スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番犬

日本では古くから、犬を番犬として飼ってきた。

家(テリトリー)に見知らぬもの(敵)が近づいてきたら警戒して吠えて追い払う。それがほんの四半世紀前までは、この国での犬の仕事のメインであり、日本人が犬を飼う理由だったのだ。

ゆえに、日本犬というのはほんらい、飼い主以外にはなつかない、無愛想な犬が好ましいとされてきた。飼い主に忠誠を誓う、英語で言うところの「one man's dog」というのが古式ゆかしいすばらしい日本犬の条件だったのである。

ときは変わって、いま犬はコンパニオンドッグという新しい地位を与えられるようになった。人や他の犬に対して友好的で吠えない、牙をむかない穏やかな犬が好まれるようになった。

「すみません、うちの犬、人見知りがひどくて。知らない人にはなつかないんです」

愛想のない、現在の犬の基準では可愛くないと言われかねない犬を連れた飼い主さんが申し訳なさそうに言うのを聞くたび、管理人は、そんなに気に病むことはないですよ、と心から同情する。その犬が明らかに、柴などの日本犬の血を引いているときはとくにそう思う。

イタリア人に囲まれたとき、一番はじけてる日本人なんていませんよ。とびきり明るい、社交的な日本人だって、アメリカ人のあいだに入れば、おとなしい、無口だと言われちゃうんですよ。

他人になかなか馴染まない、飼い主のみに忠誠を誓うというのは、日本犬が長年培ってきた遺伝的な美徳なのだ。だから、洋犬や洋犬雑種が持つような底抜けのフレンドリーさを日本犬の血が濃い犬に求めてもしかたがない。それは欠点ではなく、犬種の特徴なのだから。

ご存じのとおり、犬猫屋敷のお犬さまたちは、バリバリの外犬(がいけん)である。ハグ&キスが挨拶だと信じているので、初めての人や犬に対しても、驚くほど馴れ馴れしい。
「ハァ~イ、オレ、犬猫屋敷DJ。きみ、なんて名前? ふ~ん山田ポチか。ねえ、ポチって呼んでいい? オレのことはディーって呼んで。友だちはみんなディーって呼ぶんだ。で、どこに住んでんの? 飼い主さんはどんな人? ねえ、ねえ、きみおやつは何が好き?」

日本の犬たるもの、まず最初は2mの距離をとって、お辞儀をするのが礼儀である。最初は「山田さん」と敬称つきで呼びかけ、敬語で「良いお天気ですね」などと無難な話から始めるのが日本の犬としての礼儀というものだ。

ところが、奴らときたら、いきなりハグ&キスでおまけにため口で話し出す。ゆえに、多くのお友だちから嫌われて、めったに仲良くなれることはない。本犬たちは「友だち」と信じている、顔見知りの犬が近所にたくさんいるだけだ。

大きな犬をたくさん飼っていると、番犬になっていいわね、と言われることも多いが、うちの奴らは番犬には決してなれない。まず第一にテリトリー意識の欠片もないので、他の犬や人間が庭に入ってこようがお構いなしなのだ。

むろん、門を開ける音がしたら、彼らは一斉に吠え始める。だが、それは警戒の吠え声ではなく

「アタシたち、ここにいるわよぉ~ 早く入ってきて、撫でて撫でて!」

という呼び声なのだ。

その証拠に、玄関を開けて人が入ってきたとたんに、吠えるのを止めて一斉にお客さまに殺到する。

脳天気で性善説を信じている犬猫屋敷の犬たちは、うちに来る人はすべて自分たちをグリグリするために来ていると信じて疑わないのである。

むろん、どんなにおとなしくてフレンドリーだとは言ってもあのサイズである。犬が嫌いな人にとってはじゅうぶん脅威だとは思うのだが、うちの奴らが人を襲うとしたら、顔を嘗めまくって相手を窒息死させるのが唯一の攻撃方法だ。

近ごろの犬は番犬にはならない。とくにうちのような洋犬雑種の場合はテリトリーを守らなくてはならないなどという意識すらない。万が一賊が室内に侵入したとしたら、おそらく最前線で戦うのはチビ姐さんを筆頭とした猫軍団のほうだろう。

ついでに言うなら、うちの犬たちは「one man's dog」どころか「everyone's dog」の典型なので、自分のご主人さまがだれかもまったく判ってない。散歩の途中で大好きな○○ちゃんのお母さんに会ったりしようものなら、管理人がいくら「Come!」と叫ぼうが、名前を呼ぼうが恍惚の表情で撫でてもらうという至福の時間を中断する気もしないらしい。飼い主さまのコマンドなど、まるっきり無視する可愛くなさだ。そんな冷たい愛犬たちの姿を見るたび、深いため息をつく管理人なのだ。

ご主人さまのためなら、火の中水の中という表情を浮かべてきりりとしている日本犬を見るたび、管理人は羨ましくなる。誰にでも愛想がいいのはけっこうだが、莫大な餌代やら医者代を稼ぐために日々汗水たらして働いている管理人のことをもう少し大事にしてもバチは当たらないだろうに……

けっきょく、誰だって隣の芝生は青いのだ。ないものねだりで、世界一愛想のいい犬たちを尻目にため息をつく管理人なのである。

DJ134.JPG

ねえ、ねえ、ねえ、いま「可愛い!」って言った?
オレ? オレ? オレのこと??
関連記事

テーマ : 犬と猫の多頭飼育
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。