スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を通して、ご近所づきあい

きのうの夜は妹がいなかったので、散歩を2回に分けて別々に連れて行った。出がけにカイがぐずぐずしていて、なかなか玄関に出てこなかったからだ。

姫の散歩を先に終え、こんどはカイを連れて近所を歩きまわっていると、通りがかりの女性にいきなり声をかけられた。

「あら? きょうは1匹なんですか?」

暗闇のなかで、お知り合いの○○ちゃんや、××ちゃんのママかと、思わず相手の顔を覗きこんでしまった。だが、近所の犬友だちの飼い主さんじゃないようだ。

「ええ、このコがもたもたしてたんで、きょうは1匹ずつ散歩なんです」

答えながらも管理人、内心「あんた誰や?」と思っていた。おそらくそれが思いきり表情にも出ていたのだろう。オバサンになると、頭のなかで考えていることが、すぐに言葉や表情に出てしまう。これは由々しき問題だ。

話しかけてきた女性は、慌てて自分の身分を明らかにした。

「いつもうちの犬が吠えちゃってすみません。ほら、あの大きな犬」

ああ! ロミオのママだ! ご近所でよくすれちがう大型犬の飼い主さんだった。すれちがうたびに姫と絶叫大合戦を繰りひろげることになるので、めったにそばまで行くことはなくて、おまけにきょうはきちんと化粧をしてお出かけルックでいたために、まったく気がつかなかったのだ。

ちなみに、彼の名前はロミオではない。ただ、毎回姫が彼を見つけるたびに大騒ぎするので、我が家ではロミオと呼ばれているのだ。ちなみにそれまで話したことはほとんどなかったが、どこに住んでいるかは知っている。家の前を通るたびに、ロミオが窓から顔を覗かせて、窓越しに大絶叫するからだ。

きょうはお互いに絶叫マシンを連れていなかったので、ついつい道端で長話になってしまった。なんの犬種なんですか? いくつなんですか?から始まって、近所の犬たちの話題から獣医さんのうわさ話まで犬を飼っていない人にはまったく訳のわからない、犬飼い特有の日常会話を楽しんだのだ。ロミオくんは、最近良くいる「人間は誰でも大好き、でも見知らぬ犬はまったくダメ」というワンコで、そのせいでうちの奴らを見かけると、ついつい絶叫してしまうらしい。それでも、すごく興味はあるようで、もしかすると少しずつ慣れさせていけば、そのうちちゃんとご挨拶できるようになるかもしれない。

ただ、そういう話もちゃんと聞いておかないと、大型犬どうしだと相手の素性がわからなければ恐ろしくてとても近づけたりはできないし、絶叫マシンがガオガオ吠えているときは、ゆっくりそんな話もできないものなのだ。

犬飼いというのは不思議な人種だ。管理人もときどき出稼ぎの帰りなどに顔見知りのワンコを見つけて、うちの奴らがいないのを良いことに思わずグリグリしてしまいたい衝動に駆られる。犬友の世界では、犬は飼い主のIDタグだ。お互いのことを犬でしか認識していないので、飼い主さんには「誰や、こいつ?」という顔で見られるのだ。

まったく見知らぬ他人と、犬を介して知り合いになれる。それって、犬を飼っている一番のメリットじゃないかと管理人は思うのだ。犬を飼っていなければ、管理人のように子どものいない人間は地域社会に溶け込むことは不可能だ。だが、犬を連れて近所を歩きまわっているおかげで、地域の話題にも詳しくなるし、こうして知り合いも増えていく。

高齢化社会で孤独な老人が増えていく。近所に知り合いもいない、亡くなっても誰にも気づかれずに数日間放置されたなどという話を聞くと哀しくなるのだ。もし犬を飼っていて、毎日散歩に出ていれば、家から出てこないことに誰かが気づいてくれたかもしれないのに。犬あまりの現状で、高齢者は犬を飼うにはもってこいの人たちだ。むろん、最後まで面倒見られる保証がないのに犬を飼うのは危険なことだ。だから、安心して年老いた人たちが、人生の最後の相棒として犬を飼える時代になって欲しいなと管理人は思うのだ。

元気が有り余っている人たちには、元気が有り余っている子犬も良い。だが、のんびり犬と暮らしたい人たちには、ゆっくり近所を散歩して、あとは家のなかでまったりと過ごす5歳以上の成犬や老犬がお薦めだ。極端にもらい手が少なくなるそういうコたちと、生き甲斐が欲しい、相棒を求めている孤独な老人を巧く結びつける方法はないもんだろうか?

犬は子犬から飼わないとダメ、という根拠のない神話をまずは崩すことからだわね。成犬から飼う楽しさやメリットを、とにかくたくさんの人に知ってもらうのが手始めだ。ロミオのママと別れて、カイと一緒にノタノタ散歩を続けながら、管理人はそんなことを思っていた。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

そうそう、

わかります~
スーパーとかで声をかけられると
頭の中で
「姉ちゃんか、俺様かポルビか?」と
ファイルをめくってしまいます。

仔犬も一度はチャレンジしたいけど
また成犬を選んでしまうと思います。
だって楽なんですもん^^;

管理人は犬以外では地元に根づいてないんでファイルは一冊。その点は楽ですがね。

ふんふん、ほんとうに成犬楽ですよねぇ~いまうち子猫がいるでしょう? 心の底から、おとなが良いわって思っていますです、はい。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。