スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『模倣犯』

 

●あらすじ●
公園のゴミ箱から女性の右腕が発見される。自身も犯罪被害者である第一発見者の少年や、孫娘を攫われた老人、さらには事件を追うレポーターが比類なき連続殺人事件の真相に迫る。

○感想○
宮部みゆきは嫌いだ……とずっと思っていたのだよね。なぜなら、前に読んだ本(タイトルすら覚えてない)が全然面白くなかったから。ゆえに読まず嫌いできてしまったのだが、古本屋でこの本が超安価で出ているのを見つけて、ついつい買ったらハマッタ(-_-) 話題作だし、読んでみようという気はあったが、なにせ、文庫本でも5冊。今回手に入れた単行本にいたっては六法全書かよっ!といいたくなるほどの分厚い本が2冊だもの。万が一、読み続けられなくて放りだしたら目も当てられない。でも100円なら、重しにするだけでもいいかな……と。

何がどう面白いのかと問われると、非常に難しいのだが、プロットの面白さ、読み出すと止まらなくなるスピード感、悪者と良いもんがはっきり分かれている安心感……かな。1部中だるみする部分はあるんだが、でも全体を通しては間違いなく究極のpage-turner。

この本は面白いっす。間違いなく★5つ。
関連記事

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

Comment

非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。