スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共通の趣味

週末、猫ズを見学にこの人が来てくれた。厳密には、子猫を見に……というよりデジイチを持ってこいと脅された、というほうが正確であろう。

なぜなら、招待状にはこう書いてあったからだ。

◆◇◆◇子猫見学会のお知らせ◆◇◆◇

日時:○月○日(日) 子猫たちが昼寝から目を覚ます14時くらいから

持ってくるもの:デジイチ、もしくはそれに相当する家にある一番良いカメラ

IMG_2573a.jpg

だって、猫どもの動きが速くなったせいで、うちのヘボカメラじゃまともな写真が撮れなくなっちまったんだもの(-。-) ぼそっ

良いカメラを買えばいいのはわかっちゃいるが、ふだんは寝てるか、動いてもスローモーションみたいな老猫老犬と一緒に暮らしている身としては、やっぱりデジイチは高すぎる。それに管理人、自慢じゃないが写真撮るの目茶苦茶下手だしね。

たぶん、美的センスを司る脳の一部が欠損しているのだと思うのだ。だからイチキュッパのカメラでも10万円の一眼レフでも、おそらく管理人が撮ったら映ってるものは同じ(-_-)

IMG_2592a.jpg

と言うわけで、ない知恵を絞って考えた末、そうだ、デジイチ持ってる友人を呼んで写真撮ってもらえばいいんじゃん♪と考えついたわけだ。可愛い子猫ちゃんを餌に友人を釣る。

子猫たち可愛いよぉ~♪ 自由に写真撮ってねぇ~……と言いつつ、撮影が終わったとたん、カメラを取りあげ、撮った写真をその場で自分のPCに吸い上げる悪どい女(^_^;)

IMG_2594a.jpg

そんな管理人の戦略に引っかかり、はるばる重たいデジイチを担いでやってきてくださったしおのすけさん。でも、わざわざ来た甲斐はあったと思う。

なぜなら、彼女は健康な子猫の美しいウンPがニョロニョロ出てくるその場面を、生で見ることができたのだから!

タイミング良くその日一番のビッグウンPをした小姫を高々と掲げ、「ほら、これが最高の子猫のウンPの硬さと色よ! もし、将来箱入り子猫を拾っちゃったら、こういうの知ってるとためになるでしょ?」

と誇らしげなウンPの達人。大声で歓声を上げながら、それに大きく頷くデジイチを構える女。

IMG_2577a.jpg

どちらも、やっぱり変である。っつうか、ウンPに対して汚いではなく「すばらしい」という形容詞を使う時点でこいつら完全にイッチャッテル。第一、箱入り子猫なんて、そんじょそこらに落ちてるもんじゃないし(-。-) ぼそっ

でも、生ウンの感動は、深く彼女の心に刻みこまれたらしい。なぜなら、帰りに一言つぶやいてたから。

「いやぁ~、やっぱり来て良かったわ。ウンPの本物も見られたし!」

朱に交わればシュラシュシュシュ。間違いなく世間の一般常識からはかけ離れてはいるが、マニアというのはこういうもの。同じものを見て感動を共有できる、そんな友人がいる幸せを噛みしめる瞬間である。

きょうもヨロシクm(_ _)m→ br_decobanner_20111105150909.gif にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
関連記事

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

Comment

No title

つぶやきたくなるって。
あの小姫のうんPには感動したもの。
あれが体中に付いているのは遠慮したいけどね。

無駄な動きの多いポセも可愛いし
でっかい顔のダンケも可愛い。
オバサンにいたっては、なにしてても
可愛い。

でもってすばらしいうんPをするキトンズと
くれば、向かうところ敵なしだね。

育児、がんばれー。
妹さんにもよろしくね。

わざわざお越しいただき

ホント、ありがとさんでしたm(_ _)m

そういえば、最強の年女、チビ姐さんに会わせるの忘れたね。ダメじゃん、もう1回、姐さん拝みにこなきゃ(笑)。

もちろん、そのときはもう一度デジイチ持って、連写モードのやり方覚えてね(爆)。
非公開コメント

プロフィール

犬猫屋敷の管理人


Author:犬猫屋敷の管理人
スーパードッグにはほど遠い、おとぼけワンコたちと暮らすフツーの飼い主


Lc.ツリーカテゴリー
管理人のマーキング先
最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
管理人にひと言いいたい!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。