

もうこうなると、ワンコの頭のなかは混乱状態でグチャグチャだ。何が何だかわからない。もしこのワンコがようやくトイレトレーニングを終えたばかりの子犬だったりしたら、その混乱が尾を引いて、家でもトイレの失敗を繰りかえすようになるかもしれない。

奥ゆかしい日本人にはあるまじき行為だが、正しい犬飼いのリアクションは、ここでワンコを誉めることなのだ。たとえそれが他人の家であろうとも、トイレと決められた場所に排泄した場合はきちんと犬を誉めてやる。むろん、行った先の相手が犬飼い道を理解していない場合、友だちをなくすかもしれんがね(笑)

トイレの話は単なる一例だが、周りの目を気にして、飼い主が犬にとって不可解なリアクションをとるというのはじつによくある話なのだ。正しい犬飼い道を歩もうと思ったら、犬にとってはわかりやすいが、他人にとっては不可解な行動をとることが必要になるケースもままあるのだ。だが幸い、人間どうしの場合は、あとからその行動の意味を説明することができるのだ。ならば後からの説明が難しい犬に対して、まずわかりやすいリアクションをとったほうが、合理的ではないですか?

むろん、後から言い訳ができない通りすがりの他人には目を剥かれることもままある。だが、二度と会わない他人に変人と思われても、まっ、管理人的にはぜんぜんOKなのさ。

犬にどうして欲しいかをわかりやすく伝えること。その通りにしたならば、これまた、周りの人に唖然とされようが、犬にわかりやすく誉めてやること。犬のしつけの基本とは、それだけなのだと管理人は思う。むろん、その方法を管理人にしっかり教えてくれたのは、我が家のオバサン犬であることは、言うまでもないだろう。
200706a

関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

二本足だって

二本足のパピーだって同じですよ!(^-^)
お友達のところにお邪魔したら、先に
「ゴメンうち今パンツトレーニング中なのよー、やらかしちゃったらゴメンねー(笑)」
だいたい誰だって同じ道を通っているわけで、
「汚したオムツはここに置いてけばいいよ、うちの分と一緒に捨てとくから」
と言われる場合も。

四本足の場合も、先に宣言したほうが、お互いスッキリ、……にならないでしょうか? (^_^)/

たしかに、二本足も同じ道を辿ってますよね。パンツトレーニング中の悲劇って、友だちからさんざん聞かされた(^_^;) 二本と四本のちがいはおそらく、二本足の場合は二十歳になっておむつがとれない子はいないけど、四本足の場合は、とれないかもしれないって未だ思っている飼い主が多いところかも。

きちんと教えればね、四本足も全員無事卒業できるんですけどね(^_^)v

四本足も、最初に宣言しちゃったほうがたしかに気楽。っていうか、同じ道を辿った記憶のある人だと、宣言しなくても、犬を誉めてる飼い主の耳のうしろをよしよしと撫でてやりたくなる(爆)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。