スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り合いをつけて生きていくこと

最近、仕事で地球温暖化がらみの本を読んでいる。内容自体は、まあ可もなく不可もなしって感じなのだが、自分もそのなかの一人でありながら、思い上がった人間に喝を入れてやりたい気分になった。

二足歩行でちょっと前脚が器用だからって、アタシらって何様?

昔の日本人は、自然と共存するのが巧い国民だった。自然と折り合いをつけ、自然を巧く利用して、快適な暮らしをする知恵に長けていた。物や動物にも魂が宿ると信じていて、人間以外のものを大切にすることを知っていた。そういうライフスタイルって、おそらく古代人と一緒なのだ。自然をねじ伏せるのではなく、折り合いをつけて巧く一緒に生きていく。

管理人は元ダイバーなので、かつては、しょっちゅう海に潜っていた。海に入ると、人間がいかに傲慢でそのうえ無力な存在であるかがよく判る。人間は機材がなければ水中で10分間も生きてはいられない。水温が一気に下がると、身体が麻痺して動かなくなる。ちょっと潮の流れが強くなると、前に進むことすらできないのだ。海のご機嫌が悪いときは、人はいつ死んでもおかしくない。自然というのは恐ろしい力を持っているのだ。何しろ地球が生まれてもう46億年も経ってるわけで、それだけ長く生きていたものをねじ伏せようなんて思うことじたいが大まちがいだ。

たとえば身近なところでは、犬や猫という動物もいる。彼らの身体や行動をよく観察してみると、進化ってすごいなとつくづく思うのだ。寒さをしのぎ、暑すぎる日の光を遮るために立派に進化したステキな毛皮、速く走るための脚の造り、人間とは比べものにならないほどの動体視力や聴覚、臭覚。彼らは、生き延びるためのさまざまな能力をちゃんと兼ね備えている。過酷な環境のなかで、どっちがより長く生きられるかと言えば、道具がなければ何もできない人間などより彼らのほうがよっぽど優秀だ。

ふだんは目も留めない、風景の一部だと思っている草木がなかったら、じつは人間は生きられない。彼らが光合成をすることで、酸素を作ってくれているからだ。植物や動物を食べることで、人は栄養を体内に取り込む。単純に、人間以外の動植物がこの世に存在しなければ、人は生きていくことさえできないのだ。

そのわりには、人間以外のものをすべて足蹴にして生きてる人間ってどうよ? 服という物の力を借りなければ一冬越せない動物が、万物の長だなんてお笑いぐさだね。

そんな暮らしを続けていたら、きっといつか罰が当たるね。人間以外の自然や動物を尊重することを忘れたら、そのうち大きなしっぺ返しが来るはずだ。少なくとも、管理人はそう思う。

人間以外のものすべてと、巧く折り合いをつけて生きていく。考えてみれば、これって犬猫屋敷の管理人のペット飼いの哲学だ。飼い主と一緒に暮らす動物たちが妥協点を見つけて、お互いに気持ちよく一緒に生活していく。うちの四本脚の毛むくじゃらたちは、むろん、管理人にとってはそんじょそこらの二足歩行のガキどもお子さまよりもずっと大切だし可愛いが、だからといって、奴らを人間だとは思わない。人間ではないけれど、だから粗末にして良い物だとも思わない。

人間は特別な生き物で、それ以外の自然も動物もすべて下等な物だというのは、とんでもない勘違いだね。そういう狭義な思考回路しかない人間には、そのうち天罰が下るっしょ。人間は優秀だ、素晴らしい、すべての動物の上に立つ万物の長だって言い張るのなら、その前に地球を一個作ってみてからにしなさいな。科学的に酸素を作って、何もないところから命を作って、水も食べ物も作れるようになってからにしなさいな。それができない間は、自分が万物の長だなんて勘違いはしないほうが身のためだ。

かつての日本人は、自然と折り合いをつけて生きるのが巧かった。いまの日本人は、果たしてどうなんだろうかね? 人はこの国を文明国と呼ぶけれど、文明って果たして良いものなのかどうか、小ぎれいな欲深い二足歩行動物を見ていると、ちょっと首を傾げたくなる。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

