スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業界の試み

もういまは新しい犬は増やせないくせに、屋敷に貼ったいつでも里親募集中に気になるコが出てくると、ついついクリックしてしまう管理人である。

きのうも、たまたまふと見ると、姫によく似たビーグルが出ていたので(こんなコなのよ)、ついついポチッとしてしまったのだが、そこからつながりでいろいろ見ていて、ちょっと興味深い愛護団体を見つけた。

このキャンディーちゃんというコを飼ってくれる人を探している団体はJHPA(日本ヒューマン&ペット協会)というNPOで犬猫の里親探しをネット上でやっている、まあぱっと見はどこにでもあるごくふつうの動物愛護団体だ。ところが、なぜ管理人がおやっと思ったかというと、この団体、運営しているのは、じつはペット業界に籍を置く人たちだったからなのだ。

たとえばペット用品を売る店だったり、子犬子猫を販売する店だったり、いわゆるペット関連の仕事で飯を食っている人たちが自ら啓蒙活動やら里親募集の手伝いをやり始めたということが、興味深い流れだなとふと思ったのだ。

管理人のように里親募集を推進したいと思っている人間にとっては、単純な図式で考えると、ペット業界というのはいわば敵である。里親募集を熱心にやっているボランティアさんのサイトなどを見ると、犬猫を有料で売り渡す行為自体が悪であるというような論調もよく見かける。ちなみに管理人はじつはそうは思っていない。利益分を上乗せするか否かを差し引けば、ふつう、里親募集をしているボランティアさんだって、保護した犬猫にかかったコストの一部は里親になる人に負担してもらうのが慣例だ。どうように、犬や猫をブリードして、そのためにかかったコストを価格に転嫁することは、べつにまちがいではないと思うのだ。

ただ問題は、売れる人気犬種(猫種)だという理由だけで、繁殖に適さないコに子犬(猫)を産ませて売る行為や、犬猫を出産マシンとして使うために劣悪な環境に置いておく行為や、何も知らない新米飼い主さんに対して、きちんとした説明をせずに犬猫を売りつける行為だと思うのだ。要は売ることでその一瞬の利益を優先するか、最後まで飼ってくれる人にその人のライフスタイルに合ったペットを供給するか、そこに、悪徳ペットショップと良心的な店の差が出てくるのだと管理人は思う。

ペット産業というのは、いまやペットブームのこの国ではドル箱産業なのだ。とうぜん、金儲けをしたいという輩がどんどん参入してくる。ブリーダーを自称する繁殖屋が幅をきかせることになる。自由経済の日本では、そういう人間を排除することはできないのだ。だが、そういう連中に、儲からないから止めようと自ら思わせることはできるのだ。そのためには、賢い消費者が増えなければならないと思う。

「チワワだと言われて飼ったのに、大きくなったらチワワに見えない!」

チワワの子犬かどうか見分けがつかない時点で、なぜチワワが欲しいと喚くのか、管理人は理解できない。

「お店にジャックラッセルテリアの子犬がいてね、店員さんがおとなしくて良いコですって言ったから買っちゃった」

ジャックラッセルテリアに「おとなしい」という形容詞を使う時点で、その店員は無知なのだ。そんな店員には「嘘つき!」と言ってやってさっさと店から出たほうが良い。

悪徳ペット業者は、消費者の無知につけ込んで、相手を騙して金儲けをしようとする。それを見抜けるか見抜けないかは消費者側の知識の量で決まるのだ。ペット業界の自浄作用に期待すると同時に、騙されない賢い消費者を増やすことで、いまの歪んだペットブームはまともな状態に戻っていくと管理人は思うのだ。

賢い消費者が増えれば、悪徳業者は自然と淘汰されていく。それが結果的には処分される命を減らすことになる。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。