スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シッコたれ王子

我が家のシッコたれ王子、最近やたらと人の布団や服の上にマーキングを繰りかえす。

20080120a

ほんとうに、あのチビ、やんなっちゃうわ!
部屋が臭くなっちゃうじゃない(怒)

とすでに引退した元シッコたれ女王はおっしゃるが、天の失敗スポット第一位の犬用ベッドに天がスプレー行動を繰りかえすのは、たぶんそこに姫の臭いがまだたっぷり残っているせいだ。
20080120b

あなたのやること、何でも真似するんですから、
もう部屋にシッコたれるのは止めてください!

姫は、この1年でほぼ完全にトイレの失敗がなくなった。ほぼ完全というのは、いまでも、もよおしたときにトイレの掃除が終わってないと、トイレから数センチ外れたところでしてしまうことが、まだ年に何回かはあるからだ。まあこれは、飼い主がずぼらなせいで、それを差し引けば、姫はトイレの問題がほぼなくなったと言ってもまちがいにはならないだろう。

ところが、シッコたれ女王の引退と前後してこんどはシッコたれ王子が活躍しているのである。

あぁ~頭が痛い(。_ _)

天が、最初にトイレ以外の場所でお粗相をしたのは、何と管理人の掛け布団の上だ。「猫はトイレは失敗しないはずだったでしょぉ~!!!!」と絶叫する管理人に対し、猫担当管理人である妹は「あらあら、天ちゃん、何か気にくわないことがあったのね? そこでシーシーしちゃったの? カワイチョーにねぇぇ~」と余裕をかましていたのだ。

だが、数日後、自分の部屋のベッドの上で天が思いきりたれたときには、般若の顔で猫を小脇に抱えて戻ってきた。

「この野郎、人のベッドの上に、それも羽布団の上に堂々とシッコしやがった(怒)それも、わざわざ人の顔見て、ジャーッとやりやがった(激怒)」

他人の不幸は蜜の味……である。

「あらあら、天ちゃん、何か気にくわないことがあったのね? 妹のベッドでシーシーしちゃったの? カワイチョーにねぇぇ~」管理人が嬉しそうにほほえんだのは、言うまでもないだろう。

猫飼いである妹は、糞尿がらみのイタズラには極度に弱い。雄猫のなかには、マーキングがひどいコもいるのだが、たまたま我が家はしばらく雌猫ばかりだったので、布団を汚されるというような騒ぎはここ十数年起こっていないかったのである。

犬は、猫に比べるとトイレの躾に時間がかかるので、元来犬飼いの管理人にとっては、新しいコが来たらしばらく糞尿処理に明け暮れるのは、まあ日常茶飯事である。だから、犬部屋には糞尿処理用グッズもふんだんに用意されているし、それこそ、目にも止まらぬ速さで、ささっと片づけができるようになっている。まあ、こんなこと自慢にはならないんだがね(-。-) ぼそっ

で、イタチごっこのような糞尿処理に疲れたので、たとえ猫たりとも、きっとトイレトレーニングはできるはずだという信念の元に、現在は猫に対してワンツートレーニングを実施している管理人なのだ。そろそろトイレの時間だと思ったら、天におやつかミルクを与える。そうすると腸が動くので、その後まずまちがいなく奴はトイレに直行するのだ。その時に、他のところでしようとしたら、すかさずトイレに連れて行く。巧くできたらたんと誉めてやったりもする。まあこの方法で絶対的に失敗の数は激減しているので、あながちまちがいではないのだろう。

一時、ほぼ毎日どこかでシッコをたれていたせいで、毎日洗濯機を回しまくっていた管理人は、ふと10年前にツチノコ兄弟が我が家に来てすぐのころのことを思いだした。2頭が完全にトイレの失敗がなくなるまでの約1ヶ月、管理人は日々洗濯と床拭きに明け暮れたものである。ちょうど冬だったのでみごとに手が荒れて、ついでに極端に使用量が上がったメーターを見て、水道局から「もしかして、どこかで水漏れしてないですか?」と問い合わせがあったほどのすごさだったのだ。

子犬や子猫を家に迎えれば、糞尿処理が漏れなくついてくる。ただ、最初の時にちゃんとトイレの場所を教えておけば、その後十数年、失敗の心配無しに暮らしていける。新しいコが入ってきたら、失敗されても泣かないように、危ない場所にクッションシートやレジャーシートをあらかじめ敷いておいたり、布団もカバーの下にビニールシートかトイレシートを入れておくと処理が楽だ。布団は、できれば丸洗いができる、汚されても泣きを見ない安物の布団がお薦めだし、それこそ、シッコ問題が片づくまでは、最後は捨てても良いようなぼろぼろの布団を使えば良いのだ。

ペットのトイレの問題で悩む飼い主は世の中多いが、訓練中はやられても泣きをみない自衛手段はいくらでもとれる。要は頭と100均グッズをフル活用すりゃ良いのだよ。犬だって猫だって、教えればちゃんとトイレの場所くらいは覚えるのだから。

天のおかげで、オレンジXの買い置きがみごとに一瓶なくなった。もうすぐ目の手術と一緒に去勢手術をする予定なので、そうすればスプレー行動はなりをひそめるだろう。それまでは、毎日せっせと洗濯して、地道なトレーニングを続けていくしかないね。

そういえば、うちの天さま、自分のトイレ以外に、なぜか犬用トイレでもちゃんと用を足すことができる。呼んでも出てこない時は、おやつの袋をガサガサさせると、奴はどこにいてもかならずぶっ飛んできて管理人の前でオスワリする。猫なのに、こんなことで良いのだろうか?

将来は、世界初のフリスビーキャットを夢見て、猫のワンツートレーニングに勤しむ管理人なのである。

20080120c

オスワリ!
びしっ!
関連記事

テーマ : わんことにゃんこ
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。