スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫の一念、岩をも砕く

チビ姐さんの調子が、やっぱり良くない。今週は夜中に具合が悪くなって、昨日朝っぱらから獣医に駆け込むことになった。詳しい原因はまだ判らないのだが、泌尿器系に問題があることはまちがいなさそうだ。何しろ人間で言えば90歳を過ぎているわけだし、身体のあちらこちらにガタが来てもおかしくはないのだが、たかが猫とはいえ、20年近くいっしょに暮らしてきた家族の一員である以上、やっぱりできるだけ長生きして欲しい。

そんなわけで病身の姐さんに便宜を図るため、きょうは管理人が出稼ぎのあいだ、犬たちを管理人の部屋に閉じこめていかねばならなかった。姐さんがいつでも好きな時にトイレに行けるようにキッチンのドアを開け放しているのだが、犬たちを廊下で自由にさせておくと、姫がキッチンやその奥の食料庫に侵入し、盗み食いをしたり、マーキング危険地域の茶の間に入って、お粗相をしたりする危険が大だからだ。

ちなみに、この日記の長年の愛読者はよくご存じのとおり、姫をどこかに閉じこめるというのは、豚に木に登れというよりもっと難しい。姫が我が家に来た直後から、ことごとくバトルを繰りひろげては、姫が全戦全勝という管理人にとっては頭の痛い実績がある。

むろん、姫をケージかクレートに入れていくという方法はあるのだが、それをやると、「犬を檻に入れるなんて可哀想」と親に言われて鬱陶しい。なので、何とか大人しく犬部屋で1日過ごしてくれないかと、管理人としては色々頭を悩ませているのだが……

で、毎回グレードアップし続けている姫返しの柵なのだが、きょうの作品は、はっきり言って管理人の自信作だった。

部屋の入り口のL字部分に犬用クレートを押し込み、クレートを手前に引き出せないよう、隙間に猫用の小型クレートをぴったりとはめ込む。下を通りぬけられないよう、姫の食卓に使っているプラントハンガーを床に配置。クレートの側面に第一の柵を設置し、それを押して開けられないよう、ドアと柵の間に猫用のトイレ砂が入った段ボールを押し込む。

出社前のくそ忙しい時に、汗だくになってこのバリケードを作ったのだが、できあがった作品を見て、はたと気づいた。

これなら姫だって、ぜったいに出られないが、果たして管理人はどうやってこの部屋から出れば良いのだろうか?

しかたがないので、まずはハンドバッグだけ廊下に投げだし、その後、クレートの上をつたってようやく外に脱出した。

姫を閉じこめるのは良いが、毎回管理人はこそ泥みたいに部屋から出なくてはならないのだろうか? これじゃ、家人も誰一人部屋に入れない気がするのだが?

で、こんなに苦労して作ったバリケードだったのだが、夕方家に帰ってみると……

200706a

お帰り


何で、アンタが玄関にいるんじゃい!

留守番していた家人の話によると、今回のバリケードを破るのにかかった所要時間は2時間だったそうだ。これまでは、ことごとく30分以内に突破したことを考えると、やはりきょうの作品はかなり良い出来だったらしい。

だが、ひとしきり格闘しても突破できなくて、苛立って癇癪を起こし、さんざん鳴きわめいて大騒ぎしたあと、扇風機を無理矢理棚からはたき落とし、部屋中にシッコをまき散らしたもようだ。

帰ってみると、部屋は目も当てられない惨状になっていた。

その上、どうやって出たのかはっきりとはわからないが、姫はみごとに何重にも張りめぐらされたバリケードを突破し、2時間後には廊下を悠々と歩いていたという。

人間さまが閉じこめられるようなバリケードを張りめぐらせても、やっぱり出て来ちゃううちの犬ってどうよ!?

ちなみに、いったん脱出したからといって、姫はずっと廊下にいるわけではないのだ。自由に出入りできることさえ確認すれば、あとは1日の大半を部屋の中でのんびり寝て過ごしている。だったら、最初から大人しく部屋で過ごしてくれれば良いものを、だが姫にしてみれば、自由に出られないという状況が我慢ならないのだ。

姫はそうとうジャンプ力があるのでおそらく1mくらいの柵なら簡単に越えてしまう。力があるので多少の重しも動かしてしまうし、物を押すだけではなく引くという作業も難なくこなす。おまけにものすごく器用なので、簡単な鍵なら前脚と鼻を使ってすぐに開けてしまうのだ。

そんなふうにどんなところからでも脱出できる犬なのだが、待つことにメリットがあると思えば、ドアを開けておいても大人しく中で待っていられる。だから、閉じこめるのではなく、自らの意志で中にいたいと思わせれば良いのだが、管理人の外出中はどうしてもこれが巧くいかない。

週末にホームセンターに行って、頑丈そうな門を見繕ってきたほうが良いだろうか? それともキッチンのドアをぶち抜いて、猫用の出入り口をつけてみるか?

姫と管理人のバトルはまだまだ続いていきそうだ。
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

いつも読み逃げしてます。
我が家の3代目のチィーも、雷がどんなにとーくで鳴っていても、気が狂ったようになり外へ出ようとあらゆる手段を使っていました。
そのたびに小屋の修理が発生しいったい幾ら掛かったことやら。頑丈な網は食いちぎられ犬歯がほとんど無くなっていました。
あるときは、ブロック塀を体当たりして壊していました。姫の事読んでいて思い出してしまいました。ちなみに4代目のルーは、全く動きません。吠えません。いつ見ても寝てるか、目だけで人の動きを監視しています。
4代とも、里親探しで巡り合った子たちですが、それぞれ個性的で楽しませてもらってます。

姫ちゃん大好き。引田テンコウばりに相変わらずやってくれます。自分の目的のためならあらゆる知恵をしぼって困難を乗り越えていく、もし人間に生まれていたら大実業家か有名な冒険家になっていたでしょう。いつかワンワンオリンピックでも開催したら姫ちゃんのために障害物抜けなる競技をもうけてほしいです。

★★ルーさま江★★
あっ、それわかります。姫もうちに来た当初は雷にパニックしてドア突き破りましたから(^_^;)

その場から逃げだしたい一心で夢中になってやるもんだから、怪我をするんじゃないかってそっちのほうが心配。

ドアなんか替えりゃいいわけで、そんなことは道だって良いんだが、愛犬が怪我したらそれこそ大パニックですわ。

姫のことだから、そのうちほんとうに床掘ってそこから脱出するかもしれませぬが……

土台だけは壊さないでおいて欲しい(-。-) ぼそっ

★★ちわままさま江★★
ファンの期待を裏切らず、あいかわらずかましてくれるお姫さまですわ。姫がいなかったら、ぜったいこんなに長くブログを続けることは出来なかっただろうなと最近つくづく思います。

ホント、毎日ネタをありがとうって感じです(トホホホホ)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。