スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母は強し

出入り業者に頼まれて最近1冊の本を読んだ。



越後屋の長男の幼稚園の同級生の母親が書いた本だという。当初、管理人はこの話にあまり乗り気ではなかった。シングルマザー、癌の再発、治療と聞いただけで、かわいそう、同情、悲劇なんていうネガティブなキーワードがぽんぽん頭に浮かんできたからだ。

「まあ、そう言わんで、騙されたと思って読んでみろ」

「そういうお涙頂戴系って得意じゃないからねぇ~」

「読んでみて、いやだったら宣伝してくれなくていいからさ。良かったら何か書いてくれればいい。けっこうイメージぶちこわすような本なのよ。横内さんって男みたいにさばさばした人でさ」

毎度のことながら、越後屋の話は半分だけあっていた。

たしかに、本は想像したのとはまったくちがう内容で、お涙頂戴どころか、読んでいて逆に元気をもらうような内容だった。だが、この作者である横内さんという女性が男みたいというのは大まちがいだ。

彼女がもし男なら、いまごろとっくに病気に負けてしまっている。少なくとも越後屋のような根性なしの男には、ここまで気合いの入った生き方などとてもできないと管理人は思ったのだ。

やっぱり女は強い。そして母になるとその強さが5千倍くらい増幅する。母ちゃん、すごいぜ、と思わず言いたくなる本だった。

横内さんは、歌手として全盛期の30代に最初の癌告知を受けている。乳ガンの摘出手術を受け、そのときはいったん全快したものの、数年後、癌が転移していることがわかった。そのとき、彼女のお腹には永遠くんが宿っていた。そこから、親子二人三脚の癌治療と子育ての毎日がスタートする。

正直たいへんな状況なのだが、不謹慎とは思いつつも途中で声をあげて笑ってしまった。世間で言うところのドクハラを受け、「この男にはわたしの胸は切らせない」とブチ切れ、ようやくアポがとれた有名医相手に喧嘩をし、ともかく自分が納得できる治療方法を探しまわるのだ。彼女は癌の治療と子育てを続けながら、病院に24時間の保育ルームをという運動を始める。闘病生活で知り合った仲間やかねてからの友人たちのバックアップもあって、やがてCDを発売することになり、いまはこの運動に支援を呼びかけるための公式サイトもできている。

この国で、出産率の低下が問題になって久しい。政府はあれこれ対策を立てているようだが、いっこうに大きな改善は見られないという。それもそのはずだ。子どもの将来に不安があるのがわかっていて、喜んで子どもを産む馬鹿はいない。

この本を読んでいて、福祉とは何だろうとつくづく思った。自分が病気になったとき、安心して家族とともに過ごしたいというのは誰だって思うことだろう。ましてや小さな子どもがいれば、自分のことより先にその子のことが気になるはずだ。たしかに、子どもを預かってくれる保護施設はある。だが、入所手続きが煩雑だったり、きょう言ってきょう預かってもらうわけにはいかなかったり、病院との距離が離れていたり、さまざまな問題点があるようだ。

結果的に、検査や入院が遅れて病状が悪化するケースもままあるそうだ。ましてや片親だったとしたら、経済的にも精神的にも負担は大きい。

国の出生率が低下したと騒ぐのなら、安心して産める環境をまず整えなくてはならない。福祉の基本は人として最低限の生活ができるよう、万が一の時は周りがきちんと救いの手をさしのべられるシステムができていることだろう。

小さな子どもがいる親にとって、子どもと一緒に過ごしたいというのはとうぜん誰もが望むことだし、基本的な権利だと管理人は思う。それが実現できるよう、病身で声をあげなくてはならない人がいることじたい、何か変だと思うのだ。

まったく、高い税金をとるなら、こういうところに使って欲しいもんだよ。政治家が飲み食いしたり、誰も来ない○○会館作ったり、めったに人が通らないところに豪華な道路を造るんじゃなくてさ。

けっきょく、日本ってほんとうに弱い人、助けを必要としている人間にとことん冷たい国なわけだ。そういうあてにならない国を好きになれって言われても誰も愛国心なんて持たないだろうね、きっと(-。-) ぼそっ

ともかく、そんな横内さんの話が今回ドラマになった。関東では、来週の金曜日(26日)にフジテレビ系で21:00~の2時間ドラマ(金曜プレステージ)として放送される。

まっ、ドラマなんでね。もしかすると管理人の嫌いなお涙頂戴風に仕上がってるかもしれないが。あの嘘つき管理人、と思ったら、まあ本のほうを読んでみてよ。かわいそうとかお気の毒とか思う前に、すいませんアタシ無駄に生きてました、ってひれ伏して謝りたくなるような本だから。

ちなみに、横内さんちのブログもお薦め。たまに更新が長く滞ると具合が悪いのか!?と心配になっちゃうのだが、辛い治療を受けながらも毎日生き生きと頑張っている彼女の日常がのぞけます。

おっと、最後に犬ブログらしくこの話も付け足しておかねば……

横内さん、じつは犬も飼っているのだ。現在は入院中の身ゆえに有料のケンネルに預けているのだが、愛犬キャンディーを飼いはじめた直後に彼女は最初の癌宣告を受けている。とうぜんのことながら、世話がたいへんだから処分しろと周りから言われたにもかかわらず、彼女はキャンディーは家族だから、とずっと一緒に暮らしてきた。

どんなに健康な人間でも、たとえ若い人だって、ある時とつぜん病気になることは誰にだって起こりえる。そんなとき、自分が守っていかなければならない家族をどうしたらいいのか。これを機会にちょっとでも考えてもらえるといいな、と管理人は思っている。
関連記事

テーマ : オススメの本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

テレビ化かぁ~

読む人、増えるだろうね~
つむぎはまだ読んでない。というか、最近本を購入することはまずないです。
図書館でかりまくってるからw

越後屋サン~近所の図書館にリクエストはした?つむぎは、明日(火曜日はつむぎ家の図書館の日。でも、日曜日にもふらっと立ち寄ってきた)図書館に行って、リクエストしようと思う。
東京都下では葛飾・三鷹・昭島・練馬にしかまだ置いてないみたい。

注文しました~

取り急ぎ、トラックバックさせて
もらいましたわ。

★★つむぎちゃん江★★

テレビ化されると本が売れる。これ、日本の出版業界の常識なんですね。まあ、本が売れるかどうかっていうことより、こういう問題があるって多くの人に知って欲しいわけだし。だから、ドラマも単なるお涙頂戴じゃないことを祈っちゃうよ。

そうそう、図書館とかに置いてもらうのって良いアイデアだ。リクエストしてもらうと、そこの自治体が買ってくれるんだよね。ぜひとも皆さまよろしくお願いいたしますm(_ _)m

いま若年層のガンがものすごく増えてるし、子育て中に病気になるっていうのは他人事ではないと管理人は思うです。

★★ゆきのじょうさま江★★

ご注文ありがとうございますm(_ _)m

読んでご感想をお聞かせください。ゆきのじょうさんのところも小さな坊やがいらっしゃるし、ぜひとも周りの方と回し読み(←本売れないじゃないか!?)していただければ、と(^_^;)

闘病生活中も、家族と一緒に過ごしたい。そういう当たり前のことが当たり前になるようせっせと広報活動ですもの!

そういえば、トラックバック送られてきていないのですが? あっ、うちからは勝手に送っておきましたが(汗)
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。