スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢化による医療費の増大

昨日はえらく忙しかった。

仕事がらみで人と会う約束があったにもかかわらず、前の晩、チビ姐さんの調子が悪くなり、大慌てで朝っぱらから医者に飛んでいったからだ。

これが若い犬猫ならば、ビオフェルミンでも飲ませて、半日ぐらいようすを見て、それでもダメそうだったら医者に行く程度のことで済むのだが(じっさい、ツチノコ兄弟が若かった頃は、たいていは病院に行かずに済んでいた)17歳の老猫となると、ちょっとでもおかしかったら即座に病院に直行になる。

ようすを見ているうちにどんどん様態が悪化して、医者に診せた時には手遅れなんてことにもなりかねないからだ。

前の晩、トイレに何度も通っている姿を見て、こりゃまた膀胱炎が再発したか、または老猫に多い腎臓病かと心配になったのだが、チビの奴、朝になったらケロッとしてご飯もいつものようにバリバリ食べている。

医者に行くのは夕方でもいいかなぁ?

でも、小康状態ってこともありえるし……

で、けっきょく朝っぱらから医者がよいである。前の日の夕方に、天の定期検診で行ったばかりだというのに……

はぁ~獣医に日参って、まったく!

で、チビ姐さん、何しろご高齢なのでこの際だからと、延々2時間かけて、エコー、血液検査、検便、尿検査、ついでに血圧測定までフルコースの検査をやってもらった。で、結果的には多少腎臓が弱ってはいるものの、17歳とは思えないほどの健康体という折り紙つきで帰ってきた。腎臓の働きを高めるお薬と、血圧が少し高めだったので、念のため血圧を下げる薬ももらった。

まあ、猫の17歳っていったら、人間で言えば91歳だそうなので、確かにそれを考えるとチビ姐さんはめちゃくちゃ元気な婆さんだわ。

犬猫には健康保険なんてありゃしないので、検査と注射とお薬をもらっただけで、諭吉さんたちに涙ながらにお別れしなくてはならなかった。

See you again! また気が向いたら、この財布に戻ってきてね(号泣)

天はまだまだ投薬治療が続くし、姫は前回の血液検査で腎臓の数値が悪かったので、再検査をしなくてはならない。カイはいまのところすこぶる元気だが、何しろ兄弟犬が癌になってしまったので、やはり定期的な検査は欠かせない。天以外は全員が老猫老犬の犬猫屋敷では、家族の高齢化による医療費の増加は大問題だ。

年金暮らしのジィジ・バァバはどうせあてにならないし、やっぱり管理人と妹が頑張って稼ぐしかないわけだわね(ため息)

たかが犬猫に大枚はたいて検査や治療を受けさせるなんていうのは、ペットを飼っていない人から見ると、おそらく信じられない愚行だろう。だが、十数年いっしょに暮らしていると、犬や猫も、もはや家族の一員なのだ。動物たちは人間よりずっと寿命が短いので、どんなに頑張ってもせいぜい20年前後しか生きてはくれない。だからこそ、できる限りその寿命をまっとうさせようと飼い主は悪あがきする。

頑張って働けば、その金で少しでも奴らを長生きさせられると思えば、諭吉との別れも辛くない。

多少はね……

やっぱり、お別れする時は涙出るけど(-。-) ぼそっ

歳をとった時、医療費に困ることがないように、いまから天名義で積み立て貯金をはじめようかと真剣に思ってしまう管理人である。

20070722

関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。