スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『クライマーズ・ハイ』



●あらすじ●
1985年、群馬県の山中に日航機が墜落した。地元新聞の記者である悠木は、この事故の全権デスクに任命され、そのために同僚の安西との約束が果たせなかった。単身山に向かったはずの安西が、市内で倒れて病院に収容され、未曾有の大事故を報道する悠木は、上司や同僚との軋轢、他社との特ダネ合戦のかたわら、安西の行動を明らかにしようとする。

○感想○
確かにpage turnerなんだが、不思議な本だ。決して冒険小説ではないし、殺人事件が起こるわけでもない。安西の謎の行動というミステリ部分はあるにせよ、舞台はほとんど新聞社の記者室だし、これといったアクションはないのに、でも一度読み出したら止まらない。ドキュメンタリーを見ているような妙な気分になってくる。実際に著者がその現場を体験したというリアリズムのなせる技か? 不思議な本だが、とにかく目茶苦茶面白かった。最初は一気に読んでしまったが、あとになって、もう一度じっくり読み返してみたら、また新たな発見がありそうな、そんな1冊。

文字通り寝食忘れて読んでしまったので、とうぜん★5つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。