危険思想だと、判ってはいるが・・・

今日は「ガンダム」ネタは止めときますが(苦笑)

まったく、同感ですね。
最近の色々な事件等、大は某イージス艦から小は道を譲らないバカガキお子様まで。

「折り合いを付ける」って発想は、ウィルとーさん的には「バランスを取る」って考え方にほぼイコールなんですわ♪
んで、バランスを取るためには必ず支点が必要なわけで、
支点ってのはすなわち自分自身だと思うのですね。
近頃は支点が定まらないくせに、ハッタリ強気でモノを申す輩が多すぎね?

まあ、支点を定めること事態がなかなかに難しいことではあるんですがねー。
ウィルとーさんだって支点は常に固定している訳ではないです。

でもね、やっぱり弱くてもろくて情けない自分を、
許して認めて、そこを足場にしないと前には進めないんだな。
その中で、他人や動物に対して優しい気持ちをもてるんじゃないかなぁ?

自分をキチンと許せて愛せない人が、
他人や動物に慈悲の心を持てるとは思えない。

そんな人が増えちゃってる世の中、何かが間違ってるし、
【粛清をっ!!!!!】・・・・・って叫びたくなってしまふ・・・。


また、コメント長っ(^_^;)

危険思想ってガンダムネタが?(爆) まっ、それは良いとして。たしかに支点は大切ですね。多少グラグラ揺れてても、支点がないことにゃお話にならん。で、近ごろの若いもんときたら、が最近口癖のオバサン的には、思うのだわね。近ごろの子どもがわけわからんのも、みんなけっきょくは大人がカッチョ悪い時代だからなんだろうなって。ほら、いまのオジサンオバサンが子どもだったころって、ウルトラマンが生きてた時代じゃないですか? 大人になれば、それが作り事だってわかるとしても、少なくとも子どものときには正義の味方が存在したわけよ。このクソババア!って叫びたくなるような頑固な大人もいたしね。ただ、あの時代の大人ってやっぱり大人だったのよ。思いきり見栄を張ってたにしても、子どもの前で格好悪いところを見せちゃなんねえみたいなプライドがあった。いまの時代、大人がかっこ悪すぎるよね。大人と子どもが同列まで落ちちゃって、フレンドリーと言えば聞こえは良いが、要は大人が格好悪くてあてにならないんだわ。だから子どもが妙なことになる。

日本人全体の支点がグラグラ状態なんでしょうね。ある日とつぜん温暖化防止だのエコだって大騒ぎしてるの見るとさ、何だかなぁ~ってそう思う。

最近キリスト教の人とお話する機会が多いので、人間は特別ですという言葉をよく聞きましす。先日も聖書の一説を読んで、人間以外のすべては人間のために神様が作ってくれたみたいなことを言ってました。
個人的には人間はあらゆる生物の中で最も劣っているのではないかと考えています。自力で生きられないし、環境破壊しか出来ないし、必要以上の生命を奪うのをなんとも思わないし、数えたらきりがない。
やっぱり天罰下ると思います。

管理人的には、キリスト教の「人間が一番」っていう思想は、西欧的発想だと思うんですよね。かつての植民地時代の、白人はもっとも優れた人種なので、未開の地の「可哀想な」人々に文明を教えてやらねばっていうのと通じるわけだ。

笑えるポイントとしては、誰もアンタが一番すごいって言ってないってとこなんですけどね。勝手に本人たちが言ってるだけ(^_^;)

犬ブログなので、敢えて犬の話に戻すとすると、いま一般的に言われてる「正しい犬の飼い方」っていうのも、じつは西欧流のやり方なんですよ。犬をねじ伏せて、管理して、頂点に立たねばみたいな部分が強調されすぎてる。日本人にはそれが心地よくない部分があるのかもね、って最近いくら言っても「犬のしつけは可哀想」って人に会うたびに思うですよ。

もしかすると、日本人にはもっと日本流のしつけ術があっても良いのかもね。地球温暖化から巡り巡って、そんなことを思っている管理人。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。