スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通り魔、注意!

ちょっと前の話だが、妹がニュースを見て大騒ぎしていた。

「千葉のほうで、犬の散歩してた人が通り魔に襲われたんだって! 怖いねぇ~ダンちゃん。うちも気をつけなくちゃねぇ~」

2013-01-01 002

こんな強面の犬を連れた強面のオバサンを、わざわざ選んで
襲う奴がいるとは、とうてい思えない(-。-) ぼそっ

誤解なきよう言っておくが、うちのコたちは図体はデカイが、とても穏やかな犬たちである。だから包丁を持った暴漢が切りつけてきたら、まちがいなく飼い主を盾にして逃げ惑うだろう。

ゆえに通り魔にとって脅威なのは、強面の図体のデカイ犬たちではないのだ。問題は、それを連れている人間のほうだ。

デカ犬飼いというのは往々にしてやたらと力が強いものだ。いや、べつに日々バーベルを上げてトレーニングをしてるわけじゃない。でも、やっぱり力は強くなる。何しろ、週に7日年365日、1日も休むことなく力の強い犬たちを引き連れて、近所を無駄に歩きまわっているのだから、自然と腕に筋肉はつくわ、足腰はいつの間にか鍛えられるわ。

デカ犬と暮らしはじめて数年すると、気がつけばリードを持つほうの手だけが微妙に太くなっている。猫を見つけて突進しようとする20kgx2頭の力に抗ううちに、足や腰にも筋肉がつく。さらに、犬が老齢になれば、奴らを抱きあげる機会も増える。要は、知らぬ間に日々欠かさずウェイトトレーニングを十数年続けているようなものなのだ。

さらに、近ごろではカリスマトレーナーの番組の見過ぎで、足技まで身につけているから始末に負えない(-。-) ぼそっ

2013-01-01 011

おまけに、デカ犬飼いという人種は、襲われて恐ろしくてもキャーと悲鳴を上げたりしない。出てくる声は、野太く一言「NO!」「駄目!」「止めろ!」ってな具合。

もしかすると、チッと舌打ちした直後に、肋骨に蹴りが飛んでくるかもしれない。

背筋を伸ばし、肩をいからせ、自分を大きく見せたデカ犬飼いに睨みつけられれば、ドベもシェパも後ずさりする。闇夜に乗じて無防備な、か弱い相手を襲おうとするような腰抜け通り魔など、デカ犬飼いの敵ではない。

だから、うちは大丈夫だとさんざん管理人が言っているのに、やっぱり妹は騒いでいた。

「でもさ、やっぱり怖いよね、ダンちゃん! そうだ、襲われたらウンPを投げつけてやればいいわね。そうよ、そうしましょっ♪ ウンPを顔に喰らったら、ダメージ大きいよぉ~」

そこまでされる通り魔に、内心、同情を禁じ得ない(-。-) ぼそっ

2012-11-18 010

あとで聞いたら、その襲われた犬飼いは、ティーカッププードルを連れた女子高校生だったらしい。もうその時点で、同列に扱うことに無理があるのは言うまでもないだろう。プードル連れた女子高生とデカ犬連れたオバサン……共通点は犬と歩く人間……ということくらいか?

いずれにせよ、妹はあいかわらず「怖いわねぇ~」と喚いているが、管理人は、通り魔なんか怖くない。

それよりも、この季節、散歩の途中にまた公園で、子猫入りの箱を拾ってしまう方が、管理人としてはずっと、その何倍も恐ろしい(-_-)

きょうもヨロシクm(_ _)m

br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。