スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壊れたな……こりゃ(-。-) ぼそっ

「オバサンのようすが変!」

という妹からのメールを受けとったのは、1週間前のことである。

管理人が会社帰りの電車の中で、いつものように惰眠を貪っていたときの話だ。とりあえず、まだ開いている近所の病院に連れて行く算段をして、家路を急いだ。

妹は非常にあたふたしていたが、それほど大ごとじゃなかんべ……と管理人は当初、思いきり軽く考えていたのだよね。だが、家に戻って姫の姿を一目見ただけで、笑いごとじゃないな……と観念した。

間違いなく、姫の中で、大幅にどこかのパーツが壊れている。表情もないし、口元に食べものを近づけても興味を示さないし、足腰は立たないし、音にも臭いにも反応を示さず、ただひたすらぐったり寝ているだけ。

その日は、とりあえず応急処置をしてもらって、翌日いつもの病院に連れて行った。その時点でも、かなり状態は悪かったので、診察室は、まるでお通夜のような雰囲気だった。医者も飼い主も、こりゃ安楽死しかないなと頭の中で確信していたが、この医者に姫が見放されるのはいつものことなので(いままで、少なくともすでに5回は覚悟を決めろと言われている(^^;))、心の隅でほんの少しだけ、今回も逆転満塁ホームランを管理人だけは期待していた。

それから1週間、紆余曲折はあったものの、とりあえずまだ姫さんは無事でいる。今日は調子が良いらしく、自力で立ってトイレにも行ったし、ほんの一口だが皿から流動食を自分で食べた。

全身くまなく検査して悪いところを探しだし、手術でもなんでもして、また新品のように生まれ変わらせる……という選択肢は管理人の中にないので、今後姫の状態がドラマチックに良くなることは、たぶんないと思う。っていうか、明らかに頭の中が問題だから。

脳外科手術の技術は、確かに日々進歩しているが、いまの姫の状態を新品のように再生できる技術があれば、日本にこれほど多くの寝たきり老人がいるわけがない。

だから元の状態には戻らないのだが、それでもいまの状態は、決して悪くはないと思う。少なくとも、第何回目かに姫を見限った医者は、今回もまた舌を巻いていた。

姫に生きる力が残っていれば、たぶん期限が来るまでは、姫は無事に生きていける。

それが犬猫屋敷流の四つ脚との暮らしかただ。

おそらく大きな発作を起こした直後で、意識だけはあるが、自力では立てないし、刺激に対する反応もなかった最初の夜、それでも姫は、差しだされたグリーニーズを銜えて決して放さなかった。

2012-11-23 007

これが何かはわからないけど、大事な気がするから、ぜったい死守!

まだ本犬はやる気があるみたいだから、とことん、おつきあいしますかね(^_^)v

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。